高校生活がつまらない人に伝えたい日々を楽しむ方法

最終更新日: 2019/12/02 14:03

高校生ってドラマや漫画で楽しいイメージがあったのに、実際に高校に通ってみたらなんか思ったよりもつまらない……そう思っていませんか?

当記事では、そんな高校生のために高校生活を楽しむ方法について解説しています。つまらない日々をただ漠然と過ごしているのが嫌な高校生の方は参考にしてみてください。

なぜ高校生活がつまらないのか

つまらない理由として考えられるのは?

  1. 授業が面白くない
  2. 部活が楽しくない
  3. 友達がいない
  4. 好きな人がいない
  5. バイトをしてない
  6. 趣味がない

高校生活がつまらない理由として考えられるのは人それぞれですが、主に上記のことが原因である場合が多いです。特に授業と部活は高校生活の大部分を占める時間なので、つまらないと勉強と部活と家の往復を繰り返すだけの人生に疲れてしまい、今過ごしている時間が無意味に思えてしまうことでしょう。

また、高校に入ったら自然と彼氏彼女や友達ができて楽しく過ごせるイメージがあったのに、実際に入学してみてみたらそうでもなくがっかりしているという人もいるかもしれません。少しでも楽しい高校生活にするには一体どうしたらいいのでしょうか。下記で解説してまいります。

つまらない高校生活を楽しくするには

目標を作って達成のために過ごそう

高校生活がつまらない人は何か目標を作って、その達成のために高校生活を過ごすとよいでしょう。いい大学に行って優秀な人たちと出会いたいからそのために勉強を頑張る、もしくは部活で優れた成績を残すなど。夢中になれる目標が何かあると高校生活へのモチベはぐっと上昇します。

あまり理想を持ちすぎないようにしよう

高校生活がつまらなく感じる人は、現実の高校生活に理想とのギャップがあるので余計につまらなく感じるのではないでしょうか。無理に楽しもう、充実させようと思うとかえって空回りしてしまうので、現実の高校生活なんてこんなものだと思って気楽に過ごしましょう。

学校以外の場所で居場所を作ろう

高校生活がつまらない人は、学校以外の場所で居場所を作るのもおすすめです。バイト先やネット、趣味の界隈など、居場所になり得るのは高校だけではありません。例えばネットを見てみると同じように学校がつまらないと思っている高校生がたくさんいるので、同じ境遇にいる人同士なら交流しやすく新たな居場所になることでしょう。

誰かに相談してみよう

高校生活がつまらないという思いを誰か他の人に聞いてもらえると、鬱屈とした気分が晴れ気持ちの切り替えに繋がりますよ。相談する相手は友達や家族、もしくは学校の相談室で聞いてもらってもいいですね。相談室に行くのは最初は恥ずかしいかもしれませんが、親身に話を聞いてもらえるので印象が変わることでしょう。

まとめ

実際の高校生活は漫画やドラマで見るような華やかなものではないので、理想と現実の差に落胆しつまらなく感じてしまうかもしれません。ですが、つまらないままで終わるのか、それとも工夫して少しでも楽しく思えることを見つけられるかはあなた次第です。ぼんやり過ごすのではなくまずは行動を起こしてみませんか。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら