ヤマハ発動機の年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ!

3,323 Views

ヤマハ発動機の平均年収や平均勤続年数、年代・役職別ボーナスの金額などをまとめました。有価証券報告書や国税調査などの情報をベースに算出した総定年収ですが、就職や転職、進路に迷っている方はこの記事を参考にしてみてください。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

ヤマハ発動機の平均年収の推移

年度平均年収平均年齢平均勤続年数従業員
2019年¥7,456,22442.9歳19.4年10,567人
2018年¥7,598,02643.3歳19.9年10,614人
2017年¥7,404,19243.2歳19.8年10,564人
2016年¥7,416,22143.0歳19.7年10,511人
2015年¥7,114,62842.8歳19.4年10,440人
2014年¥7,145,22342.3歳19.1年10,377人
2013年¥6,918,50542.0歳18.9年10,245人

ヤマハ発動機の年収と基本情報

平均年収
745万円
平均年収ランキング630
平均年齢
42.9
平均年齢ランキング1135
平均勤続年数
19.4
平均勤続年数ランキング289
従業員数
10,567
従業員数ランキング52

ヤマハ発動機の会社情報

商号ヤマハ発動機
URLhttps://global.yamaha-motor.com/jp/#_ga=2.148982066.580596066.1520313445-1010841910.1519094647
創業昭和30年7月
業種機械
所在地石川県

ヤマハ発動機の事業概要

ヤマハ発動機は、二輪車の開発を起点とするパワートレイン技術、走行・航走を支える車体・艇体技術をコア・テクノロジーとし、さらに制御技術やコンポーネント技術を発展させながら、半世紀にわたって事業の多軸化とグローバル化に取り組んできました。 パワートレイン技術はやがてマリンエンジンやRV、パワープロダクツ事業といった新たな軸を生み出し、また艇体技術のひとつであるFRP加工技術はプール事業をはじめ、各種パーソナルビークルの外装品などに発展しています。
参照:https://global.yamaha-motor.com/jp/#_ga=2.148982066.580596066.1520313445-1010841910.1519094647

ヤマハ発動機の世代別平均年収の推移

年齢年収月収賞与(2回分)
20~24¥4,821,194--
25~29¥5,634,668¥352,166¥1,408,667
30~34¥6,513,011¥407,063¥1,628,252
35~39¥7,261,616¥453,851¥1,815,404
40~44¥7,987,107¥499,194¥1,996,776
45~49¥8,781,940¥548,871¥2,195,485
50~54¥9,291,946¥580,746¥2,322,986
55~59¥9,115,979¥569,748¥2,278,994
60~64¥7,094,597¥443,412¥1,773,649
65~69¥6,828,409¥426,775¥1,707,102
上記のデータは賞与を月収×4ヶ月分(夏・冬)と仮置きして算出しています。

ヤマハ発動機の推定生涯賃金

ヤマハ発動機
3億5789万円
一般的な生涯賃金
2億1120万円

ヤマハ発動機の詳しい年収

役職別推定年収

  • 部長クラス
    1378万円
  • 課長クラス
    1100万円
  • 係長クラス
    820万円

学歴別推定年収

  • 大学卒
    745万円
  • 高専・短大卒
    571万円
  • 高卒
    537万円

雇用形態別の推定年収

正社員
745万円
非正規社員
402万円

ヤマハ発動機と他の比較

年収ランキング

  • 上場企業ランキング
    630
  • 業界別ランキングメーカー
    168
  • 業種別ランキング機械
    28
  • 都道府県別ランキング石川県
    3

年収偏差値

  • 上場企業偏差値
    58.3
  • 業界別偏差値メーカー
    59.5
  • 業種別偏差値機械
    57.9
  • 都道府県別偏差値石川県
    64.7

ヤマハ発動機と平均年収の近い企業

  1. 1
    M&Aコンサルティング
    3109
    万円
  2. 2
    金融サービス
    2413
    万円
  3. 3
    M&Aコンサルティング
    2063
    万円
  1. 623
    自動車、自動車部品
    747
    万円
  2. 624
    ソフトウェア
    746
    万円
  3. 625
    機械
    746
    万円
  4. 626
    情報通信機器
    746
    万円
  5. 627
    小売業
    746
    万円
  6. 628
    電気・ガス業
    745
    万円
  7. 629
    銀行
    745
    万円
  8. 631
    印刷、印刷関連
    745
    万円
  9. 632
    電子・電気機器
    745
    万円
  10. 633
    金属
    744
    万円
  11. 634
    印刷、印刷関連
    744
    万円
  12. 635
    自動車、自動車部品
    744
    万円
  13. 636
    飲料品製造
    744
    万円
  14. 637
    小売
    743
    万円
  1. 3675
    運用、管理
    283
    万円
  2. 3676
    小売
    264
    万円
  3. 3677
    警備
    262
    万円

まとめ

以上、『ヤマハ発動機の平均年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ』でした。企業の平均年収や平均年齢などのデータから、今後のキャリアに繋がる意思決定の材料としてお役に立てていれば幸いです。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら