高校生におすすめのアルバイト5選!勉学と両立できるバイトを探そう

最終更新日: 2019/11/19 10:09
お金の計算をする男性

本記事では、高校生におすすめのアルバイトを5つ紹介しています。高校の勉強と両立できるかどうか、高校生でも働きやすいかどうかを第一の基準として選んでいますので、バイト選びに迷っている高校生の方はぜひこの記事をご覧ください。

高校生におすすめのアルバイト

バイト名メリットデメリット
カフェ飲食店バイトが初めてでも仕事を覚えやすい混雑するとかなり忙しい
コンビニシフトを柔軟に入れやすい仕事内容が多すぎる
本屋本を割引で買えることもある肉体労働もある
イベントスタッフお金が必要な時に短期で働ける拘束時間が長い
海の家海を楽しみながら仕事ができる体力を消耗する

カフェ

おすすめ度こんな人に特におすすめ
★★★★・初めてだけど飲食店で働きたい
・若いスタッフが多い職場が良い

仕事内容

カフェで働くアルバイトスタッフは、主にホールスタッフとキッチンスタッフに分かれます。

ホールスタッフは、例えばお客さんを席まで案内したり、注文を聞いて料理を運んだり、店内を清掃したりするのが主な仕事内容です。キッチンスタッフは、お客さんが注文をしたコーヒーやその他の料理をマニュアルに沿って作ります。

高校生におすすめの理由

カフェは比較的メニューが少ないため、飲食店のバイトが初めてでも料理名を覚えやすいと言えます。また、業務自体もほとんどマニュアル化されているお店がほとんどです。

カフェで働いている人は高校生や大学生など若い人が多く、同年代のバイト友達が出来やすいというのも嬉しい点ですね。

デメリット

他の飲食店にも言えることですが、混雑するとかなり仕事が忙しく、多少なりとも身体的疲労はあります。身体的疲労があまりにも重なると、学業にも影響が出てしまうでしょう。

コンビニエンスストア

おすすめ度こんな人に特におすすめ
★★★・様々な業務を経験したい
・柔軟にシフトを入れたい

仕事内容

コンビニエンスストアのアルバイトは業務内容が非常に多岐に渡ります。例えば、レジ打ち、清掃、商品の陳列、惣菜の調理、公共料金の支払い代行、機械の管理、商品の発注、インターネット商品の引き渡しなど、その業務は挙げればきりがありません。

高校生におすすめの理由

コンビニバイトのメリットは、シフトの融通が利きやすいという点です。ですので、夕方からのシフトも入れやすく、学校帰りに短時間だけ勤務することも可能です。

また、コンビニは店舗数が多いので、自宅や学校近くのコンビニで働けば、部活などで忙しい高校生でも比較的働きやすいと言えるでしょう。

デメリット

コンビニバイトのデメリットは、先にも述べた通り、業務内容が非常に多岐にわたることです。マニュアルはありますが、覚えなければいけないことがかなり多いので、仕事に慣れるまでは相当な頑張りが必要でしょう。

本屋

おすすめ度こんな人に特におすすめ
★★★★★・読書が好き
・単調作業だけは嫌だ

仕事内容

本屋のアルバイトはレジ打ち、本の陳列、在庫確認、発注作業、店内清掃といった仕事内容があります。また、書店によっては買取査定作業やPOP作成といった仕事を任されることもあります。

高校生におすすめの理由

本屋で働くメリットは、本好きの仲間と一緒に働くことができたり、本を割引価格で買えたりする職場もあるという点です。読書好きの高校生には特におすすめできるアルバイトですね。

書店によっては買取査定作業やPOP作成といった単調作業だけでない仕事を任されることがあるのも、このアルバイトの面白い点です。

また、本屋のアルバイトは高校や大学から比較的プラスに見られる傾向があり、特に文学部などの推薦入試を受ける際には本屋でのバイト経験は話のネタになりやすいと言えるでしょう。

デメリット

本屋で働くデメリットはほとんどないのですが、強いて挙げるならば、本の入った重いダンボールを運んだりするといった肉体労働も業務に含まれるという点です。本屋の仕事はレジ業務や書籍の案内だけをしていればいいというイメージを持っている人は、実際に働いてから痛い目をみるでしょう。

イベントスタッフ

おすすめ度こんな人に特におすすめ
★★★★・一日だけ働きたい
・好きな歌手やスホーツ選手がいる

仕事内容

イベントスタッフの業務内容は、イベントの内容によって異なります。例えば、コンサートやライブ、スポーツの試合といった各種イベントで、お客さんの誘導やチケットの受付、グッズの販売などを行うのがアルバイトスタッフの主にやることです。

高校生におすすめの理由

イベントスタッフはその時々のイベントごとに募集されるので、普段は勉強で忙しい高校生も、夏休みや冬休みの間のみなど、長期休暇中に短期で働くことができます。すぐに給料をもらえるので、手っ取り早く一定のお金が欲しいという人にはおすすめのアルバイトです。

デメリット

イベントスタッフの大変なところは、拘束時間が長いという点です。イベントスタッフのアルバイトは日給が基本ですので、朝早くから夜遅くまで続くようなイベントだと、丸一日拘束されることになってしまいます。

海の家

おすすめ度こんな人に特におすすめ
★★★・夏休みだけ働きたい
・とにかく海が大好き

仕事内容

海の家のアルバイトスタッフは、浮き輪やビーチパラソルのレンタル受付、調理、客の呼び込み、清掃などを行います。ダイビングライセンスなどを持っていれば、インストラクターとしても活躍できます。

高校生におすすめの理由

海の家スタッフは夏のみ募集されるので、普段は勉強や部活動で忙しい高校生も夏休み期間中に短期でアルバイトをすることができます

また、海の家のスタッフとして働くと、仕事終わりにバイト仲間で様々なマリンスポーツを楽しむことができます。海や夏が好きな人にとっては、お金を稼ぎながら夏をエンジョイできる最高のアルバイトだと言えるでしょう。

デメリット

海の家スタッフは当然ながら海で働くので、都心部などから通う場合、移動が大変だというのがまずデメリットとして挙げられます。(交通費はちゃんと支給されるところがほとんどです)

また、海の家の仕事は朝早く、暑さも厳しい場所で一日中働くので、非常に体力を消耗するアルバイトだということは覚悟しておきましょう。

まとめ

以上「高校生におすすめのアルバイト5選」でした。お気に入りのアルバイトは見つかったでしょうか。

高校生はまずは勉強が優先的にやるべきことですので、アルバイトが勉学の支障になってしまわないように、アルバイトに応募する際は親や学校の先生とよく相談して慎重に決めるようにしましょう。

この記事があなたのアルバイト選びの一助となれば幸いです。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら