ナブテスコの年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ!

1,762 Views

ナブテスコの平均年収や平均勤続年数、年代・役職別ボーナスの金額などをまとめました。有価証券報告書や国税調査などの情報をベースに算出した総定年収ですが、就職や転職、進路に迷っている方はこの記事を参考にしてみてください。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

ナブテスコの平均年収の推移

年度平均年収平均年齢平均勤続年数従業員
2019年¥7,230,00042.2歳16.8年2,323人
2018年¥7,495,00042.2歳16.9年2,296人
2017年¥7,343,00042.4歳17.0年2,256人
2016年¥7,245,00042.5歳17.3年2,222人
2015年¥7,330,00042.5歳17.4年2,167人
2014年¥7,117,00042.9歳18.4年2,102人
2013年¥6,782,00043.0歳18.7年2,092人
2012年¥7,006,00042.9歳18.8年2,060人

ナブテスコの年収と基本情報

平均年収
723万円
平均年収ランキング750
平均年齢
42.2
平均年齢ランキング1369
平均勤続年数
16.8
平均勤続年数ランキング860
従業員数
2,323
従業員数ランキング357

ナブテスコの会社情報

商号ナブテスコ
URLhttps://www.nabtesco.com/
創業平成15年9月
業種機械
所在地栃木県

ナブテスコの事業概要

ナブテスコは、「うごかす」「とめる」技術により、さまざまな分野で人々の暮らしを支えています。このモーションコントロール技術を事業の核とし、鉄道や航空、船舶、自動車などの輸送分野から、産業用ロボット、建設機械、自動ドア、福祉機器などの産業・生活・環境分野にいたるまで、広範な領域で事業を展開してきました。
参照:https://www.nabtesco.com/

ナブテスコの世代別平均年収の推移

年齢年収月収賞与(2回分)
20~24¥4,674,918--
25~29¥5,463,711¥341,481¥1,365,927
30~34¥6,315,405¥394,712¥1,578,851
35~39¥7,041,297¥440,081¥1,760,324
40~44¥7,744,775¥484,048¥1,936,193
45~49¥8,515,494¥532,218¥2,128,873
50~54¥9,010,026¥563,126¥2,252,506
55~59¥8,839,398¥552,462¥2,209,849
60~64¥6,879,345¥429,959¥1,719,836
65~69¥6,621,234¥413,827¥1,655,308
上記のデータは賞与を月収×4ヶ月分(夏・冬)と仮置きして算出しています。

ナブテスコの推定生涯賃金

ナブテスコ
3億4704万円
一般的な生涯賃金
2億1120万円

ナブテスコの詳しい年収

役職別推定年収

  • 部長クラス
    1336万円
  • 課長クラス
    1067万円
  • 係長クラス
    795万円

学歴別推定年収

  • 大学卒
    723万円
  • 高専・短大卒
    554万円
  • 高卒
    521万円

雇用形態別の推定年収

正社員
723万円
非正規社員
390万円

ナブテスコと他の比較

年収ランキング

  • 上場企業ランキング
    750
  • 業界別ランキングメーカー
    216
  • 業種別ランキング機械
    38
  • 都道府県別ランキング栃木県
    508

年収偏差値

  • 上場企業偏差値
    57.8
  • 業界別偏差値メーカー
    57.8
  • 業種別偏差値機械
    56.3
  • 都道府県別偏差値栃木県
    53.8

ナブテスコと平均年収の近い企業

  1. 1
    M&Aコンサルティング
    3109
    万円
  2. 2
    金融サービス
    2413
    万円
  3. 3
    M&Aコンサルティング
    2063
    万円
  1. 743
    IoT
    723
    万円
  2. 744
    化学品
    723
    万円
  3. 745
    化学品
    723
    万円
  4. 746
    医薬品、健康食品
    723
    万円
  5. 747
    印刷、印刷関連
    723
    万円
  6. 748
    機械
    723
    万円
  7. 749
    アミューズメント・レジャー
    723
    万円
  8. 751
    ITサービス
    722
    万円
  9. 752
    卸売、商社
    722
    万円
  10. 753
    証券、商品先物取引
    722
    万円
  11. 754
    開発
    722
    万円
  12. 755
    卸売、商社
    722
    万円
  13. 756
    卸売、商社
    722
    万円
  14. 757
    金属
    722
    万円
  1. 3675
    運用、管理
    283
    万円
  2. 3676
    小売
    264
    万円
  3. 3677
    警備
    262
    万円

ナブテスコの雇用条件

ナブテスコの雇用条件について、マイナビや企業の採用ページなどを参考に掲載しています。初任給は学部卒で210,000円ですが、年に2回のボーナスがあるので、パッと見た感じよりも年収は高く、残業代を含むナブテスコの1年目の年収は360万円を超えて来るでしょう。

初任給

総合職(担当職)

修士了235,600円
学部卒210,000円

昇給・賞与等

諸手当通勤手当、時間外・休日出勤および深夜業手当、営業手当、家族手当、住宅手当、都市手当、食事手当、役職手当、単身赴任手当、ほか
昇給年1回(4月)※昇給額は、個人毎の評価に応じて決定
賞与年2回(6月、12月)
福利厚生健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、独身寮・社宅、工場社員食堂、財形、持株会、レクリエーション(夏祭り、クラブ活動補助など)、福利厚生総合サービス 、資格取得支援(奨励金)ほか

参考

  1. マイナビ ナブテスコの採用ページ
  2. ナブテスコ公式採用ページ

ナブテスコの採用情報

ナブテスコに入社するためにはどうすれば良いのでしょうか。ナブテスコが社員に求める学歴や求める人材のポイントを確認しましょう。

学歴

ナブテスコの就職は、技術職が理系、事務職が文系メインになります。内定者の学歴に関しては、「東京大学」、「慶應義塾大学」といった高偏差値大学から、「東海大学」、「室蘭工業大学」といった大学の学生まで幅広く採用しているようです。そのため、採用実績から読み取れる学歴フィルターは特にありません。

求める人材

ナブテスコの公式採用ページによると、ナブテスコが求める人物像は、「学ぶことを知っている」「学ぶことの楽しさを知っている」人だと書かれています。

ナブテスコではそれぞれの仕事の担当範囲が広くなることが多いので、一人ひとりが大きな存在であり、社員自身が変化を起こすことが会社にとって重要だと考えているようです。そのため、積極的に挑戦して行動するスピリットを持っている学生が好まれるしょう。

語学力

ナブテスコでは、選考の際に語学力を重視することはないようです。ただし、高い語学検定の結果はプラスとして評価されますし、入社後は海外と関わりのある仕事に就く可能性は十分にあります。ですので、語学力を高めたい方は学生の頃からしっかりと勉強しておく必要があるでしょう。

ナブテスコの良い点(魅力)

ナブテスコの良い点(魅力)は、「モーションコントロール技術」を強みとした会社であり、これまで数多くのシェアNo.1の製品を開発してきたという点です。

「モーションコントロール技術」を強みとした会社

様々な製品開発で社会に貢献

ナブテスコはモーションコントロール技術(モノを精密に動かし、止める技術のこと)を強みとして、様々な乗り物や産業機器などの技術開発を行なっている会社。その開発範囲は非常に広く、油圧機器、鉄道車両用機器、航空機器、舶用機器、自動ドアなどの様々な分野でナブテスコの技術が活かされているのです。

モーションコントロール技術は社会にとって必要不可欠

ナブテスコの製品・技術は外からは見ることができないので、その社会貢献度がなかなかイメージしにくいかもしれません。しかしながら、ブレーキシステムやドア開閉装置といったモーションコントロール技術は動くものにとって必要不可欠な部分。人々の安心・安全、快適な生活を守り、支えるためには必要不可欠な技術なのです。

数多くのシェアNo.1の製品を開発

日本で初めて自動ドアを世に送り出した会社

ナブテスコは空・陸・海におけるあらゆる分野で、世界シェアNo.1、国内シェアNo.1の製品を数多く開発してきました。その中でも、特にナブテスコの強みとなっているのが自動ドア技術です。

実際、1956年に誕生した国産第1号の自動ドアはナブテスコの技術が大きく貢献しています。現在、自動ドアの国内生産台数は230万台を超え、国内市場シェア50%を誇るトップブランドに成長しました。

MROビジネスで多くの支持を獲得

MROとは、主にアフターサービス提供により収益を確保するビジネスのこと。ナブテスコでは殆どの事業でMROビジネスを展開していて、その売上は400億円を突破しています。単に製品を開発して終わりではなく、こうしたアフターケアもしっかりと提供しているというところにも、ナブテスコがこれまで数多くのシェアNo.1を獲得してこられた秘密があるのです。

まとめ

以上、『ナブテスコの平均年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ』でした。企業の平均年収や平均年齢などのデータから、今後のキャリアに繋がる意思決定の材料としてお役に立てていれば幸いです。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら