ファナックの年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ!

ファナックの平均年収や平均勤続年数、年代・役職別ボーナスの金額などをまとめました。有価証券報告書や国税調査などの情報をベースに算出した総定年収ですが、就職や転職、進路に迷っている方はこの記事を参考にしてみてください。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

ファナックの平均年収の推移

年度平均年収平均年齢平均勤続年数従業員
2019年¥12,164,00040.3歳14.0年4,018人
2018年¥13,644,00040.8歳14.2年3,802人
2017年¥13,474,00041.5歳15.1年3,495人
2016年¥13,183,00042.2歳15.8年3,246人
2015年¥15,711,00042.9歳16.5年3,042人
2014年¥12,765,00043.7歳17.7年2,764人
2013年¥9,809,00043.4歳18.9年2,661人
2012年¥10,568,00043.0歳18.5年2,640人

ファナックの年収と基本情報

平均年収
1,216万円
平均年収ランキング37
平均年齢
40.3
平均年齢ランキング2102
平均勤続年数
14.0
平均勤続年数ランキング1685
従業員数
4,018
従業員数ランキング181

ファナックの会社情報

商号ファナック
URLhttp://www.fanuc.co.jp/
創業平成30年2月
業種機械
所在地岐阜県

ファナックの事業概要

当社グループは、ファクトリー オートメーション(FA)の総合的なサプライヤとして、CNCシステム(CNCおよびサーボモータ)、レーザ、ロボット(ロボットシステムを含む)およびロボマシン(ロボドリル(小型切削加工機)、ロボショット(電動射出成形機)、ロボカット(ワイヤカット放電加工機)、ロボナノ(超精密ナノ加工機))など、CNCシステムの技術をベースとし、その用途も自動化による生産システムに使用されるものの開発、製造、販売ならびに保守サービスを主な事業とする単一業種の事業活動を営んでおります。
参照:http://www.fanuc.co.jp/

ファナックの世代別平均年収の推移

年齢年収月収賞与(2回分)
20~24¥7,865,242--
25~29¥9,192,334¥574,520¥2,298,083
30~34¥10,625,254¥664,078¥2,656,313
35~39¥11,846,519¥740,407¥2,961,629
40~44¥13,030,076¥814,379¥3,257,519
45~49¥14,326,759¥895,422¥3,581,689
50~54¥15,158,776¥947,423¥3,789,694
55~59¥14,871,706¥929,481¥3,717,926
60~64¥11,574,046¥723,377¥2,893,511
65~69¥11,139,791¥696,236¥2,784,947
上記のデータは賞与を月収×4ヶ月分(夏・冬)と仮置きして算出しています。

ファナックの推定生涯賃金

ファナック
5億8387万円
一般的な生涯賃金
2億1120万円

ファナックの詳しい年収

役職別推定年収

  • 部長クラス
    2248万円
  • 課長クラス
    1795万円
  • 係長クラス
    1337万円

学歴別推定年収

  • 大学卒
    1216万円
  • 高専・短大卒
    932万円
  • 高卒
    876万円

雇用形態別の推定年収

正社員
1216万円
非正規社員
657万円

ファナックと他の比較

年収ランキング

  • 上場企業ランキング
    37
  • 業界別ランキングメーカー
    4
  • 業種別ランキング機械
    2
  • 都道府県別ランキング岐阜県
    1

年収偏差値

  • 上場企業偏差値
    88.6
  • 業界別偏差値メーカー
    94.8
  • 業種別偏差値機械
    91.4
  • 都道府県別偏差値岐阜県
    72.2

ファナックと平均年収の近い企業

  1. 1
    M&Aコンサルティング
    3109
    万円
  2. 2
    金融サービス
    2413
    万円
  3. 3
    M&Aコンサルティング
    2063
    万円
  1. 30
    化学品
    1249
    万円
  2. 31
    損害保険
    1245
    万円
  3. 32
    シンクタンク
    1235
    万円
  4. 33
    研究、検査、試験
    1231
    万円
  5. 34
    TV
    1230
    万円
  6. 35
    サービス業
    1230
    万円
  7. 36
    戦略コンサルティング
    1225
    万円
  8. 38
    化学品
    1202
    万円
  9. 39
    銀行
    1201
    万円
  10. 40
    設備、住宅設備
    1196
    万円
  11. 41
    医薬品、健康食品
    1189
    万円
  12. 42
    サービス業
    1168
    万円
  13. 43
    化学品
    1165
    万円
  14. 44
    TV
    1165
    万円
  1. 3675
    運用、管理
    283
    万円
  2. 3676
    小売
    264
    万円
  3. 3677
    警備
    262
    万円

ファナックの採用情報

ファナックに入社するためにはどうすれば良いのでしょうか。ファナックが社員に求める学歴や求める人材のポイントを確認しましょう。

学歴

ファナックの就職は、高専、大学、大学院卒の理系がメインになります。内定者の学歴に関しては、「北海道大学」「東北大学」「東京大学」といった高偏差値大学所属が多いようです。

また、「青山学院大学」や「中央大学」などのGMARCHクラスの学生も採用しているようです。採用実績から読み取れる学歴フィルターはおそらく「GMARCH」が通るか通らないかのラインが妥当でしょう。

求める人材

ファナックの求める人物像は以下の2つです。

  1. 熱意、気配り、信念を持ち、チームワークを発揮し、全世界で活躍できるような人
  2. 自己管理ができ何事にもめげずに努力できる人

また、ファナックは選考の際に、協調性やコミュニケーション能力を重視しています。というのも、ファナックの技術職は、研究開発や技術開発をするだけでなく、セールスや国内外のサービス対応などもすることになるからです。

そのため上記の情報から、研究者や技術者として、目標に向かって地道な努力を積み重ねられる能力だけでなく、セールスやサービス対応の仕事で必要なコミュニケーション能力や人間性、世界をまたにかけて活躍したいという情熱も重視されると思われます。

語学力

ファナックは技術職採用のため語学力は特に求めていないようです。しかし、海外にも事業所やサービス拠点があると考えると、就職後に語学力を活かす機会はあると考えられます。

ファナックの良い点(魅力)

ファナックの良い点(魅力)は、圧倒的な製品力と福利厚生の良さにあります。

世界シェア第一位にも輝く優れた製品力

ファナックは日本で民間初のNCとサーボ機構の開発に成功して以来、一貫して工場の自動化を追求してきました。そして現在は、ファナックの基本技術であるNCとサーボから成るFA事業、その基本技術を応用したロボット事業およびロボマシン事業を三本柱としています。

また、ファナックの製品は世界中で支持され、工場の自動化になくてはならないものとなっているのです。例えば、ファナックのCNCは世界標準CNCとして、世界中の工作機械に搭載され、累計生産台数390万台を突破しました。

さらに、ファナックロボットは、2016年7月時点で産業用ロボットの世界シェア第1位を記録し、2017年12月末に累計生産台数52万台を達成するなど実績が抜群です。

社員のプライベートも充実させる福利厚生の良さ

ファナックの魅力は福利厚生の良さにもあります。実際にファナックは診療所や天然温泉、居酒屋、テニスコートやサッカー場を含む総合グラウンドを自社で保有しており、社員が地方暮らしでも充実したプライベートを送れるよう工夫をしています。

まとめ

以上、『ファナックの平均年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ』でした。企業の平均年収や平均年齢などのデータから、今後のキャリアに繋がる意思決定の材料としてお役に立てていれば幸いです。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら