住友理工の年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ!

2,084 Views

住友理工の平均年収や平均勤続年数、年代・役職別ボーナスの金額などをまとめました。有価証券報告書や国税調査などの情報をベースに算出した総定年収ですが、就職や転職、進路に迷っている方はこの記事を参考にしてみてください。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

住友理工の平均年収の推移

年度平均年収平均年齢平均勤続年数従業員
2019年¥6,842,00040.2歳15.3年3,356人
2018年¥7,091,00040.3歳16.2年3,033人
2017年¥7,167,00040.1歳16.1年2,948人
2016年¥7,130,00039.8歳16.0年2,889人
2015年¥7,029,00039.8歳15.8年2,923人
2014年¥6,974,00039.2歳15.3年3,013人
2013年¥6,559,00038.6歳14.8年3,056人
2012年¥6,460,00038.1歳14.4年3,057人

住友理工の年収と基本情報

平均年収
684万円
平均年収ランキング1047
平均年齢
40.2
平均年齢ランキング2278
平均勤続年数
15.3
平均勤続年数ランキング1400
従業員数
3,356
従業員数ランキング384

住友理工の会社情報

商号住友理工
URLhttps://www.sumitomoriko.co.jp/
創業昭和4年12月
業種自動車、自動車部品
所在地福井県

住友理工の事業概要

防振ゴム・ホース等自動車用部品、 精密クリーニングブレード・精密ロール等IT関連部品、 各種産業資材の製造・販売
参照:https://www.sumitomoriko.co.jp/

住友理工の世代別平均年収の推移

年齢年収月収賞与(2回分)
20~24¥4,424,037--
25~29¥5,170,499¥323,156¥1,292,624
30~34¥5,976,487¥373,530¥1,494,121
35~39¥6,663,423¥416,463¥1,665,855
40~44¥7,329,150¥458,071¥1,832,287
45~49¥8,058,507¥503,656¥2,014,626
50~54¥8,526,500¥532,906¥2,131,625
55~59¥8,365,029¥522,814¥2,091,257
60~64¥6,510,163¥406,885¥1,627,540
65~69¥6,265,903¥391,618¥1,566,475
上記のデータは賞与を月収×4ヶ月分(夏・冬)と仮置きして算出しています。

住友理工の推定生涯賃金

住友理工
3億2841万円
一般的な生涯賃金
2億928万円

住友理工の詳しい年収

役職別推定年収

  • 部長クラス
    1264万円
  • 課長クラス
    1009万円
  • 係長クラス
    752万円

学歴別推定年収

  • 大学卒
    684万円
  • 高専・短大卒
    524万円
  • 高卒
    493万円

雇用形態別の推定年収

正社員
684万円
非正規社員
369万円

住友理工と他の比較

年収ランキング

年収偏差値

住友理工と平均年収の近い企業

  1. 1
    金融サービス
    2413
    万円
  2. 2
    M&Aコンサルティング
    2269
    万円
  3. 3
    M&Aコンサルティング
    2063
    万円
  1. 1040
    IoT
    684
    万円
  2. 1041
    機械
    684
    万円
  3. 1042
    総合物流
    684
    万円
  4. 1043
    自動車、自動車部品
    684
    万円
  5. 1044
    建設・住宅資材
    684
    万円
  6. 1045
    ITサービス
    684
    万円
  7. 1046
    ITコンサルテイング
    684
    万円
  8. 1048
    ソフトウェア
    683
    万円
  9. 1049
    建設、総合建設
    683
    万円
  10. 1050
    化学品
    683
    万円
  11. 1051
    小売
    683
    万円
  12. 1052
    機械
    683
    万円
  13. 1053
    日用品
    683
    万円
  14. 1054
    自動車、自動車部品
    683
    万円
  1. 3819
    小売
    289
    万円
  2. 3820
    警備
    226
    万円
  3. 3821
    小売
    200
    万円

住友理工の雇用条件

住友理工の雇用条件について、企業の採用ページを参考に掲載しています。初任給は学部卒で208,500円ですが、年に2回のボーナスがあるので、パッと見た感じよりも年収は高く、残業代を含む住友理工の1年目の年収は355万円を超えて来るでしょう。

初任給

総合職(担当職)

博士了239,900円
修士了226,000円
学部卒208,500円

昇給・賞与等

諸手当時間外手当、住宅手当、家族手当、通勤交通費手当など
昇給年1回(4月)
賞与年2回(7月、12月)
福利厚生財形貯蓄(一般、住宅、年金)・独身寮、退職金制度など

参考

  1. 住友理工公式採用ページ

住友理工の採用情報

住友理工に入社するためにはどうすれば良いのでしょうか。住友理工が社員に求める学歴や求める人材のポイントを確認しましょう。

学歴

住友理工は、大学院卒や大卒の文系・理系から幅広く採用しています。内定者の学歴に関しては、住友理工公式採用ページによると、東京大学早稲田大学慶應義塾大学といった高偏差値大学所属が多いようです。

また、中央大学法政大学などのGMARCHクラスの学生も採用しています。採用実績から読み取れる学歴フィルターはおそらくGMARCHが通るか通らないかのラインが妥当でしょう。

求める人材

公式採用ページによると、住友理工が求める人物像は次の通りです。

  1. 物事を主体的・前向きに考えられる力がある
  2. チャレンジ精神を持っている
  3. 相手を思いやり、チームワークよく物事を進められる

語学力

住友理工は、重点課題として「グローバル人材の確保と育成の仕組み構築」を挙げています。ですから、優れた語学力があれば優遇される可能性は高いでしょう。

住友理工の良い点(魅力)

住友理工の良い点(魅力)について、マイナビの採用ページや住友理工の公式採用ページなどを参考に掲載しています。住友理工の良い点(魅力)は、自動車分野を中心に、高い世界シェアを誇る製品を幅広い分野に提供しているという点です。

複数の領域による横断的な事業展開

ゴムや金属、樹脂などの素材を活かして産業に貢献

住友理工は、ゴムや金属、樹脂などの素材を武器にしている会社です。ゴムや樹脂と言ってもあまり魅力に感じる人は少ないかもしれませんが、実はこうした素材はメーカにとってはなくてはならないもの。例えば、自動車用防振ゴムは、自動車の振動・騒音を低減するのに用いられ、快適な車を作るには必要不可欠な素材なのです。

主力の自動車用防振ゴムを中心にあらゆる製品を提供

先ほど紹介した自動車用防振ゴムは、「世界シェア24%」という世界No.1の主力製品です。更に、自動車用ホースでも世界シェア14%であり、こちらも国内トップ。他にも住友理工は、IT・OA(事務作業自動化)、建築・住宅などの非常に幅広い分野に、質の高い製品を提供し続けている強みがあります。

既存の枠組みにとらわれない新たな挑戦へ

介護支援ロボット開発にも着手

近年は、ゴム、金属、樹脂と言った既存の枠組みにとらわれず、新規事業開発にも挑戦している住友理工。例えば、要介護者の抱き上げ移乗が可能な介護支援ロボットなどもその1つ。国際ロボット展にも出展するなど、積極的な研究活動を続けています。未だこの世にはない世界初の技術を生み出したい方にオススメの企業と言えるでしょう。

世界拠点は23カ国106箇所に

特に自動車分野に用いられる素材で、世界的に強い影響力を持っている住友理工。例えば、積極的に大規模なM&Aを行なうことでグローバル展開を加速させています。その結果、現在の世界拠点は23カ国106箇所にも。これからも幅広い地域で事業を展開していくことでしょう。

あなたに最適な転職サービスを検索!

まとめ

以上、『住友理工の平均年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ』でした。企業の平均年収や平均年齢などのデータから、今後のキャリアに繋がる意思決定の材料としてお役に立てていれば幸いです。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら