京セラの年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ!

京セラの平均年収や平均勤続年数、年代・役職別ボーナスの金額などをまとめました。有価証券報告書や国税調査などの情報をベースに算出した総定年収ですが、就職や転職、進路に迷っている方はこの記事を参考にしてみてください。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

京セラの平均年収の推移

年度平均年収平均年齢平均勤続年数従業員
2018年¥7,231,08241.7歳17.8年19,268人
2017年¥7,207,98241.6歳17.9年18,451人
2016年¥6,891,57141.42歳17.8年16,463人
2015年¥7,037,94341.11歳17.8年14,146人
2014年¥6,687,87541.01歳17.7年14,026人
2013年¥6,429,51340.6歳17.3年14,083人
2012年¥6,254,37240.0歳16.4年14,786人

京セラの年収と基本情報

平均年収
723万円
平均年収ランキング745
平均年齢
41.7
平均年齢ランキング1503
平均勤続年数
17.8
平均勤続年数ランキング613
従業員数
19,268
従業員数ランキング20

京セラの会社情報

商号京セラ
URLhttps://www.kyocera.co.jp/
創業昭和34年4月
業種電子・電気機器
所在地兵庫県

京セラの事業概要

京セラグループでは、素材から部品、デバイス、機器、さらにはサービスやネットワーク事業にいたるまで、多岐にわたる事業をグローバルに展開しています。
参照:https://www.kyocera.co.jp/

京セラの世代別平均年収の推移

年齢年収月収賞与(2回分)
20~24¥4,675,617--
25~29¥5,464,528¥341,533¥1,366,132
30~34¥6,316,350¥394,771¥1,579,087
35~39¥7,042,350¥440,146¥1,760,587
40~44¥7,745,935¥484,120¥1,936,483
45~49¥8,516,768¥532,298¥2,129,192
50~54¥9,011,374¥563,210¥2,252,843
55~59¥8,840,720¥552,545¥2,210,180
60~64¥6,880,374¥430,023¥1,720,093
65~69¥6,622,224¥413,889¥1,655,556
上記のデータは賞与を月収×4ヶ月分(夏・冬)と仮置きして算出しています。

京セラの推定生涯賃金

京セラ
3億4709万円
一般的な生涯賃金
2億1120万円

京セラの詳しい年収

役職別推定年収

  • 部長クラス
    1336万円
  • 課長クラス
    1067万円
  • 係長クラス
    795万円

学歴別推定年収

  • 大学卒
    723万円
  • 高専・短大卒
    554万円
  • 高卒
    521万円

雇用形態別の推定年収

正社員
723万円
非正規社員
390万円

京セラと他の比較

年収ランキング

  • 上場企業ランキング
    745
  • 業界別ランキングメーカー
    227
  • 業種別ランキング電子・電気機器
    40
  • 都道府県別ランキング兵庫県
    14

年収偏差値

京セラと平均年収の近い企業

  1. 1
    M&Aコンサルティング
    3109
    万円
  2. 2
    機械
    2110
    万円
  3. 3
    M&Aコンサルティング
    2063
    万円
  1. 738
    金属
    724
    万円
  2. 739
    建設、総合建設
    723
    万円
  3. 740
    証券、商品先物取引
    723
    万円
  4. 741
    飲料品製造
    723
    万円
  5. 742
    自動車、自動車部品
    723
    万円
  6. 743
    おもちゃ、グッズ
    723
    万円
  7. 744
    外食
    723
    万円
  8. 746
    食品製造
    723
    万円
  9. 747
    運用、管理
    722
    万円
  10. 748
    陸運
    722
    万円
  11. 749
    半導体
    722
    万円
  12. 750
    電子・電気機器
    722
    万円
  13. 751
    卸売、商社
    722
    万円
  14. 752
    サービス業
    721
    万円
  1. 3675
    小売
    296
    万円
  2. 3676
    運用、管理
    283
    万円
  3. 3677
    警備
    262
    万円

京セラの雇用条件

京セラの雇用条件について、マイナビや企業の採用ページなどを参考に掲載しています。初任給は学部卒で213,000円ですが、年に2回のボーナスがあるので、パッと見た感じよりも年収は高く、残業代を含む京セラの1年目の年収は366万円を超えて来るでしょう。

初任給

総合職(担当職)

博士卒260,500円
修士了237,000円
学部卒213,000円

昇給・賞与等

諸手当家族支援手当、都市勤務者住宅補助手当、研究開発者手当、専門資格手当、外勤営業者手当、営業手当、営業所手当、責任者手当、超過勤務手当、深夜業手当、海外出張手当、通勤手当ほか
昇給年1回(4月)
賞与年2回(6月、12月)
福利厚生社会保険完備(健康・厚生年金・雇用・労災)、従業員持株制度(奨励金支給あり)、住宅融資制度(利子補給あり)、貸付金制度、財形貯蓄(奨励金支給あり)、産前産後休暇、育児休職制度、介護休職制度、短時間勤務制度、再雇用制度、カムバック・エントリー制度、育児休憩、ベビーシッター利用補助制度、独身寮、転勤者用社宅、契約リゾート施設、各種クラブ活動、退職金制度、社員食堂、慶弔見舞金、出産祝金、休業補償制度、永年勤続表彰制度、ほか

参考

  1. マイナビ 京セラの採用ページ
  2. 京セラ公式採用ページ

京セラの採用情報

京セラに入社するためにはどうすれば良いのでしょうか。京セラが社員に求める学歴や求める人材のポイントを確認しましょう。

学歴

京セラの就職は、大学、大学院卒がメインになります。内定者の学歴に関しては、「早稲田大学」「東京理科大学」「青山学院大学」といった高偏差値大学所属が多いようです。

また、「駒澤大学」や「専修大学」などの日東駒専クラスの学生も採用しているようです。採用実績から読み取れる学歴フィルターはおそらく「日東駒専」が通るか通らないかのラインが妥当でしょう。

求める人材

京セラは求める人材像として以下の3つを掲げています。

  1. 夢に向かって果敢にチャレンジし続けられる人
  2. 素直な心、ひたむきさを持っている人
  3. グローバルな視点を持っている人

具体的には、「チャレンジ精神」「行動力」「素直さ・ひたむきさ」「考える力」「コミュニケーション力」といった資質や能力を面接・適性検査を通じて確認しているようです。

京セラは、人間性を重視する会社ですので、自分の考えを自分の言葉でしっかりと話すことが大切であると考えられます。また、京セラは独自の経営哲学を掲げていたりと、会社全体として一体感があるのが特徴ですので、京セラの価値観に共感することも大切だと考えられます。

語学力

京セラは、選考の際に語学力のみを重視することはないようですが、海外営業等、語学スキルが求められる職種については、配属の際に判断材料としているそうです。また、グローバル展開も積極的にしている企業ですので、就職後の将来のことも考えて、学生のうちから語学力を磨いていくことをおすすめします。

京セラの良い点(魅力)

京セラの良い点(魅力)は、全従業員の幸福と社会貢献を追求するという京セラ独自の経営理念や哲学、従業員の成長環境にあります。

京セラ独自の経営理念、哲学

京セラは経営理念として、「全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類、社会の進歩発展に貢献すること」を掲げています。その言葉通り、京セラでは、社員同士の運動会や職場の仲間の誕生日を祝ったりといったイベントを積極的に行い、会社全体が1つの大家族のような環境であることが魅力となっているのです。

また、京セラは独自の経営哲学である「京セラフィロソフィ」を掲げており、この京セラフィロソフィを行動指針として従業員が意識を高く持って仕事をしています。具体的には、「人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力」という言葉などを掲げています。京セラフィロソフィの詳細はこちらを参考にしてみてください。京セラの経営哲学

加えて、京セラは社会貢献にも力を入れています。実際に、小学校などに出向いて環境出前授業を開いたり、ベトナム少年友好交流訪日団といった海外の子どもたちを日本に招待するというイベントを開いています。このように、ビジネスとは一見関係の無いような社会貢献活動に尽力しているところも京セラの魅力の1つですね。

従業員の成長を促す職場環境

京セラには、従業員の成長を促すような環境や制度があります。例えば、京セラで実践している「アメーバ経営」と呼ばれる経営システムでは、組織を小集団に分け独立採算で運営することで、従業員に経営者意識や採算意識を持たせるきっかけになります。また、グローバル人材の育成にも力を入れており、海外語学研修なども積極的に取り入れているのです。

まとめ

以上、『京セラの平均年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ』でした。企業の平均年収や平均年齢などのデータから、今後のキャリアに繋がる意思決定の材料としてお役に立てていれば幸いです。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら