いなべ総合学園高校(三重県)の偏差値・部活動・大学進学実績データベース

1,066 Views

いなべ総合学園高校の偏差値をランキング形式で掲載。また進路実績、強い部活などをまとめたデータベースです。いなべ総合学園高校の受験を考えている方や保護者、いなべ総合学園高校のランク(ランキング)を知りたい方は、この記事を参考にしてみてください。

いなべ総合学園高校の偏差値

いなべ総合学園高校の偏差値は49

いなべ総合学園高校の偏差値は、総合コースが「49」です。
学科偏差値
総合49

いなべ総合学園高校の偏差値ランキング

三重県偏差値ランキングでの順位

全体
37位/70校
公立
25位/55校

全国偏差値ランキングでの順位

全体
2366位/4407校
全国 / 公立
1436位/3184校

いなべ総合学園高校と偏差値の近い三重県の高校

  1. 1
    公立
    72 ~ 69
  2. 2
    公立
    68 ~ 64
  3. 3
    公立
    68 ~ 61
  1. 30
    公立
    51
  2. 31
    公立
    51 ~ 46
  3. 32
    公立
    51 ~ 45
  4. 33
    公立
    51 ~ 45
  5. 34
    私立
    51 ~ 44
  6. 35
    国立
    50 ~ 49
  7. 36
    公立
    50 ~ 45
  8. 38
    公立
    49 ~ 43
  9. 39
    公立
    48 ~ 45
  10. 40
    私立
    46 ~ 41
  11. 41
    公立
    46 ~ 41
  12. 42
    公立
    46 ~ 40
  13. 43
    公立
    45
  14. 44
    公立
    45
  1. 68
    公立
    40
  2. 69
    公立
    40
  3. 70
    公立
    40

いなべ総合学園高校の進路実績

いなべ総合学園高校の進路実績ランク

いなべ総合学園高校の進路実績

Fランク

難関大学合格者数

大学群人数
R2R1H30
東大---
京大---
旧帝大+一工---
早慶---
上理ICU---
GMARCH---
関関同立---
地方国立大---

国立大学合格者数一覧

大学名ランク人数
R2R1H30
名古屋工業大学B---
福井大学C---
徳島大学C---
三重大学C---
鳥取大学D---

私立大学合格者数一覧

大学名ランク人数
R2R1H30
青山学院大学B---
同志社大学B---
立教大学B---
法政大学B---
関西大学C---
立命館大学C---
中京大学C---
南山大学C---
名城大学C---
東洋大学D---
愛知大学D---
龍谷大学D---
近畿大学D---
名古屋外国語大学D---
中部大学D---
国士舘大学D---
椙山女学園大学D---
愛知淑徳大学D---
愛知工業大学D---
名古屋学芸大学D---
愛知学院大学E---
白百合女子大学E---
大東文化大学E---
帝京大学E---
京都外国語大学E---
大谷大学E---
帝京平成大学E---
金城学院大学E---
福井工業大学E---
大同大学E---
金沢工業大学E---
日本体育大学E---
多摩美術大学E---
名古屋学院大学E---
名古屋造形大学F---
奈良大学F---
北陸大学F---
東海学園大学F---
名古屋経済大学F---
名古屋芸術大学F---
名古屋商科大学F---
名古屋女子大学F---
同朋大学F---
山梨学院大学F---
日本福祉大学F---
至学館大学F---
名古屋文理大学F---
星城大学F---
朝日大学F---
修文大学F---
中部学院大学F---
鈴鹿医療科学大学F---
鈴鹿大学F---
四日市大学F---
愛知産業大学F---
静岡理工科大学F---
京都光華女子大学F---
愛知学泉大学F---
酪農学園大学F---
聖隷クリストファー大学F---
関西福祉科学大学F---
皇學館大学F---
洗足学園音楽大学----
大阪芸術大学----
名古屋音楽大学----

いなべ総合学園高校の主な部活動実績

現在調査中です

まとめ

以上「いなべ総合学園高校の偏差値と部活動、大学進学実績データベース」でした。高校選びや大学選びの参考になれば幸いです。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら