日比谷高校(東京都)の偏差値・部活動・大学進学実績データベース

837 Views

日比谷高校の偏差値をランキング形式で掲載。また進路実績、強い部活などをまとめたデータベースです。日比谷高校の受験を考えている方や保護者、日比谷高校のランク(ランキング)を知りたい方は、この記事を参考にしてみてください。

日比谷高校の偏差値

日比谷高校の偏差値は73

日比谷高校の偏差値は、普通コースが「73」です。
学科偏差値
普通73

日比谷高校の偏差値ランキング

東京都偏差値ランキングでの順位

全体
11位/367校
公立
2位/169校

全国偏差値ランキングでの順位

全体
49位/4407校
全国 / 公立
20位/3184校

日比谷高校と偏差値の近い東京都の高校

  1. 1
    国立
    76
  2. 2
    私立
    76
  3. 3
    国立
    76
  4. 4
    国立
    76
  5. 5
    私立
    75
  6. 6
    私立
    74
  7. 7
    公立
    74
  8. 8
    私立
    74
  9. 9
    国立
    74
  10. 10
    私立
    73
  11. 12
    公立
    73
  12. 13
    公立
    72
  13. 14
    公立
    71
  14. 15
    私立
    71
  1. 365
    公立
    40
  2. 366
    公立
    40
  3. 367
    公立
    40

日比谷高校の進路実績

日比谷高校の進路実績ランク

日比谷高校の進路実績

Bランク

難関大学合格者数

大学群人数
R2R1H30
東大-4748
京大-56
旧帝大+一工-4352
早慶-174162
上理ICU-189152
GMARCH-251212
関関同立-49
地方国立大-7590

国立大学合格者数一覧

大学名ランク人数
R2R1H30
東京工業大学S-410
東京大学S-4748
京都大学S-56
東北大学A-74
大阪大学A-11
神戸大学A--3
東京外国語大学A-77
筑波大学A-77
一橋大学A-2325
横浜国立大学A-1110
お茶の水女子大学A-69
千葉大学B-1919
電気通信大学B-1-
金沢大学B--1
京都工芸繊維大学B---
東京海洋大学B-21
東京学芸大学B-210
九州大学B-1-
北海道大学B-712
東京農工大学B-89
帯広畜産大学C--1
新潟大学C--1
富山大学C--2
埼玉大学C-11
信州大学C-42
岐阜大学C-1-
三重大学C-1-
茨城大学C---
群馬大学C-11
熊本大学C-1-
島根大学C--1
徳島大学C--1
岩手大学D-1-
秋田大学D-12
弘前大学D-1-
鳥取大学D--1
鹿児島大学D--1

私立大学合格者数一覧

大学名ランク人数
R2R1H30
早稲田大学A-174162
慶應義塾大学A-144137
国際基督教大学A-55
上智大学A-4240
同志社大学B-14
法政大学B-2514
明治大学B-10696
中央大学B-5347
立教大学B-3537
東京理科大学B-142107
青山学院大学B-2512
東京女子大学C-81
國學院大学C-12
駒澤大学C-13
芝浦工業大学C-915
立命館大学C-35
武蔵大学C-1-
工学院大学C--1
昭和女子大学C-2-
成蹊大学C-15
成城大学C-81
日本女子大学C-77
南山大学C---
明治学院大学C-51
学習院大学C-76
東京都市大学C-32
東京農業大学D-51
東洋大学D-66
武蔵野大学D--1
順天堂大学D-613
津田塾大学D-118
東京電機大学D-12
近畿大学D---
千葉工業大学D--1
東京薬科大学D--2
北里大学D-68
神奈川大学D-33
東邦大学D-12
聖心女子大学D-1-
獨協大学D---
専修大学D-3-
日本大学D-156
杏林大学E-31
日本獣医生命科学大学E--2
文教大学E--1
大正大学E-1-
東京家政大学E-1-
東海大学E--1
武蔵野美術大学E-103
帝京大学E-21
金沢星稜大学F---
酪農学園大学F-11
麻布大学F--3
淑徳大学F---
国際医療福祉大学F-28

日比谷高校の主な部活動実績

現在調査中です

まとめ

以上「日比谷高校の偏差値と部活動、大学進学実績データベース」でした。高校選びや大学選びの参考になれば幸いです。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら