日本取引所グループの年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ!

日本取引所グループの平均年収や平均勤続年数、年代・役職別ボーナスの金額などをまとめました。有価証券報告書や国税調査などの情報をベースに算出した総定年収ですが、就職や転職、進路に迷っている方はこの記事を参考にしてみてください。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

日本取引所グループの平均年収の推移

年度平均年収平均年齢平均勤続年数従業員
2018年¥10,236,02542.8歳17.3年189人
2017年¥10,141,64743.5歳17.9年193人
2016年¥10,126,28743.3歳18.0年197人
2015年¥10,107,88144.5歳19.7年208人
2014年¥9,753,77744.5歳19.8年219人
2013年¥9,753,03643.7歳19.0年209人
2012年¥8,946,29243.0歳18.4年204人

日本取引所グループの年収と基本情報

平均年収
1,023万円
平均年収ランキング91
平均年齢
42.8
平均年齢ランキング1052
平均勤続年数
17.3
平均勤続年数ランキング719
従業員数
189
従業員数ランキング2278

日本取引所グループの会社情報

商号日本取引所グループ
URLhttp://www.jpx.co.jp/corporate/index.html
創業平成25年1月
業種証券、商品先物取引
所在地栃木県

日本取引所グループの事業概要

日本取引所(にっぽんとりひきじょ)グループは、東京証券取引所グループと大阪証券取引所が2013年1月に経営統合して誕生しました。市場利用者の皆様がいつでも安心して有価証券の取引ができるよう、子会社・関連会社を含めたグループ全体で、取引所金融商品市場の開設・運営に係る事業を行っています。
参照:http://www.jpx.co.jp/corporate/index.html

日本取引所グループの世代別平均年収の推移

年齢年収月収賞与(2回分)
20~24¥6,618,613--
25~29¥7,735,364¥483,460¥1,933,841
30~34¥8,941,167¥558,822¥2,235,291
35~39¥9,968,864¥623,054¥2,492,216
40~44¥10,964,829¥685,301¥2,741,207
45~49¥12,055,990¥753,499¥3,013,997
50~54¥12,756,134¥797,258¥3,189,033
55~59¥12,514,564¥782,160¥3,128,641
60~64¥9,739,577¥608,723¥2,434,894
65~69¥9,374,151¥585,884¥2,343,537
上記のデータは賞与を月収×4ヶ月分(夏・冬)と仮置きして算出しています。

日本取引所グループの推定生涯賃金

日本取引所グループ
4億9132万円
一般的な生涯賃金
2億1120万円

日本取引所グループの詳しい年収

役職別推定年収

  • 部長クラス
    1892万円
  • 課長クラス
    1510万円
  • 係長クラス
    1125万円

学歴別推定年収

  • 大学卒
    1023万円
  • 高専・短大卒
    784万円
  • 高卒
    737万円

雇用形態別の推定年収

正社員
1023万円
非正規社員
553万円

日本取引所グループと他の比較

年収ランキング

年収偏差値

日本取引所グループと平均年収の近い企業

  1. 1
    M&Aコンサルティング
    2478
    万円
  2. 2
    機械
    2110
    万円
  3. 3
    M&Aコンサルティング
    2063
    万円
  1. 84
    証券、商品先物取引
    1049
    万円
  2. 85
    ITサービス
    1046
    万円
  3. 86
    金属
    1044
    万円
  4. 87
    生命保険
    1038
    万円
  5. 88
    銀行
    1029
    万円
  6. 89
    半導体
    1027
    万円
  7. 90
    建設・住宅資材
    1025
    万円
  8. 92
    総合不動産業
    1022
    万円
  9. 93
    半導体
    1020
    万円
  10. 94
    銀行
    1019
    万円
  11. 95
    建設、総合建設
    1010
    万円
  12. 96
    電子・電気機器
    1010
    万円
  13. 97
    自動車、自動車部品
    1006
    万円
  14. 98
    TV
    1003
    万円
  1. 3675
    小売
    296
    万円
  2. 3676
    運用、管理
    283
    万円
  3. 3677
    警備
    260
    万円

日本取引所グループの雇用条件

日本取引所グループの雇用条件について、マイナビや企業の採用ページなどを参考に掲載しています。GSコースの初任給は学部卒で217,000円ですが、年に2回のボーナスがあるので、パッと見た感じよりも年収は高く、残業代を含む日本取引所グループGSコースの1年目の年収は372万円を超えて来るでしょう。

また、日本取引所グループSSコースの初任給は学部卒で213,500円ですが、年2回のボーナスと残業代を含めると1年目の年収は366万円を超えます。

初任給

スタッフ職(GSコース)

修士卒232,000円
学部卒217,000円

スタッフ職(SSコース)

修士卒228,500円
学部卒213,500円

昇給・賞与等

諸手当通勤費全額実費支給、時間外手当等
昇給年1回(4月)
賞与年2回(6月、12月)
福利厚生健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険、定期健康診断、育児休業制度、慶弔金制度ほか

参考

  1. マイナビ 日本取引所グループの採用ページ
  2. 日本取引所グループ公式採用ページ

日本取引所グループの採用情報

日本取引所グループに入社するためにはどうすれば良いのでしょうか。日本取引所グループが社員に求める学歴や求める人材のポイントを確認しましょう。

学歴

日本取引所グループの就職は、大学、大学院卒がメインになります。内定者の学歴に関しては、「東京大学」「お茶の水女子大学」「早稲田大学」といった高偏差値大学所属が多いようです。

また、「法政大学」や「学習院大学」などのGMARCHクラスの学生も採用しているようです。採用実績から読み取れる学歴フィルターはおそらく「GMARCH」が通るか通らないかのラインが妥当でしょう。

求める人材

日本取引所グループが求める人材は、「好奇心旺盛で、いかなる環境においてもベストを尽くそうとする強いマインドを持った行動力あふれる人」です。また、採用に関して専門や選考、文理の違いなどは一切問いません。

このことから、日本取引所グループが人材の多様性を重視しており、採用を通じて様々な人と会いたいという考えを持っていることがうかがえます。

語学力

日本取引所グループは語学力は特に求めていないようです。しかし、勤務地には海外も含まれるため、GSコース志望の人を中心に語学力があると就職後に役立つかもしれません。

日本取引所グループの良い点(魅力)

日本取引所グループの良い点(魅力)は、経済社会を支えるインフラとしての役割を担っている公共性の高さ個の力を伸ばせる環境が整っている点にあります。

経済を支えるインフラの役割

日本取引所グループの大まかな事業内容は、株式をはじめとした金融商品を取引するための市場の構築(開設・運営)であり、経済インフラを担ってます。具体的には、証券の売買審査・監理、企業の上場推進・管理、投資家などに向けた株価等の情報発信、海外に対しての日本株プロモーションなど多岐にわたる業務があるのです。

個の力を伸ばせる環境

また、国内・海外の大学院や証券会社、官公庁などへの派遣を行っているなど、社員のキャリア形成にも力を入れています。海外での勤務の可能性もあるため、世界をまたにかけて使命感を感じながら活躍したい、仕事を通じて個の力を高めたいという人にはとてもおすすめの企業であると言えます。

まとめ

以上、『日本取引所グループの平均年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ』でした。企業の平均年収や平均年齢などのデータから、今後のキャリアに繋がる意思決定の材料としてお役に立てていれば幸いです。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら