大和証券グループ本社の年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ!

大和証券グループ本社の平均年収や平均勤続年数、年代・役職別ボーナスの金額などをまとめました。有価証券報告書や国税調査などの情報をベースに算出した総定年収ですが、就職や転職、進路に迷っている方はこの記事を参考にしてみてください。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

大和証券グループ本社の平均年収の推移

年度平均年収平均年齢平均勤続年数従業員
2018年¥10,569,22141.9歳15.1年4人
2017年¥10,451,10941.9歳15.0年3人
2016年¥10,723,70742.1歳15.3年4人
2015年¥12,121,32242.0歳15.4年4人
2014年¥11,705,80741.8歳15.3年6人
2013年¥11,527,06441.2歳14.8年9人
2012年¥8,875,79840.5歳14.3年8人

大和証券グループ本社の年収と基本情報

平均年収
1,056万円
平均年収ランキング75
平均年齢
41.9
平均年齢ランキング1431
平均勤続年数
15.1
平均勤続年数ランキング1375
従業員数
4
従業員数ランキング3608

大和証券グループ本社の会社情報

商号大和証券グループ本社
URLhttp://www.daiwa.jp/
創業平成11年4月
業種証券、商品先物取引
所在地栃木県

大和証券グループ本社の事業概要

有価証券等の売買、有価証券等の売買の媒介、取次又は代理、有価証券の引受等の金融商品取引業及びそれに付帯する事業
参照:http://www.daiwa.jp/

大和証券グループ本社の世代別平均年収の推移

年齢年収月収賞与(2回分)
20~24¥6,834,058--
25~29¥7,987,160¥499,197¥1,996,790
30~34¥9,232,214¥577,013¥2,308,053
35~39¥10,293,364¥643,335¥2,573,341
40~44¥11,321,749¥707,609¥2,830,437
45~49¥12,448,428¥778,026¥3,112,107
50~54¥13,171,363¥823,210¥3,292,840
55~59¥12,921,929¥807,620¥3,230,482
60~64¥10,056,613¥628,538¥2,514,153
65~69¥9,679,292¥604,955¥2,419,823
上記のデータは賞与を月収×4ヶ月分(夏・冬)と仮置きして算出しています。

大和証券グループ本社の推定生涯賃金

大和証券グループ本社
5億732万円
一般的な生涯賃金
2億1803万円

大和証券グループ本社の詳しい年収

役職別推定年収

  • 部長クラス
    1953万円
  • 課長クラス
    1560万円
  • 係長クラス
    1162万円

学歴別推定年収

  • 大学卒
    1056万円
  • 高専・短大卒
    809万円
  • 高卒
    761万円

雇用形態別の推定年収

正社員
1056万円
非正規社員
571万円

大和証券グループ本社と他の比較

年収ランキング

年収偏差値

大和証券グループ本社と平均年収の近い企業

  1. 1
    M&Aコンサルティング
    2478
    万円
  2. 2
    機械
    2110
    万円
  3. 3
    M&Aコンサルティング
    2063
    万円
  1. 68
    医薬品、健康食品
    1076
    万円
  2. 69
    銀行
    1071
    万円
  3. 70
    医薬品、健康食品
    1071
    万円
  4. 71
    銀行
    1067
    万円
  5. 72
    戦略コンサルティング
    1067
    万円
  6. 73
    広告、PR
    1064
    万円
  7. 74
    飲料品製造
    1061
    万円
  8. 76
    医薬品、健康食品
    1054
    万円
  9. 77
    銀行
    1054
    万円
  10. 78
    機械
    1053
    万円
  11. 79
    損害保険
    1053
    万円
  12. 80
    建設、総合建設
    1052
    万円
  13. 81
    TV
    1051
    万円
  14. 82
    建設、総合建設
    1051
    万円
  1. 3675
    小売
    296
    万円
  2. 3676
    運用、管理
    283
    万円
  3. 3677
    警備
    260
    万円

大和証券グループ本社の雇用条件

大和証券グループ本社の雇用条件について、マイナビや企業の採用ページなどを参考に掲載しています。総合職、エリア総合職の初任給は学部卒で255,000円ですが、年に2回のボーナスがあるので、パッと見た感じよりも年収は高く、残業代を含む大和証券グループ本社総合職、エリア総合職の1年目の年収は438万円を超えて来るでしょう。

また、専任職(大和証券ビジネスセンター)の初任給は学部卒で227,000円ですが、年2回のボーナスと残業代を含めると、大和証券グループ本社専任職(大和証券ビジネスセンター)の1年目の年収は390万円を超えてくるでしょう。

初任給

総合職、エリア総合職

大学、大学院卒255,000円

専任職(大和証券ビジネスセンター)

大学、大学院卒227,000円

昇給・賞与等

諸手当通勤、超過勤務、家族、昼食手当、寮・住宅補助(※)保育施設費用補助、出産一時金(1・2人目62万円、3人目以降別途お祝い金200万円)など
※エリア総合職の社宅利用・住宅手当支給については、主たる生計者で、扶養親族を有する場合に適用されます。
昇給年1回(6月)
賞与年2回(6月・12月)
福利厚生保養所(グアム、浦安、軽井沢、蓼科など)、社内イベント支援制度、クラブ活動支援制度、企業年金、各種法人契約(レジャー、スポーツクラブ、映画等の割引利用)、健康増進(定期健診、人間ドッグなど)、ベビーシッター制度

参考

  1. マイナビ 大和証券グループ本社の採用ページ
  2. 大和証券グループ本社公式採用ページ

大和証券グループ本社の採用情報

大和証券グループ本社に入社するためにはどうすれば良いのでしょうか。大和証券グループ本社が社員に求める学歴や求める人材のポイントを確認しましょう。

学歴

大和証券グループ本社の就職は、大学卒の文系がメインになります。内定者の学歴に関しては公表されていませんが、有名企業なので全国の有名大学からの応募があると予想できます。

求める人材

大和証券グループ本社は求める人材像を公表していませんが、大和証券グループ本社「Passion for the Best」というスローガンから、情熱を持って仕事をしてくれそうな人材を求めていると考えられます。

語学力

大和証券グループ本社の採用の際に語学力が応募条件になるということはありませんが、「日本及びアジアを代表する総合証券グループ」となるために、グローバルに活躍できる人材の確保にも積極的に取り組んでいるようです。

そのため語学力があると、面接の際にアピールポイントにすることができると思われるので、学生の間に語学力を高めていおくと良いでしょう。

大和証券グループ本社の良い点(魅力)

大和証券グループ本社の良い点(魅力)は、創業当時からのパイオニア精神個を成長させられる環境がある点です。

創業当時からのパイオニア精神

実際に大和証券グループ本社のパイオニア精神の例として、国内初のインターネットを用いた株式取引の導入や、開発途上国の人たちの支援などのを目的とした社会貢献型の金融商品である「インパクト・インベストメント」の開発・販売があげられます。

また、大和証券グループ本社では大和ネクスト銀行の開業に伴って、銀行ビジネスにも参入したことで顧客に対して提案できる商品の幅や機会が広がり、独自のビジネスモデルを築いています。

個を成長させられる環境

海外を含めた幅広いキャリアフィールドの中で活躍し、個の力を高められるのも、大和証券グループ本社の魅力の1つです。成果主義を取っているため、幅広いフィールドの中で自分を高め、プロフェッショナル人材として結果を出し続けたいという情熱を持っている人に魅力的な企業であると言えます。

まとめ

以上、『大和証券グループ本社の平均年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ』でした。企業の平均年収や平均年齢などのデータから、今後のキャリアに繋がる意思決定の材料としてお役に立てていれば幸いです。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら