三井物産の年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ!

三井物産の平均年収や平均勤続年数、年代・役職別ボーナスの金額などをまとめました。有価証券報告書や国税調査などの情報をベースに算出した総定年収ですが、就職や転職、進路に迷っている方はこの記事を参考にしてみてください。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

三井物産の平均年収の推移

年度平均年収平均年齢平均勤続年数従業員
2018年¥14,300,00018.0歳6.0年42人
2017年¥14,199,00042.1歳18.0年5,859人
2016年¥12,135,00042.4歳18.91年5,971人
2015年¥13,633,00042.4歳18.83年6,006人
2014年¥13,613,00042.4歳18.91年6,085人
2013年¥13,515,00042.4歳19.1年6,160人
2012年¥13,632,00042.5歳19.1年6,212人

三井物産の年収と基本情報

平均年収
1,430万円
平均年収ランキング12
平均年齢
18.0
平均年齢ランキング3547
平均勤続年数
6.0
平均勤続年数ランキング2932
従業員数
42
従業員数ランキング3157

三井物産の会社情報

商号三井物産
URLhttps://www.mitsui.com/jp/ja/index.html
創業昭和22年7月
業種卸売、商社
所在地栃木県

三井物産の事業概要

鉄鋼製品、金属資源、プロジェクト、機械・輸送システム、化学品、エネルギー、食料、流通事業、ヘルスケア・サービス事業、コンシューマービジネス事業、ICT事業、コーポレートディベロップメントの各分野において、全世界に広がる営業拠点とネットワーク、情報力などを活かし、多種多様な商品販売とそれを支えるロジスティクス、ファイナンス、さらには国際的なプロジェクト案件の構築など、各種事業を多角的に展開。
参照:https://www.mitsui.com/jp/ja/index.html

三井物産の世代別平均年収の推移

年齢年収月収賞与(2回分)
20~24¥9,246,380--
25~29¥10,806,510¥675,406¥2,701,627
30~34¥12,491,050¥780,690¥3,122,762
35~39¥13,926,770¥870,423¥3,481,692
40~44¥15,318,159¥957,384¥3,829,539
45~49¥16,842,540¥1,052,658¥4,210,635
50~54¥17,820,660¥1,113,791¥4,455,165
55~59¥17,483,180¥1,092,698¥4,370,795
60~64¥13,606,450¥850,403¥3,401,612
65~69¥13,095,940¥818,496¥3,273,985
上記のデータは賞与を月収×4ヶ月分(夏・冬)と仮置きして算出しています。

三井物産の推定生涯賃金

三井物産
6億8640万円
一般的な生涯賃金
2億1803万円

三井物産の詳しい年収

役職別推定年収

  • 部長クラス
    2643万円
  • 課長クラス
    2110万円
  • 係長クラス
    1572万円

学歴別推定年収

  • 大学卒
    1430万円
  • 高専・短大卒
    1095万円
  • 高卒
    1030万円

雇用形態別の推定年収

正社員
1430万円
非正規社員
772万円

三井物産と他の比較

年収ランキング

  • 上場企業ランキング
    12
  • 業界別ランキング流通
    2
  • 業種別ランキング卸売、商社
    2
  • 都道府県別ランキング栃木県
    8

年収偏差値

  • 上場企業偏差値
    91.8
  • 業界別偏差値流通
    99.0
  • 業種別偏差値卸売、商社
    92.0
  • 都道府県別偏差値栃木県
    89.7

三井物産と平均年収の近い企業

  1. 1
    M&Aコンサルティング
    2478
    万円
  2. 2
    機械
    2110
    万円
  3. 3
    M&Aコンサルティング
    2063
    万円
  4. 4
    M&Aコンサルティング
    1777
    万円
  5. 5
    化学品
    1738
    万円
  6. 6
    総合不動産業
    1636
    万円
  7. 7
    TV
    1586
    万円
  8. 8
    卸売、商社
    1520
    万円
  9. 9
    TV
    1515
    万円
  10. 10
    不動産業
    1501
    万円
  11. 11
    医薬品、健康食品
    1460
    万円
  12. 13
    ゲーム
    1429
    万円
  13. 14
    M&Aコンサルティング
    1413
    万円
  14. 15
    TV
    1411
    万円
  1. 3675
    小売
    296
    万円
  2. 3676
    運用、管理
    283
    万円
  3. 3677
    警備
    260
    万円

三井物産の雇用条件

三井物産の雇用条件について、マイナビや企業の採用ページなどを参考に掲載しています。担当職の初任給は学部卒で255,000円ですが、年に2回のボーナスがあるので、パッと見た感じよりも年収は高く、残業代を含む三井物産担当職の1年目の年収は438万円を超えて来るでしょう。

また、業務職の初任給は210,000ですが、年に2回のボーナスと残業代を含めると、業務職の1年目の年収は360万円を超えてくるでしょう。

初任給

総合職(担当職)

修士了290,000円
学部卒255,000円

総合職(業務職)

大学、大学院卒210,000円

昇給・賞与等

諸手当残業手当、交通費全額支給
昇給あり
賞与年2回
福利厚生各種社会保険完備、退職金制度、独身寮、保養場他

参考

  1. マイナビ 三井物産の採用ページ
  2. 三井物産公式採用ページ

三井物産の採用情報

三井物産に入社するためにはどうすれば良いのでしょうか。三井物産が社員に求める学歴や求める人材のポイントを確認しましょう。

学歴

三井物産の就職は、大学、大学院卒がメインになります。内定者の学歴に関しては、「東京大学」「京都大学」「慶應義塾大学」といった高偏差値大学所属が多いようです。

また、「立教大学」や「法政大学」などのGMARCHクラスの学生も採用しているようです。採用実績から読み取れる学歴フィルターはおそらく「GMARCH」が通るか通らないかのラインが妥当でしょう。

求める人材

三井物産の公式採用ページに記載されている三井物産の人事開発室長の古川さんのメッセージによると、以下の3つが三井物産の必要としている人材だそうです。

  1. 人間的な魅力がある人
  2. 好奇心を持って自ら考えて行動する人
  3. 泥臭くても、荒削りでも、やり遂げてみたいという強い想いを抱いている人

三井物産は「挑戦と創造」という言葉をDNAとして掲げており、どんな困難な状況でもやり遂げようという気概を持った「真の挑戦者」と「強い個」を求めています。

そして、三井物産では、世界を舞台に様々な人と関わり合いながら困難なプロジェクトを進めていくことになるので、本気で三井物産で様々なことに挑戦したいという人におすすめの企業です。

語学力

三井物産は採用段階では、語学力の有無が選考結果に影響することは無いようですが、選考後から入社までの間にtoeicのスコアで730点を取得することを推奨しています。

三井物産の良い点(魅力)

三井物産の良い点(魅力)は、総合商社ならではの世界を舞台としたダイナミックな事業内容と三井物産のDNAにあります。

世界を舞台としたダイナミックな事業内容

三井物産は三菱商事住友商事伊藤忠商事丸紅と並び、5大商社の一角を担っている日本を代表する総合商社です。その中でも、三井物産は、エネルギー分野と金属分野に強みを持っています。

具体的には、エネルギー分野では、石油や天然ガスなどの事業投資や物流投資、金属分野では、鉄鋼製品・金属資源における事業投資・開発やトレーディングをしています。特に金属分野では、資源の開発から、製品に加工するまでを一貫して三井物産で担うことでバリューチェーンを構築しているのです。

また、エネルギーや金属分野に関わらず、総合商社の事業形態である「事業投資」と「トレーディング」は世界を舞台にして行うビジネスモデルになるため、三井物産の社員も世界を舞台にして活躍しています。

三井物産の「挑戦と創造」を重んじるDNA

三井物産は「挑戦と創造」という言葉をDNAとして掲げています。実際、総合商社は、新たな事業モデルの創造に前向きに取り組んでおり、三井物産も「挑戦と創造」という言葉を掲げ、新たな事業モデルの確立に取り組んでいるのです。

そのため、大きな夢や野望を持って新たなビジネスを創造していきたいというような気概を持った人には、魅力的な企業であると言えるでしょう。

まとめ

以上、『三井物産の平均年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ』でした。企業の平均年収や平均年齢などのデータから、今後のキャリアに繋がる意思決定の材料としてお役に立てていれば幸いです。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら