理系は高校で地学を選択すべき?おすすめの参考書と問題集も紹介!

最終更新日: 2019/12/02 14:08
高校地学

高校地学は短期間で成果の出しやすい非常にコスパの良い科目だと言えます。しかしその反面、市販の参考書や問題集が少ないという勉強のし辛さがある科目です。

この記事では、大学受験で地学を選択することによるメリットとデメリット、地学の勉強におすすめの参考書や問題集を紹介していますので、「地学を得意科目にしたい」「大学受験で地学を受けようかどうか迷っている」といった高校生の方はぜひご覧ください。

大学受験における高校地学の特徴

地学とは

地学とはその名の通り地球や宇宙について学ぶ科目です。例えば、「地質」「気象」「海洋」「地震」「地球史」「天文」といった分野を高校地学では学びます。

地学の特徴

高校地学には以下のような特徴があります。

  • 計算量も暗記量もそれほど多くないので短期間で仕上がる
  • 私大の一般入試や国公立大の二次試験で受験できる大学が少ない
  • 参考書や問題集が非常に少ない

地学のメリット

地学は高校理科4科目の中では、比較的計算が少なく、どちらかと言えば暗記寄りの科目だと言えます。かといって、覚える量も生物よりは少ないため、短期間の勉強で合格レベルまで仕上げることが可能です。

こうした理由から、文系受験生にとって、地学は高校理科の中で最もコスパは良い科目だと言えるでしょう。

地学のデメリット

地学のデメリットは、物理・化学・生物と比べると、私大の一般入試や国公立大の二次試験で地学を受験できる大学が少ないということです。

そのため、必然的に地学に関する参考書や問題集、予備校の授業も非常に少ないのも難点だと言えるでしょう。(国公立二次試験用の参考書などは皆無といって良い)

こうした理由から、地学はセンター試験で理科を選択しなければならない文系受験生が受けることがほとんどです。理系の場合は、地学という選択肢はまず考えません。

化学がよほど苦手なのであれば、100歩譲って「物理・地学」という組み合わせで受ける選択肢もあるでしょうが、やはり総じてデメリットの方が大きいため、理系受験生には地学はおすすめできません

文系受験生はいつから地学の勉強を始めるべき?

文系受験生にとって地学は多くの時間をかけるべき科目ではありません。9〜10月の間にセンター用の参考書を1冊勉強し、それから本番までにセンター地学基礎の過去問を10年分くらい解けば十分でしょう。

地学のおすすめ参考書&問題集

地学基礎の点数が面白いほどとれる本

「地学基礎の点数が面白いほどとれる本」は、過去のセンター地学基礎の出題傾向を徹底分析し、文系受験生でも短期間で高得点がとれるように作られている参考書です。

地学は確かに暗記重視科目ではありますが、センター地学基礎では、単なる暗記で対応できる問題のみならず、複数の知識を組み合わせた複合問題、図やグラフなどを用いた応用問題なども出題されます。

この参考書は、必要な知識や現象のメカニズムをきちんと理解し、こうした問題に対処できるように、丁寧で分かりやすい解説で構成されています。更に、実戦力を身につけるために良質な過去問を数多く厳選し、それぞれに詳しい解説が載っていますので、より効果的にセンター地学基礎の対策ができます。

文系受験生であれば、センター地学基礎の対策はこの参考書1冊の内容をマスターして、センターの過去問を10年分くらい繰り返し解けば十分でしょう。




短期攻略センター地学基礎

「どうしてもセンター地学基礎で高得点を取りたい」という高校生で、尚且つある程度の時間的余裕がある人は、この問題集を合わせて学習しても良いでしょう。

「短期攻略センター地学基礎」は、センター試験で過去に出題された問題とオリジナル問題の全63問により構成されています。

単なる答えの出し方だけではなく、基本事項の考え方、関連する要点なども丁寧に説明されています。正解の選択肢だけでなく、不正解の選択肢についても説明されているので「なぜ間違えたのか」ということが非常に理解しやすいです。




もういちど読む数研の高校地学

理系受験生であれば、「地学基礎」に加えて「地学」の内容まで必要なので、この参考書の内容まで全てマスターしなければいけません。

受験生をターゲットとした本ではありませんが、現状「地学基礎」と「地学」の両方をカバーした参考書は、この本とひとりで学べる地学ぐらいしかありません。にも関わらず、東大などの難関国公立大だとこの本だけではとても対応できないでしょう。

ですから理系受験生には地学はおすすめできないのですが、どうしても難関国公立大学の二次試験で地学が必要なのであれば、予備校などの授業を受けて対策するのが良いでしょう。




まとめ

ここまで大学受験における地学のメリットやデメリット、地学の勉強におすすめの参考書と問題集に関して紹介してきました。

文系受験生にとって、地学は長期間かけて勉強するような科目ではありません。そのため、何冊も参考書や問題集を買うのではなく、1、2冊の本を繰り返し解き直す方が大切だと言えるでしょう。

この記事があなたの科目選択や参考書選択の一助となったのであれば幸いです。

高校の勉強に関する記事一覧

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら