伊藤忠商事の年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ!

伊藤忠商事の平均年収や平均勤続年数、年代・役職別ボーナスの金額などをまとめました。有価証券報告書や国税調査などの情報をベースに算出した総定年収ですが、就職や転職、進路に迷っている方はこの記事を参考にしてみてください。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

伊藤忠商事の平均年収の推移

年度平均年収平均年齢平均勤続年数従業員
2017年¥14,609,15141.6歳17.3年4,285人
2016年¥13,838,69941.5歳16.9年4,285人
2015年¥13,829,95441.5歳16.7年4,279人
2014年¥13,950,97541.5歳16.3年4,262人
2013年¥13,835,55141.3歳16.1年4,235人
2012年¥13,893,01941.1歳15.8年4,219人

伊藤忠商事の年収と基本情報

平均年収
1,460万円
平均年収ランキング10
平均年齢
41.6
平均年齢ランキング1495
平均勤続年数
17.3
平均勤続年数ランキング757
従業員数
4,285
従業員数ランキング155

伊藤忠商事の会社情報

商号伊藤忠商事
URLhttps://www.itochu.co.jp/ja/
創業昭和24年12月
業種卸売業
所在地東京都

伊藤忠商事の事業概要

繊維、機械、金属、エネルギー、化学品、食料、住生活、情報、金融の各分野において、国内、輸出入および三国間取引を行うほか、国内外における事業投資など、幅広いビジネスを展開。
参照:https://www.itochu.co.jp/ja/

伊藤忠商事の世代別平均年収の推移

年齢年収月収賞与(2回分)
20~24¥9,446,277--
25~29¥11,040,135¥690,008¥1,380,016
30~34¥12,761,093¥797,568¥1,595,136
35~39¥14,227,852¥889,240¥1,778,480
40~44¥15,649,322¥978,082¥1,956,164
45~49¥17,206,658¥1,075,416¥2,150,832
50~54¥18,205,923¥1,137,870¥2,275,740
55~59¥17,861,148¥1,116,321¥2,232,642
60~64¥13,900,607¥868,787¥1,737,574
65~69¥13,379,060¥836,191¥1,672,382

伊藤忠商事の推定生涯賃金

伊藤忠商事
7億123万円
一般的な生涯賃金
2億1803万円

伊藤忠商事の詳しい年収

役職別推定年収

  • 部長クラス
    2700万円
  • 課長クラス
    2156万円
  • 係長クラス
    1606万円

学歴別推定年収

  • 大学卒
    1460万円
  • 高専・短大卒
    1119万円
  • 高卒
    1053万円

雇用形態別の推定年収

正社員
1460万円
非正規社員
789万円

伊藤忠商事と他の比較

年収ランキング

  • 上場企業ランキング
    10
  • 業種別ランキング卸売業
    1
  • 都道府県別ランキング東京都
    8

年収偏差値

  • 上場企業偏差値
    92.1
  • 業種別偏差値卸売業
    94.8
  • 都道府県別偏差値東京都
    90.4

伊藤忠商事と平均年収の近い企業

  1. 1
    サービス業
    2478
    万円
  2. 2
    電気機器
    2088
    万円
  3. 3
    サービス業
    2063
    万円
  4. 4
    サービス業
    1777
    万円
  5. 5
    不動産業
    1636
    万円
  6. 6
    情報・通信業
    1632
    万円
  7. 7
    情報・通信業
    1515
    万円
  8. 8
    情報・通信業
    1478
    万円
  9. 9
    情報・通信業
    1461
    万円
  10. 11
    医薬品
    1460
    万円
  11. 12
    証券、商品先物取引業
    1455
    万円
  12. 13
    化学
    1440
    万円
  13. 14
    卸売業
    1419
    万円
  14. 15
    情報・通信業
    1392
    万円
  1. 3674
    不動産業
    283
    万円
  2. 3675
    サービス業
    270
    万円
  3. 3676
    サービス業
    260
    万円

伊藤忠商事の雇用条件

伊藤忠商事の雇用条件について、マイナビや企業の採用ページなどを参考に掲載しています。総合職の初任給は学部卒で266,667円ですが、年に2回のボーナスがあるので、パッと見た感じよりも年収は高く、残業代を含む伊藤忠商事の1年目の年収は458万円を超えて来るでしょう。

また、事務職の初任給は学部卒で205,000円で、年2回のボーナスと残業代を含めると1年目の年収は352万円を超えてくるでしょう。

初任給

総合職

院卒300,000円
学部卒266,667円

事務職

四大・大学院卒205,000円
短大卒175,000円

昇給・賞与等

諸手当通勤費、時間外勤務手当 など
昇給職務・職責に応じ決定
賞与年2回(夏期・冬期)
福利厚生制度/持株会、住宅融資制度、財形貯蓄制度、各種社会保険等
施設/独身寮、社宅、保養所、健康管理室等

参考

  1. マイナビ 伊藤忠商事の採用ページ
  2. 伊藤忠商事公式採用ページ

伊藤忠商事の採用情報

伊藤忠商事に入社するためにはどうすれば良いのでしょうか。伊藤忠商事が社員に求める学歴や求める人材のポイントを確認しましょう。

学歴

伊藤忠商事の就職は、大学、大学院卒の文系がメインになります。内定者の学歴に関しては公表されていませんが、学生からの人気が高い会社であるということを踏まえると、「東京大学」や「慶應義塾大学」といった国内有名大学出身だけでなく、海外の1流大学出身者も多いと予想できます。

求める人材

伊藤忠商事の公式採用ページでは、具体的に求める人材像を掲げてはいません。しかし、コーポレートメッセージ上で、伊藤忠商事の強さは「個人の力」であると紹介がなされているため、伊藤忠商事は精神的にも肉体的にも強い力を持った人を求めていると考えられます。

また、伊藤忠商事は自社の働き方改革として「厳しくとも、働きがいのある会社」を目指しています。このことからも分かる通り、伊藤忠商事での仕事には厳しさがつきまとうことになるので、厳しい環境にも負けず、責任をもってチャレンジしていけるような人材であることをアピールすることが大切でしょう。

語学力

伊藤忠商事は採用の時点では、toeicのスコアなどの明確な採用基準は設けていないようです。しかし、伊藤忠商事を志望する人の中には、帰国子女や留学生などのグローバル経験を持った人もいるので、語学力は有るに越したことはないでしょう。

伊藤忠商事の良い点(魅力)

伊藤忠商事の良い点(魅力)は、事業内容と業務の効率化、伊藤忠商事独特の企業文化にあります。

非資源分野に強みを持つ事業内容と業務の効率化

伊藤忠商事は、三菱商事三井物産住友商事丸紅と並び5大商社の一角を担う総合商社です。総合商社は様々な分野で事業を行っていますが、伊藤忠商事は非資源分野に強みを持っており、他の総合商社に比べて非資源分野に対する投資を重点的に行ってきました。

また、業務の効率化にも尽力しており、経費削減や無駄の削除を徹底的に行うことで、純利益を伸ばすなど、健全かつ効率的な業務への改善を進めているようです。非資源分野への重点投資と業務の効率化の甲斐もあり、2016年には連結純利益で総合商社トップに上り詰めました。

「個人の力」を重視する企業文化

伊藤忠商事は「個人の力」を重視する企業文化を持っています。実際に、伊藤忠商事の社員数は主要財閥系商社の7割と少数精鋭を徹底しており、若手のうちから大きな仕事を任せられることも有るようです。

また、伊藤忠商事は「厳しくとも、働きがいのある会社」を目指しているだけあり、入社後は大きな責任を伴うような仕事も多いようですが、報酬は商社業界でもトップクラスです。そのため、厳しい環境下でも自分を成長させ、大きな成功を収めたいたいというような人におすすめの企業あると言えます。

まとめ

以上、『伊藤忠商事の平均年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ』でした。企業の平均年収や平均年齢などのデータから、今後のキャリアに繋がる意思決定の材料としてお役に立てていれば幸いです。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら