高校生でぼっちだった人の特徴と乗り越え方

最終更新日: 2019/12/02 18:43

ぼっちとは「一人ぼっち」が語源で、友達が少なくいつも一人でいる様子を指す言葉です。楽しいはずの高校生活でぼっちになってしまうのはつらいですよね。

当記事では高校生でぼっちだった人はどういう特徴があるのか、ぼっちの状況からの乗り越え方について解説しています。高校に入ってからぼっちになりたくない中学生や、ぼっちから脱却したい高校生は参考にしてみてください。

高校生でぼっちだった人の特徴

授業や行事をサボりがち

高校生でぼっちだった人の特徴として、授業や行事をサボることが多いという点が挙げられます。面倒なことや嫌なことに参加したくない気持ちはわかりますが、クラスメイトと交流する機会を失えば失うほど、人とのコミュニケーションの機会を失って自分のぼっちも加速していまいます。

部活に入っていない

高校生でぼっちだった人は部活に入っていない場合も多いです。部活は高校生活において、授業と同程度を占める時間になります。その間、部活の仲間と過ごさないでまっすぐ家に帰っているとぼっちになってしまうのは必然的ですね。

バイトをしていない

バイトをしている高校生は、バイトを通じて様々な人と関わっているためある程度社会性が鍛えられている場合が多いです。逆にバイトをしていない高校生はもともと社会性がまだ備わっていない場合があり、コミュニケーション力もどちらかといえば低い傾向にあります。

人とのコミュニケーションが苦手

コミュニケーションが苦手で、人との会話を避けたがるのもぼっちの人の特徴です。また、目と目を合わそうとしなかったり、もごもごと聞き取りづらい喋り方をしてしまうのもぼっちの高校生には少なくありません。

いつも表情が硬い

表情が硬い人と、ニコニコしている人だったらどちらが話しかけたくなるでしょうか。表情が硬いと近寄りがたい雰囲気を放ってしまうためぼっち化に繋がってしまいます。他人から見た自分の印象を意識してみましょう。

高校生活はぼっちだと不利?

ぼっちじゃないほうが楽しいし、お得

普段の高校生活においては、ぼっちは致命的というほど不利ではありません。ですが、ぼっちよりは友達が多いほうが楽しいのはもちろん、人脈が広いと入ってくる情報も多くなるため視野が広がってお得です。

二人一組で何かをしなければならないときなど、必要なときだけ誰かと交流するというのはもったいないです。せっかくの高校生活を共に過ごす仲間で、学校にもよりますが人数もたくさんいるので、少しでも友達を増やせたら嬉しいですよね。

高校時代にできた友達が、一生ものの友人になることだって十分ありえる話です。

高校生ぼっちの乗り越え方

授業や行事をサボらずに参加する

学校の授業や行事をサボらないことはぼっち回避を目指すにおいて最も重要です。特に入学したての1年生のうちは極力皆勤を目指すようにしたいですね。授業やその合間の休み時間がクラスメイトとの交流のきっかけになるのはもちろん、学校行事ではクラスメイト以外の人たちとも交流できるチャンスなので、サボり癖がつかないようにしましょう。

部活に入ってみる

部活もクラスメイトではない人たちと交流できる場です。高校生ぼっちから脱するために、部活に入っていない人は今からでも部活を始めてみましょう。ハードな運動部が苦手なら文化系やまったりエンジョイの部活でも構いません。

バイトを始めてみる

バイトにはお金を稼ぐだけでなく社会性やコミュニケーションを学べるというメリットもあります。バイトは学校とは関係ないので、厳密には高校生活においてのぼっち脱却にはならないかもしれませんが、学校ではぼっちでもバイト先に居場所があると思うと気が楽になるものですよ。

いつも笑顔を意識する

普段から楽しいことを考えるなどして話しかけやすい雰囲気を作り、人とのコミュニケーションを恐れずに目を合わせてハキハキと喋ることを意識してみましょう。ただし、ニヤニヤとニコニコは違うので不審者にはならないように……。

気にしないで生活する!

高校の同級生やクラスメイトは自分で選べるものではないので、どうしても気が合わない人ばかりでぼっち不可避という人もいるかもしれません。それならいっそのことぼっちを気にしないタフさを身につけるという目標に切り替えてみるのもよいでしょう。

筆者は高校時代は友達が少なくぼっちになることもよくありましたが、大学に入学してからは多くの友達ができました。なので、いい友達を作るという目標を持って優秀な大学を目指してみるのはどうでしょうか。高校で友達ができなかったから大学でもできないということはありませんよ。

まとめ

高校でぼっちだった人の特徴をご紹介しましたが、みなさんはどれぐらい当て嵌まっていましたか?ぼっちからの乗り越え方もあわせてご紹介しましたので、ぼっちにはなりたくない、もしくはぼっちから脱却したいという方の参考になれば幸いです。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら