旭硝子の年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ!

8,343 Views

旭硝子の平均年収や平均勤続年数、年代・役職別ボーナスの金額などをまとめました。有価証券報告書や国税調査などの情報をベースに算出した総定年収ですが、就職や転職、進路に迷っている方はこの記事を参考にしてみてください。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

旭硝子の平均年収の推移

年度平均年収平均年齢平均勤続年数従業員
2020年¥7,957,37543.2歳17.9年56,179人
2019年¥8,088,38843.2歳18.0年6,998人
2018年¥8,174,72743.3歳18.2年6,659人
2017年¥8,580,34442.5歳18.5年6,401人
2016年¥8,089,50842.5歳18.5年6,024人
2015年¥7,934,33241.9歳17.9年5,973人
2014年¥8,077,00641.3歳17.3年6,132人
2013年¥8,023,63840.7歳16.7年6,269人

旭硝子の年収と基本情報

平均年収
795万円
平均年収ランキング435
平均年齢
43.2
平均年齢ランキング1059
平均勤続年数
17.9
平均勤続年数ランキング602
従業員数
56,179
従業員数ランキング13

旭硝子の会社情報

商号旭硝子
URLhttp://www.agc.com/
創業明治40年9月
業種化学品
所在地栃木県

旭硝子の事業概要

AGCグループは、ガラス・電子・化学品・セラミックスの4つの事業領域でグローバル に事業活動を展開しています。
参照:http://www.agc.com/

旭硝子の世代別平均年収の推移

年齢年収月収賞与(2回分)
20~24¥5,145,238--
25~29¥6,013,388¥375,836¥1,503,347
30~34¥6,950,767¥434,422¥1,737,691
35~39¥7,749,687¥484,355¥1,937,421
40~44¥8,523,940¥532,746¥2,130,985
45~49¥9,372,196¥585,762¥2,343,049
50~54¥9,916,480¥619,780¥2,479,120
55~59¥9,728,686¥608,042¥2,432,171
60~64¥7,571,442¥473,215¥1,892,860
65~69¥7,287,364¥455,460¥1,821,841
上記のデータは賞与を月収×4ヶ月分(夏・冬)と仮置きして算出しています。

旭硝子の推定生涯賃金

旭硝子
3億8195万円
一般的な生涯賃金
2億928万円

旭硝子の詳しい年収

役職別推定年収

  • 部長クラス
    1470万円
  • 課長クラス
    1174万円
  • 係長クラス
    875万円

学歴別推定年収

  • 大学卒
    795万円
  • 高専・短大卒
    609万円
  • 高卒
    573万円

雇用形態別の推定年収

正社員
795万円
非正規社員
430万円

旭硝子と他の比較

年収ランキング

  • 上場企業ランキング
    435
  • 業界別ランキングメーカー
    87
  • 業種別ランキング化学品
    20
  • 都道府県別ランキング栃木県
    300

年収偏差値

  • 上場企業偏差値
    61.2
  • 業界別偏差値メーカー
    62.5
  • 業種別偏差値化学品
    63.3
  • 都道府県別偏差値栃木県
    57.7

旭硝子と平均年収の近い企業

  1. 1
    金融サービス
    2413
    万円
  2. 2
    M&Aコンサルティング
    2269
    万円
  3. 3
    M&Aコンサルティング
    2063
    万円
  1. 428
    銀行
    798
    万円
  2. 429
    サービス業
    798
    万円
  3. 430
    自動車、自動車部品
    797
    万円
  4. 431
    プラント・エンジニアリング
    797
    万円
  5. 432
    インターネット・WEB
    797
    万円
  6. 433
    医薬品、健康食品
    796
    万円
  7. 434
    医薬品、健康食品
    795
    万円
  8. 436
    化学品
    794
    万円
  9. 437
    再生エネルギー
    794
    万円
  10. 438
    銀行
    794
    万円
  11. 439
    卸売、商社
    793
    万円
  12. 440
    銀行
    793
    万円
  13. 441
    建設、総合建設
    792
    万円
  14. 442
    半導体
    791
    万円
  1. 3819
    外食
    269
    万円
  2. 3820
    警備
    226
    万円
  3. 3821
    小売
    200
    万円

旭硝子の採用情報

旭硝子に入社するためにはどうすれば良いのでしょうか。旭硝子が社員に求める学歴や求める人材のポイントを確認しましょう。

学歴

旭硝子の就職は、大学、大学院卒の理系がメインになります。社員の学歴に関しては、「東京大学」「京都大学」「東京工業大学」といった高偏差値大学の生徒を多く採用しています。

また、「早稲田大学」や「慶應義塾大学」などの早慶クラスの学生も採用しているようです。採用実績から読み取れる学歴フィルターはおそらく「早慶」が通るか通らないかのラインが妥当でしょう。

求める人材

旭硝子が求める人財とは、旭硝子の創始者である岩崎俊彌の残した「易きになじまず難しきにつく」という言葉を実践できるような人です。そして、実践するためには以下の5つの行動を取れる人財である必要があります。

  1. 「情熱」
    当事者意識を持ち、情熱と覚悟を持って取り組むことができる人財
  2. 「チャレンジ」
    壁にぶつかっても諦めずに最後までやり遂げる人財
  3. 「革新」
    枠にとらわれず自ら変化を起こすことができる人財
  4. 「インテグリティ」
    他者から学び、誠実な行動により、信頼してもらえる人財
  5. 「巻き込む力」
    主体性を持って周りを巻き込んでいける人財

旭硝子は少数精鋭主義を取っており、若いうちから一人一人が責任ある仕事を担うため、自ら考え、意見・行動し、挑戦できる人を求めています。そして、面接においても、上記の5つの項目以外にも、自分のポテンシャルの高さをアピールすることが重要でしょう。

語学力

旭硝子は採用時点で語学力は特に求めていないようです。しかし、旭硝子は積極的にグローバル展開をしており、社員も海外で勤務する可能性があることを考えると、語学力があると面接でアピールできるかもしれません。

旭硝子の良い点(魅力)

旭硝子の良い点(魅力)は、優れた製品力と技術力、そして旭硝子特有の企業文化にあります。

世界でトップシェアを獲得する優れた製品力と技術力

旭硝子は、1907年に板ガラスの国産化を目的に設立され、現在に至るまでに展開している主な事業はガラス・電子・化学品・セラミックスの4つです。また、1956年にインドに進出したことを契機に、海外進出を積極的に行い、約30カ国にビジネスを展開するなどグローバル化が進んでいます。

そして、旭硝子の製品力、技術力は世界でも広く認められています。実際に世界の自動車ガラスシェアは世界No1、フッ素樹脂ETFEとステッパレンズ用石英素材のグローバル販売シェアはどちらもNo1に輝いたり、その他にも世界シェアでトップに輝くような製品を複数持っているのです。

優秀な社員の活躍を後押しする特有の企業文化

旭硝子の魅力の一つに企業文化があります。実際に旭硝子は、少数精鋭主義を取っており、若いうちから一人一人が責任ある仕事を担うだけでなく、入社10年以内に社員の3割が海外赴任を経験したり、上司にも意見をはっきり言えるような環境を整備しているようです。

旭硝子は上記の通り、少数精鋭で優秀な人たちが集まっているので、優秀な人たちの中で、若いうちがら積極的に大きなプロジェクトに携わりたいというような人におすすめの企業であると言えでしょう。

あなたに最適な転職サービスを検索!

まとめ

以上、『旭硝子の平均年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ』でした。企業の平均年収や平均年齢などのデータから、今後のキャリアに繋がる意思決定の材料としてお役に立てていれば幸いです。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら