島津製作所の年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ!

島津製作所の平均年収や平均勤続年数、年代・役職別ボーナスの金額などをまとめました。有価証券報告書や国税調査などの情報をベースに算出した総定年収ですが、就職や転職、進路に迷っている方はこの記事を参考にしてみてください。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

島津製作所の平均年収の推移

年度平均年収平均年齢平均勤続年数従業員
2018年¥8,214,16943.0歳18.1年3,378人
2017年¥8,109,46542.8歳18.1年3,279人
2016年¥8,115,30942.6歳18.0年3,202人
2015年¥7,941,58142.5歳17.9年3,160人
2014年¥7,708,26142.4歳17.8年3,154人
2013年¥7,324,78142.1歳17.7年3,121人
2012年¥7,450,58442.2歳17.8年3,063人

島津製作所の年収と基本情報

平均年収
821万円
平均年収ランキング338
平均年齢
43.0
平均年齢ランキング955
平均勤続年数
18.1
平均勤続年数ランキング557
従業員数
3,378
従業員数ランキング221

島津製作所の会社情報

商号島津製作所
URLhttps://www.shimadzu.co.jp/jindex.html
創業明治8年3月
業種電子・電気機器
所在地兵庫県

島津製作所の事業概要

当社グループは、当社、子会社75社、関連会社4社(2017年3月31日現在)によって構成され、計測機器、医用機 器、航空機器、産業機器、その他の各事業分野で研究開発、製造、販売、保守サービス等にわたる事業活動を行っています。
参照:https://www.shimadzu.co.jp/jindex.html

島津製作所の世代別平均年収の推移

年齢年収月収賞与(2回分)
20~24¥5,311,281--
25~29¥6,207,447¥387,965¥1,551,861
30~34¥7,175,076¥448,442¥1,793,769
35~39¥7,999,779¥499,986¥1,999,944
40~44¥8,799,017¥549,938¥2,199,754
45~49¥9,674,648¥604,665¥2,418,662
50~54¥10,236,497¥639,781¥2,559,124
55~59¥10,042,643¥627,665¥2,510,660
60~64¥7,815,781¥488,486¥1,953,945
65~69¥7,522,535¥470,158¥1,880,633
上記のデータは賞与を月収×4ヶ月分(夏・冬)と仮置きして算出しています。

島津製作所の推定生涯賃金

島津製作所
3億9428万円
一般的な生涯賃金
2億1120万円

島津製作所の詳しい年収

役職別推定年収

  • 部長クラス
    1518万円
  • 課長クラス
    1212万円
  • 係長クラス
    903万円

学歴別推定年収

  • 大学卒
    821万円
  • 高専・短大卒
    629万円
  • 高卒
    592万円

雇用形態別の推定年収

正社員
821万円
非正規社員
443万円

島津製作所と他の比較

年収ランキング

  • 上場企業ランキング
    338
  • 業界別ランキングメーカー
    66
  • 業種別ランキング電子・電気機器
    14
  • 都道府県別ランキング兵庫県
    5

年収偏差値

島津製作所と平均年収の近い企業

  1. 1
    M&Aコンサルティング
    3109
    万円
  2. 2
    機械
    2110
    万円
  3. 3
    M&Aコンサルティング
    2063
    万円
  1. 331
    電子・電気機器
    822
    万円
  2. 332
    食料品
    822
    万円
  3. 333
    卸売、商社
    822
    万円
  4. 334
    不動産業
    821
    万円
  5. 335
    化粧品
    821
    万円
  6. 336
    ITコンサルテイング
    821
    万円
  7. 337
    電子・電気機器
    821
    万円
  8. 339
    卸売、商社
    821
    万円
  9. 340
    半導体
    820
    万円
  10. 341
    運用、管理
    820
    万円
  11. 342
    機械
    819
    万円
  12. 343
    金属
    819
    万円
  13. 344
    ゲーム
    819
    万円
  14. 345
    医薬品、健康食品
    819
    万円
  1. 3675
    小売
    296
    万円
  2. 3676
    運用、管理
    283
    万円
  3. 3677
    警備
    262
    万円

島津製作所の雇用条件

島津製作所の雇用条件について、マイナビや企業の採用ページなどを参考に掲載しています。初任給は学部卒で211,720円ですが、年に2回のボーナスがあるので、パッと見た感じよりも年収は高く、残業代を含む島津製作所の1年目の年収は360万円を超えて来るでしょう。

初任給

総合職(担当職)

博士了264,730円
修士了237,140円
学部卒211,720円

昇給・賞与等

諸手当役職手当、次世代育成手当、住宅手当、超過勤務手当、通勤費補助など
昇給年1回(4月)
賞与年2回(6月、12月)
福利厚生<制度>従業員持株制度、財形貯蓄制度、持家融資制度、退職年金制度など
<施設>独身寮、家族社宅、保養施設、医療施設、総合グラウンド、体育館など
<保険>健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険

参考

  1. マイナビ 島津製作所の採用ページ
  2. 島津製作所公式採用ページ

島津製作所の採用情報

島津製作所に入社するためにはどうすれば良いのでしょうか。島津製作所が社員に求める学歴や求める人材のポイントを確認しましょう。

学歴

島津製作所の就職は、大学、大学院卒の理系がメインになります。内定者の学歴に関しては、公式採用ページやマイナビ上では公開されていませんが、日本を代表する企業である事を考えると、有名大学出身が多いと予想できます。

求める人材

島津製作所が求める人材は、変化を楽しみ、これまでにない価値創造の主役となれる人です。具体的に、島津製作所は志願者に以下の4つの力を求めています。

  1. 主体性
  2. 挑戦意欲
  3. 好奇心
  4. やり抜く力

島津製作所は、科学技術で社会に新たな価値を提案できる人を求めています。そのため、島津製作所を志望される方は、面接の際に上記4つの事をエピソードを交えながら、社会に新たな価値を提案できる人材である事をアピールできると良いでしょう。

語学力

島津製作所は採用時点においては、toeicのスコア等による採用基準は設けていないようです。しかし、積極的にグローバル展開しており、業務上英語を中心に語学力が必要になる事もあるようなので、学生のうちに語学力を高めておくと良いでしょう。

島津製作所の良い点(魅力)

島津製作所の良い点(魅力)は、技術力の高さとブランド力、シェア率No1製品の豊富さにあります。

技術力の高さとブランド力

島津製作所は、技術力の高さとブランド力に定評のある会社です。実際、世界で初めて糖リン酸類を正確に分析する技術を開発したり、被ばく線量をCTスキャンの10分の1に抑え、より鮮明な断層画像が得られるトモシンセシス技術を持っています。

また、島津製作所の研究所長として活躍されている田中耕一さんは、実際に島津製作所で働かれている時にノーベル化学賞を受賞されました。そのため、このような功績を持つ研究員を有しているという点も島津製作所のブランド力の高さを表していると言えるでしょう。

シェア率No1製品の豊富さ

島津製作所は、国内シェア率No1の製品をたくさん持っています。具体的には、全有機体炭素計や液体クロマトグラフ、油圧ギアポンプなどが挙げられます。

したがって、日本トップレベルの科学技術やシェア率No1製品を多く持っている島津製作所で、優秀な人たちとさらなる科学技術の発展と製品の普及に貢献したいという人にオススメの企業であると言えるでしょう。

まとめ

以上、『島津製作所の平均年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ』でした。企業の平均年収や平均年齢などのデータから、今後のキャリアに繋がる意思決定の材料としてお役に立てていれば幸いです。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら