凸版印刷の年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ!

9,049 Views

凸版印刷の平均年収や平均勤続年数、年代・役職別ボーナスの金額などをまとめました。有価証券報告書や国税調査などの情報をベースに算出した総定年収ですが、就職や転職、進路に迷っている方はこの記事を参考にしてみてください。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

凸版印刷の平均年収の推移

年度平均年収平均年齢平均勤続年数従業員
2019年¥6,811,46442.6歳13.8年10,330人
2018年¥6,644,62142.3歳14.2年9,993人
2017年¥6,910,16342.0歳14.2年9,699人
2016年¥6,956,59741.8歳14.2年9,551人
2015年¥6,697,39141.64歳14.5年8,993人
2014年¥6,647,46841.31歳14.3年8,900人
2013年¥6,711,58241.0歳14.5年8,604人
2012年¥6,414,34040.6歳14.3年8,587人

凸版印刷の年収と基本情報

平均年収
681万円
平均年収ランキング1052
平均年齢
42.6
平均年齢ランキング1215
平均勤続年数
13.8
平均勤続年数ランキング1777
従業員数
10,330
従業員数ランキング57

凸版印刷の会社情報

商号凸版印刷
URLhttp://www.toppan.co.jp/
創業明治33年1月
業種印刷、印刷関連
所在地栃木県

凸版印刷の事業概要

印刷テクノロジー」をベースに、「情報コミュニケーション」「生活・産業」「エレクトロニクス」の3つの事業分野において、従来の印刷領域を超え、幅広い活動を展開しています。
参照:http://www.toppan.co.jp/

凸版印刷の世代別平均年収の推移

年齢年収月収賞与(2回分)
20~24¥4,404,292--
25~29¥5,147,423¥321,713¥1,286,855
30~34¥5,949,813¥371,863¥1,487,453
35~39¥6,633,684¥414,605¥1,658,421
40~44¥7,296,440¥456,027¥1,824,110
45~49¥8,022,542¥501,408¥2,005,635
50~54¥8,488,446¥530,527¥2,122,111
55~59¥8,327,695¥520,480¥2,081,923
60~64¥6,481,107¥405,069¥1,620,276
65~69¥6,237,938¥389,871¥1,559,484
上記のデータは賞与を月収×4ヶ月分(夏・冬)と仮置きして算出しています。

凸版印刷の推定生涯賃金

凸版印刷
3億2695万円
一般的な生涯賃金
2億928万円

凸版印刷の詳しい年収

役職別推定年収

  • 部長クラス
    1259万円
  • 課長クラス
    1005万円
  • 係長クラス
    749万円

学歴別推定年収

  • 大学卒
    681万円
  • 高専・短大卒
    521万円
  • 高卒
    490万円

雇用形態別の推定年収

正社員
681万円
非正規社員
368万円

凸版印刷と他の比較

年収ランキング

  • 上場企業ランキング
    1052
  • 業界別ランキングメーカー
    348
  • 業種別ランキング印刷、印刷関連
    7
  • 都道府県別ランキング栃木県
    691

年収偏差値

凸版印刷と平均年収の近い企業

  1. 1
    M&Aコンサルティング
    3109
    万円
  2. 2
    金融サービス
    2413
    万円
  3. 3
    M&Aコンサルティング
    2063
    万円
  1. 1045
    運用、管理
    681
    万円
  2. 1046
    広告、PR
    681
    万円
  3. 1047
    卸売、商社
    681
    万円
  4. 1048
    自動車、自動車部品
    681
    万円
  5. 1049
    医薬品、健康食品
    681
    万円
  6. 1050
    自動車、自動車部品
    681
    万円
  7. 1051
    医薬品、健康食品
    681
    万円
  8. 1053
    繊維製品
    681
    万円
  9. 1054
    金融サービス
    681
    万円
  10. 1055
    化学品
    680
    万円
  11. 1056
    化学品
    680
    万円
  12. 1057
    食品製造
    679
    万円
  13. 1058
    外食
    679
    万円
  14. 1059
    化学品
    679
    万円
  1. 3675
    運用、管理
    283
    万円
  2. 3676
    小売
    264
    万円
  3. 3677
    警備
    262
    万円

凸版印刷の採用情報

凸版印刷に入社するためにはどうすれば良いのでしょうか。凸版印刷が社員に求める学歴や求める人材のポイントを確認しましょう。

学歴

凸版印刷の就職は、四年制大学、大学院卒が対象になります。社員の学歴は公表されていませんが、人気の業界、企業なので、全国の有名大学の学生が多く採用されていると予想できます。

求める人材

凸版印刷が求める人財とは、ビジネスにイノベーションをもたらすことのできる人財です。そして、「新しい価値」を生み出すためには、凸版印刷は失敗を恐れることなく、常に新しいことに挑み続ける勇気を持つことが大切だと凸版印刷は考えています。

凸版印刷が掲げる、「可能性を絞るには、早すぎる。」という志望者向けのキャッチフレーズからも、可能性を絞りすぎず、新しいことに挑戦し続けていけるような人財を求めていることがうかがえます。

語学力

凸版印刷では採用時点においては、toeicのスコアなどの明確な採用基準はないようです。しかし、グローバル化を推し進めている企業なので、語学力があると就職後に役立つかもしれません。

凸版印刷の良い点(魅力)

凸版印刷の良い点(魅力)は、印刷技術を活かした事業の多角化とチャレンジ精神にあります。

印刷技術を活かした事業の多角化

凸版印刷は、今現在、「情報コミュニケーション」「生活・産業」「エレクトロニクス」という3つの事業を展開しています。具体的には、雑誌やお菓子などのパッケージを印刷するというだけでなく、凸版印刷の持つ印刷技術を利用して建装材やディスプレイ、半導体関連の開発などもしているのです。

イノベーションの創出を支えるチャレンジ精神

上記の3つの事業に加えて、新事業、新市場の創出にも取り組んでいます。というのも、現在、情報技術とネットワーク化の進展で印刷の需要がなくなってきており、印刷業以外の事業へ進出が求められているからです。

そこで凸版印刷は、得意先のデジタル化に対応した事業変革(デジタルトランスフォーメーション)を支援する新たなビジネスを創造するとともに、「健康・ライフサイエンス」、「教育・文化交流」、「都市空間・モビリティ」、「エネルギー・食料資源」という4つの成長事業領域において事業展開を進めています。

加えて、凸版印刷は若手の育成や挑戦を支える制度を整えており、グローバル展開にも注力しているため、印刷業以外にも、自ら新たなことを企画し挑戦したいという人や、将来的にグローバルな環境の中で、顧客のニーズに答えていきたいという人におすすめの企業だと言えます。

まとめ

以上、『凸版印刷の平均年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ』でした。企業の平均年収や平均年齢などのデータから、今後のキャリアに繋がる意思決定の材料としてお役に立てていれば幸いです。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら