KYBの年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ!

KYBの平均年収や平均勤続年数、年代・役職別ボーナスの金額などをまとめました。有価証券報告書や国税調査などの情報をベースに算出した総定年収ですが、就職や転職、進路に迷っている方はこの記事を参考にしてみてください。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

KYBの平均年収の推移

年度平均年収平均年齢平均勤続年数従業員
2018年¥6,726,12339.9歳16.0年3,896人
2017年¥6,573,90839.7歳16.0年3,775人
2016年¥6,340,74839.6歳15.8年3,715人
2015年¥6,288,59439.4歳15.8年3,679人
2014年¥6,509,50439.7歳15.6年3,661人
2013年¥6,128,09339.4歳15.7年3,601人
2012年¥5,828,96338.8歳15.4年3,846人

KYBの年収と基本情報

平均年収
672万円
平均年収ランキング1093
平均年齢
39.9
平均年齢ランキング2188
平均勤続年数
16.0
平均勤続年数ランキング1091
従業員数
3,896
従業員数ランキング173

KYBの会社情報

商号KYB
URLhttps://www.kyb.co.jp/
創業大正8年1月
業種自動車、自動車部品
所在地栃木県

KYBの事業概要

油圧緩衝器 油圧機器 システム製品
参照:https://www.kyb.co.jp/

KYBの世代別平均年収の推移

年齢年収月収賞与(2回分)
20~24¥4,349,111--
25~29¥5,082,931¥317,683¥1,270,732
30~34¥5,875,268¥367,204¥1,468,817
35~39¥6,550,571¥409,410¥1,637,642
40~44¥7,205,022¥450,313¥1,801,255
45~49¥7,922,027¥495,126¥1,980,506
50~54¥8,382,094¥523,880¥2,095,523
55~59¥8,223,357¥513,959¥2,055,839
60~64¥6,399,906¥399,994¥1,599,976
65~69¥6,159,783¥384,986¥1,539,945
上記のデータは賞与を月収×4ヶ月分(夏・冬)と仮置きして算出しています。

KYBの推定生涯賃金

KYB
3億2285万円
一般的な生涯賃金
2億1120万円

KYBの詳しい年収

役職別推定年収

  • 部長クラス
    1243万円
  • 課長クラス
    992万円
  • 係長クラス
    739万円

学歴別推定年収

  • 大学卒
    672万円
  • 高専・短大卒
    515万円
  • 高卒
    484万円

雇用形態別の推定年収

正社員
672万円
非正規社員
363万円

KYBと他の比較

年収ランキング

年収偏差値

KYBと平均年収の近い企業

  1. 1
    M&Aコンサルティング
    3109
    万円
  2. 2
    機械
    2110
    万円
  3. 3
    M&Aコンサルティング
    2063
    万円
  1. 1086
    金属
    673
    万円
  2. 1087
    卸売、商社
    673
    万円
  3. 1088
    日用品
    673
    万円
  4. 1089
    自動車、自動車部品
    673
    万円
  5. 1090
    化学品
    673
    万円
  6. 1091
    仲介
    672
    万円
  7. 1092
    印刷、印刷関連
    672
    万円
  8. 1094
    卸売、商社
    672
    万円
  9. 1095
    自動車、自動車部品
    672
    万円
  10. 1096
    食料品
    672
    万円
  11. 1097
    プラント・エンジニアリング
    672
    万円
  12. 1098
    空間デザイン
    672
    万円
  13. 1099
    銀行
    672
    万円
  14. 1100
    機械
    671
    万円
  1. 3675
    小売
    296
    万円
  2. 3676
    運用、管理
    283
    万円
  3. 3677
    警備
    262
    万円

KYBの雇用条件

KYBの雇用条件について、マイナビや企業の採用ページなどを参考に掲載しています。初任給は学部卒で209,500円ですが、年に2回のボーナスがあるので、パッと見た感じよりも年収は高く、残業代を含むKYBの1年目の年収は355万円を超えて来るでしょう。

初任給

全職種

修士了227,000円
学部卒209,500円
高専卒186,000円

昇給・賞与等

諸手当家族手当、超過勤務手当、通勤手当、食事補助など
昇給年1回(4月)
賞与年2回(7月、12月)
福利厚生雇用・労災・健康・厚生年金保険、独身寮・社宅、財形住宅貯蓄、各種文化・体育サークル、契約リゾート、社員持株会制度、共済会、自動車購入資金貸付制度など

参考

  1. マイナビ KYBの採用ページ
  2. KYB公式採用ページ

KYBの採用情報

KYBに入社するためにはどうすれば良いのでしょうか。KYBが社員に求める学歴や求める人材のポイントを確認しましょう。

学歴

KYBへの就職は、大学院や大学、短大・高専・専門学校など幅広いです。

内定者の学歴に関しては、マイナビ KYBの採用ページによると「早稲田大学」「法政大学」「明治大学」といった高偏差値大学所属から「大阪産業大学」「広島工業大学」の学生も採用しています。採用実績から読み取れる学歴フィルターはありません。

求める人材

KYBは色々な考えを持っている人に集まってもらいたいと考えているため、特定の枠は設けておらず、言うなれば「責任感があり、自立的に考え、行動できる」人物に入社していただきたいとのことです。

語学力

KYBでは、ビジネスのグローバル化に伴い英語を使用する部署が増えているようです。そのため、最低限の日常会話レベルの英語力は身につけておくことをおすすめします。

KYBの良い点(魅力)

KYBの良い点は働きやすい職場環境づくりへの取り組みと自然や環境への取り組みを実施している点です。

働きやすい職場環境づくり

従業員の活力と元気のためのメンタルヘルスセミナー

「部長格メンタルヘルスセミナー」を開催した際に「ワーク・エンゲージメントを高めた職場をつくるためには?」をテーマにしたグループディスカッションを実施するなどし、KYBは活力ある組織造りや元気な従業員の増加を目指しています。

ワーク・エンゲイジメントとは仕事に対する「熱意」「没頭」「活力」の3つが揃い、満たされている心理状態のことです。

女性労働力のさらなる活躍推進への取り組み

女性労働力のさらなる活躍推進を目指した取り組みとして、KYBは以下の4つを柱としています。

  1. 「能力開発・意識改革の研修」
  2. 「働きやすい組織風土の醸成」
  3. 「育児休職者への支援」
  4. 「多様な働き方の支援」

具体的な取り組みとしては2017年度に実施した女性の意識改革を目的とした「女性向けキャリア研修」や、上司の意識を変えるための「女性部下を持つ上司研修」などが挙げられます。

自然や環境への取り組み

環境・安全委員会の設置

KYBの環境への取り組みのスローガンは「守ります みどりの地球 創ります 環境にやさしい製品」です。そのためにもKYBは「環境・安全委員会」を設置しています。

「環境・安全委員会」は下部組織に環境保全専門部会、省エネ工場化専門部会、安全衛生専門部会の3つのワーキンググループを持っており、専門的な視点で活動を推進しています。

エネルギー・廃棄物の最小化と労災ゼロ・火災ゼロを目指して

2017~2019年のKYBの環境・安全方針は以下の2つです。

  1. エネルギー・廃棄物の最小化を目指した工場づくり
  2. 労災ゼロ・火災ゼロの拠点造りと拡大

具体的には省エネ製品である新製品の小型ショベル用油圧ピストンポンプによるエネルギー削減や、熊谷工場の屋根に遮熱塗装を施行することにより空調負荷を減らしCO2の排出量削減、労働災害に対するリスク評価と対策の推進などを実施しています。

まとめ

以上、『KYBの平均年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ』でした。企業の平均年収や平均年齢などのデータから、今後のキャリアに繋がる意思決定の材料としてお役に立てていれば幸いです。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら