スズキの年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ!

スズキの平均年収や平均勤続年数、年代・役職別ボーナスの金額などをまとめました。有価証券報告書や国税調査などの情報をベースに算出した総定年収ですが、就職や転職、進路に迷っている方はこの記事を参考にしてみてください。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

スズキの平均年収の推移

年度平均年収平均年齢平均勤続年数従業員
2018年¥6,814,08140.0歳17.0年15,431人
2017年¥6,571,70339.0歳17.0年15,269人
2016年¥6,427,15639.4歳16.9年15,138人
2015年¥6,251,93139.3歳16.8年14,932人
2014年¥6,260,14239.0歳16.5年14,751人
2013年¥6,018,93338.5歳16.2年14,571人
2012年¥5,816,32937.8歳15.6年14,405人

スズキの年収と基本情報

平均年収
681万円
平均年収ランキング1037
平均年齢
40.0
平均年齢ランキング2210
平均勤続年数
17.0
平均勤続年数ランキング794
従業員数
15,431
従業員数ランキング27

スズキの会社情報

商号スズキ
URLhttp://www.suzuki.co.jp/
創業大正9年3月
業種自動車、自動車部品
所在地石川県

スズキの事業概要

四輪車・二輪車・船外機・電動車いす・産業機器
参照:http://www.suzuki.co.jp/

スズキの世代別平均年収の推移

年齢年収月収賞与(2回分)
20~24¥4,405,984--
25~29¥5,149,401¥321,837¥1,287,350
30~34¥5,952,099¥372,006¥1,488,024
35~39¥6,636,233¥414,764¥1,659,058
40~44¥7,299,243¥456,202¥1,824,810
45~49¥8,025,624¥501,601¥2,006,406
50~54¥8,491,707¥530,731¥2,122,926
55~59¥8,330,895¥520,680¥2,082,723
60~64¥6,483,598¥405,224¥1,620,899
65~69¥6,240,335¥390,020¥1,560,083
上記のデータは賞与を月収×4ヶ月分(夏・冬)と仮置きして算出しています。

スズキの推定生涯賃金

スズキ
3億2707万円
一般的な生涯賃金
2億1120万円

スズキの詳しい年収

役職別推定年収

  • 部長クラス
    1259万円
  • 課長クラス
    1005万円
  • 係長クラス
    749万円

学歴別推定年収

  • 大学卒
    681万円
  • 高専・短大卒
    522万円
  • 高卒
    491万円

雇用形態別の推定年収

正社員
681万円
非正規社員
368万円

スズキと他の比較

年収ランキング

年収偏差値

スズキと平均年収の近い企業

  1. 1
    M&Aコンサルティング
    3109
    万円
  2. 2
    金融サービス
    2413
    万円
  3. 3
    M&Aコンサルティング
    2063
    万円
  1. 1030
    電子・電気機器
    682
    万円
  2. 1031
    機械
    682
    万円
  3. 1032
    電子・電気機器
    682
    万円
  4. 1033
    土木
    681
    万円
  5. 1034
    運用、管理
    681
    万円
  6. 1035
    広告、PR
    681
    万円
  7. 1036
    卸売、商社
    681
    万円
  8. 1038
    医薬品、健康食品
    681
    万円
  9. 1039
    自動車、自動車部品
    681
    万円
  10. 1040
    医薬品、健康食品
    681
    万円
  11. 1041
    印刷、印刷関連
    681
    万円
  12. 1042
    繊維製品
    681
    万円
  13. 1043
    金融サービス
    681
    万円
  14. 1044
    卸売、商社
    680
    万円
  1. 3675
    運用、管理
    283
    万円
  2. 3676
    小売
    264
    万円
  3. 3677
    警備
    262
    万円

スズキの採用情報

スズキに入社するためにはどうすれば良いのでしょうか。スズキが社員に求める学歴や求める人材のポイントを確認しましょう。

学歴

スズキの就職は、技術職が理系のみ、営業職と事務職は文系と理系から採用しています。内定者の学歴に関しては、「京都大学」、「早稲田大学」、「慶應義塾大学」といった高偏差値大学所属が多いようです。

また、「同志社大学」、「立命館大学」などの関関同立クラスの学生も採用しているようです。採用実績から読み取れる学歴フィルターはおそらく関関同立が通るか通らないかのラインが妥当でしょう。

求める人材

スズキが求めるのは「相手の立場に立って物事を考えられる人」です。スズキグループは、「消費者の立場になって価値ある製品を作ろう」というのを社是の第一に掲げています。お客様の期待を超える製品とサービスを提供するためには、常にお客様の立場になって、お客様に喜んでいただける製品やサービスとは何かを考える必要があるからです。

また、単に製品を開発するだけでなく、そのアフターケアも欠かせません。どんなに優れた技術であっても、人間が作っている以上、何かしらの不具合が発生する可能性もゼロではないからです。そのような場合はお客様からお叱りを受ける事も少なくないでしょう。

しかしながらどのような意見・要望であっても、そのひとつひとつの声に真摯に対応する姿勢は欠かせません。生の声に耳を傾けてこそ、第三者の視点から問題を早期に把握して、徹底的な原因究明に基づく措置を講じる事ができるのです。

このような力を身につけるために、学生の頃から常に相手のニーズを先読みしていくような訓練を積むと良いでしょう。

語学力

スズキの採用基準にはTOEICスコアなどによる制限は無いようです。しかしながらスズキは「世界各国・地域のニーズに合った製品をラインナップし、現地で生産していく」という理念のもと、グローバル展開を続けている会社ですので、高い語学力があればそれだけ評価されるでしょう。

スズキの良い点(魅力)

スズキの良い点(魅力)は軽自動車開発において高い技術力を誇っているという点と、インドを中心に世界中で生産・販売を行なっているという点です。

常に新ジャンルを開拓してきたスズキの軽自動車

スズキは、トヨタとホンダに次いで自動車販売台数3位の自動車メーカーです。ダイハツとは軽2強と呼ばれていて、国内の軽自動車販売で首位を争っています。

スズキはその高い技術力のもと、これまで数々の新しい軽自動車を開発してきました。例えば、8代目となる新型アルトは、新たに開発したプラットフォームを初めて採用し、徹底した軽量化に取り組み、軽快でしっかりとした走りを実現させました。

また、パワートレインの高効率化と合わせて、ガソリン車No.1の低燃費37.0km/Lを実現。こだわりのデザインとゆとりある室内空間だけでなく、レーダーブレーキサポート「衝突被害軽減ブレーキ」を始めとする先進の安全技術を搭載しています。その安全性能が評価され、アルト/アルト ラパンシリーズで2016年次カーオブザイヤーを受賞しました。

このようにスズキは軽自動車のパイオニアとして、これからも「価値ある製品」作りを追求していくのです。

世界各地で愛されるスズキブランド

スズキは、現在、海外の19の国と地域で27社の現地生産会社が稼働しています。その中でも特に重要な役割を果たしているのがインドです。1982年に、スズキは国内の自動車メーカーで初となるインドへの進出を決め、そして翌年の1983年に生産を開始しました。

その後、生産開始以来27年3カ月で累計生産1,000万台を達成し、スズキにとってインドは重要な市場へと成長したのです。実際、インドの乗用車市場では49%という高い占拠率となっており、人口13億人市場のインドで自動車シェアがNo.1であります。このインド市場拡大に合わせ、2017年2月には新たにグジャラート工場が稼働しました。

このように、インドはスズキにとって重要な事業拠点となっているのです。今後もスズキはインドだけでなく、それぞれの国の経済発展のために、産業の育成・雇用の拡大に貢献していくでしょう。

まとめ

以上、『スズキの平均年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ』でした。企業の平均年収や平均年齢などのデータから、今後のキャリアに繋がる意思決定の材料としてお役に立てていれば幸いです。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら