KDDIの年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ!

KDDIの平均年収や平均勤続年数、年代・役職別ボーナスの金額などをまとめました。有価証券報告書や国税調査などの情報をベースに算出した総定年収ですが、就職や転職、進路に迷っている方はこの記事を参考にしてみてください。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

KDDIの平均年収の推移

年度平均年収平均年齢平均勤続年数従業員
2018年¥9,528,10342.5歳17.7年10,968人
2017年¥9,363,39942.4歳17.6年11,037人
2016年¥9,532,13642.2歳17.4年10,916人
2015年¥9,510,04542.0歳17.3年10,775人
2014年¥9,763,07941.8歳17.0年10,671人
2013年¥9,396,97141.4歳16.8年10,739人
2012年¥9,067,54841.1歳16.5年11,231人

KDDIの年収と基本情報

平均年収
952万円
平均年収ランキング133
平均年齢
42.5
平均年齢ランキング1163
平均勤続年数
17.7
平均勤続年数ランキング659
従業員数
10,968
従業員数ランキング49

KDDIの会社情報

商号KDDI
URLhttp://www.kddi.com/
創業昭和59年6月
業種通信
所在地栃木県

KDDIの事業概要

KDDIは、「通信」を通じてお客さまの生活、ビジネスまたはコミュニケーションがより豊かになるように、お客さまへ常に新しいご提案を続けていきます。
参照:http://www.kddi.com/

KDDIの世代別平均年収の推移

年齢年収月収賞与(2回分)
20~24¥6,160,871--
25~29¥7,200,387¥450,024¥1,800,096
30~34¥8,322,797¥520,174¥2,080,699
35~39¥9,279,419¥579,963¥2,319,854
40~44¥10,206,503¥637,906¥2,551,625
45~49¥11,222,199¥701,387¥2,805,549
50~54¥11,873,921¥742,120¥2,968,480
55~59¥11,649,058¥728,066¥2,912,264
60~64¥9,065,990¥566,624¥2,266,497
65~69¥8,725,836¥545,364¥2,181,459
上記のデータは賞与を月収×4ヶ月分(夏・冬)と仮置きして算出しています。

KDDIの推定生涯賃金

KDDI
4億5734万円
一般的な生涯賃金
2億1120万円

KDDIの詳しい年収

役職別推定年収

  • 部長クラス
    1761万円
  • 課長クラス
    1406万円
  • 係長クラス
    1047万円

学歴別推定年収

  • 大学卒
    952万円
  • 高専・短大卒
    730万円
  • 高卒
    686万円

雇用形態別の推定年収

正社員
952万円
非正規社員
514万円

KDDIと他の比較

年収ランキング

  • 上場企業ランキング
    133
  • 業界別ランキング情報通信
    3
  • 業種別ランキング通信
    2
  • 都道府県別ランキング栃木県
    106

年収偏差値

  • 上場企業偏差値
    67.7
  • 業界別偏差値情報通信
    68.3
  • 業種別偏差値通信
    66.1
  • 都道府県別偏差値栃木県
    65.4

KDDIと平均年収の近い企業

  1. 1
    M&Aコンサルティング
    3109
    万円
  2. 2
    機械
    2110
    万円
  3. 3
    M&Aコンサルティング
    2063
    万円
  1. 126
    金融サービス
    958
    万円
  2. 127
    海運
    958
    万円
  3. 128
    海運
    957
    万円
  4. 129
    再生エネルギー
    956
    万円
  5. 130
    プラント・エンジニアリング
    956
    万円
  6. 131
    陸運
    956
    万円
  7. 132
    運用、管理
    953
    万円
  8. 134
    設備、住宅設備
    951
    万円
  9. 135
    生命保険
    950
    万円
  10. 136
    石油
    947
    万円
  11. 137
    教材・試験制作
    945
    万円
  12. 138
    卸売、商社
    943
    万円
  13. 139
    損害保険
    943
    万円
  14. 140
    卸売、商社
    940
    万円
  1. 3675
    小売
    296
    万円
  2. 3676
    運用、管理
    283
    万円
  3. 3677
    警備
    262
    万円

KDDIの雇用条件

KDDIの雇用条件について、マイナビや企業の採用ページなどを参考に掲載しています。初任給は学部卒で220,500円ですが、年に2回のボーナスがあるので、パッと見た感じよりも年収は高く、残業代を含むKDDIの1年目の年収は378万円を超えて来るでしょう。

初任給

総合職(担当職)

博士了287,900円
修士了240,500円
学部卒220,500円

昇給・賞与等

諸手当時間外勤務手当、住宅手当、通勤手当など
昇給年1回(4月)
賞与年2回(6月・12月)
福利厚生■保険:健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険など
■財産形成:各種財形貯蓄制度、社員持株会
■共済会 :KDDIグループ共済会(相互援助給付、生活支援制度、団体保険、団体扱い生命保険、各スポーツクラブ、ゴルフ場、百貨店優持、テーマパーク・リゾート施設利用割引など)
■住宅融資:提携住宅ローン
■保養施設:全国約75カ所の契約保養所など

参考

  1. マイナビ KDDIの採用ページ
  2. KDDI公式採用ページ

KDDIの採用情報

KDDIに入社するためにはどうすれば良いのでしょうか。KDDIが社員に求める学歴や求める人材のポイントを確認しましょう。

学歴

KDDIの就職は、大学、大学院卒がメインになります。社員の学歴に関しては公表されていませんが、日本を代表する有名企業であることを考えると、有名大学の学生を多く採用していると予想できます。

求める人材

KDDIが求める人材とは、「柔軟な発想力を持って、自分で新しいビジネスモデルを創造し、お客様に体験価値として伝えていけるような人材」です。

KDDIは現在、通信会社ではなくライフデザイン企業への変革を目指しており、KDDIの持つ通信技術を活かして通信以外のあらゆるサービスを提供していこうと考えています。そのため、KDDIを志望している人にも、時代の変化を楽しむことができ、新たな価値を社会に提案していける人材を求めています。

語学力

KDDIは採用時点において、志望者にtoeicの受験を推奨していますが、具体的なスコアを基準にした採用の合否判断はしていないようです。しかし、KDDIはグローバル化を推し進めていたり、英語力のアップに力を入れているようなので、学生のうちに英語力を磨き、toeicでハイスコアを取ることをおすすめします。

KDDIの良い点(魅力)

KDDIの良い点(魅力)は、国内の通信インフラを支える安定性と成長性にあります。

国内通信業界の売上高シェア率トップ3の一角を担う安定性

KDDIは国内の通信業界において、NTT、ソフトバンクとともに売上高シェア率トップ3に輝いています。そして、KDDIの携帯ブランドであるauは約3900万人の人に使われており、国内の通信インフラを支えていると言えるでしょう。

通信サービスに付加価値をもたらす新たな取り組みと成長性

KDDIは事業戦略における中期目標として、「国内通信事業の持続的成長」、「au経済圏の最大化」、「グローバル事業の積極展開」の3つを掲げています。この3つに共通することは、社会に新たな価値体験を提供することです。

具体的には、IoTの取り組み強化であったり、auの契約者向けに、総合ショッピングモール「Wowma!」を通じた商品の販売や生命保険・損害保険・住宅ローンといった金融商品の販売など、通信サービス以外のサービスにも注力していくそうです。

これから、海外でも通信ビジネスを中心に事業の展開を進めていくようなので、KDDIで世界を舞台に、通信事業を活かした新たなビジネスモデルを考案することで社会に価値を提案したいという人におすすめの企業であると言えます。

まとめ

以上、『KDDIの平均年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ』でした。企業の平均年収や平均年齢などのデータから、今後のキャリアに繋がる意思決定の材料としてお役に立てていれば幸いです。
本記事で掲載しているデータは各企業が提出する最新の「有価証券報告書」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら