【2020年最新版】日本人の平均年収は436万円!10年分の年収推移や割合、男女内訳など徹底調査

473,730 Views

平均を示す画像

皆さんは日本人の平均年収はご存知ですか?令和2年9月に発表された国税庁の民間給与実態調査によると、日本人の平均年収は 436万円ということが分かっています。

この記事では、日本人の年収の比率、平均年収の内訳、平均年収の生活費内訳を紹介しています。

世帯別に、食費や住居費、水道・光熱費などの内訳をまとめているので、自分の生活モデルと比較してみてください。

「自分の年収が高いのか低いのかを知りたい!」という方は、自分の年収と日本人の平均年収436万円と比べて参考にしていただければ幸いです。

日本人の平均年収は436万円

日本人の平均年収

436万円

国税庁の民間給与実態調査によると、令和元年における日本人の平均年収は約436万円となっています。自分の年収レベルや生活水準を知りたい場合は、平均年収436万円と比較してみるとよいでしょう。

▼給料アップの可能性をチェックしませんか?

現在の年収は適切でしょうか。「ミイダス」を使って、あなたと似た条件の人が転職でどのくらいの給与をもらっているかを調べられます。
ミイダス
給与診断後は、あなたの条件と相性の良い企業を合わせて確認できるので、今の給与に満足していない方は、試しに適性年収をチェックしてみませんか?

ミイダスであなたの「強み」を無料診断!

日本の平均年収の推移

平均年収対前年伸び率
令和元年度436万円-1.0%
平成30年度441万円2.0%
平成29年度432万円2.5%
平成28年度422万円0.3%
平成27年度420万円1.3%
平成26年度415万円0.3%
平成25年度414万円1.4%
平成24年度408万円-0.2%
平成23年度409万円-0.7%
平成22年度412万円1.5%
平成21年度406万円-5.5%
平成20年度430万円-1.7%
平成19年度437万円0.5%

民間給与実態調査を確認してみると、令和元年日本の平均年収は436万円と、リーマンショック以前の水準まで回復しています。

とはいえ、当時と比較すると消費税率や保険料が上がっているので、年収と実際に使えるお金には乖離があるでしょう。

平均年収と最低賃金の相関性に関して興味のある方はこの記事を参考にしてみてください。

平均年収436万円の割合(労働人口)

年収432万円の割合

平均年収436万円を稼ぐ人の割合(400万円~500万円)は、労働人口の約15%です。また、平均年収436万円以上を稼ぐ人の割合(400万円~2500万円超)は、労働人口の45.76%です。

学歴別の平均年収

大卒
大学院卒
高専卒
短大卒
高卒
男性480万円377万円351万円
女性355万円306万円257万円

賃金構造基本統計調査を参考に独自の計算式で算出した数値

学歴別の平均年収を確認すると、大卒男性の年収が480万円、高専・短大卒男性の年収が377万円、高卒男性の年収が351万円、大卒女性の年収が355万円、高専・短大卒女性の年収が306万円、高卒女性の年収が257万円です。

30代を転機として、高卒と大卒では100万円以上の年収差がついてきます

【PR】働きながら大卒資格を取得してみよう

・社会人だけど大卒資格をとりたい
・給与をあげたい
・キャリアアップしたい
・これからのIT時代に適応できるか不安

【PR】こんな悩みや不安を抱えている人は文部科学省認可の通信制大学から今すぐ資料請求!!

学歴/年代別の平均年収(男性)

大卒
大学院卒
高専卒
短大卒
高卒
年齢計480万円377万円351万円
~19--219万円
20~24275万円252万円243万円
25~29319万円287万円280万円
30~34386万円324万円310万円
35~39451万円357万円341万円
40~44515万円391万円371万円
45~49570万円439万円400万円
50~54642万円478万円417万円
55~59627万円480万円418万円
60~64462万円351万円311万円
65~69434万円312万円277万円
70~481万円275万円255万円

学歴別の平均年収(男性)は、賃金構造基本統計調査を参考に独自の計算式で算出したものです。参考程度のご活用ください。

学歴/年代別の平均年収(女性)

大卒
大学院卒
高専卒
短大卒
高卒
年齢計355万円306万円257万円
~19--207万円
20~24269万円252万円223万円
25~29299万円278万円237万円
30~34336万円289万円245万円
35~39364万円303万円253万円
40~44407万円323万円265万円
45~49431万円338万円276万円
50~54479万円349万円277万円
55~59469万円346万円274万円
60~64413万円302万円240万円
65~69441万円291万円230万円
70~472万円308万円235万円

学歴別の平均年収(男性)は、賃金構造基本統計調査を参考に独自の計算式で算出したものです。参考程度のご活用ください。

年齢階層別男女の平均年収

年齢男性女性
10代162万114万137万
20代前半284万249万267万
20代後半404万326万370万
30代前半470万315万410万
30代後半528万314万448万
40代前半581万319万476万
40代後半635万313万502万
50代前半682万322万529万
50代後半686万298万520万
60代前半537万242万416万
60代後半410万211万382万
70代以上545万293万441万

民間給与実態統計調査 + 賃金構造基本統計調査の概要から試算した数値となります。

勤続年数別男女の平均年収

年数男性女性
1年~4年398万244万322万
5年~9年469万277万382万
10年~14年548万308万449万
15年~19年606万342万506万
20年~24年684万379万584万
25年~29年750万436万666万
30年~34年771万419万681万
35年以上672万342万586万
全体平均545万293万441万

日本の平均年収の男女内訳

令和元年平均給料平均賞与平均給与
-万-万540.0万
-万-万 296.0万
366万70万436万

平均年収436万の手取りと所得税・住民税

日本人の平均年収である436万円を稼ぐ場合、内訳は以下の通りです。約86万円は控除され、実際手元に残るのは約350万円となっています。

内訳金額
年収436万円
所得税10.5万円
住民税21.0万円
社会保険・年金53.5万円
手取り年収350万円
手取り月収29.2万円

※ボーナスを考えない場合

平均年収436万円の月の生活費内訳

平均年収436万円、手取り月収が29.2万円の人の生活費内訳をパターン別に紹介します。

1人暮らし

内訳金額
食費24,800円
住居費74,400円
水道・光熱費12,000円
通信費15,000円
保険料15,000円
教育費・養育費0円
趣味・娯楽・交際費39,680円
日用雑貨7,440円
貯蓄74,400円
その他27,280円

1人暮らしで稼ぎが平均年収と同様に436万円であれば、都内でもかなり余裕のある暮らしができます。うまくやりくりできれば、年に100万を貯めることも夢ではありません。

夫婦2人暮らし

内訳金額
食費32,900円
住居費70,500円
水道・光熱費15,000円
通信費20,000円
保険料20,000円
教育費・養育費0円
趣味・娯楽・交際費32,900円
日用雑貨9,400円
貯蓄58,750円
その他30,550円

夫婦2人暮らしで稼ぎ手が一人の場合、平均年収と同様の436万円では、首都圏では標準的、地方では比較的余裕のある生活が送れます。ただ2人の将来を考えると、スマートフォンを格安SIMに切り替えたり、保険料の見直しを考える必要があるでしょう。

夫婦2人と子供1人

内訳金額
食費35,040円
住居費65,700円
水道・光熱費17,000円
通信費24,000円
保険料30,000円
教育費・養育費19,710円
趣味・娯楽・交際費32,850円
日用雑貨10,950円
貯蓄21,900円
その他32,850円

夫婦と子供1人暮らしで稼ぎ手が1人の場合、平均年収と同様の436万円ではかなり窮屈な生活を送らなければなりません。東京都で生活をしていくにはかなりの節約が必要でしょう。

番外編:平均年収を上回るためにはどうすれば良い?

平均年収が436万円と発表されている日本の労働環境でサラリーマンとして年収を上げるには、

  1. 昇進(昇給)
  2. 転職

の2択が一般的です。

しかし、現在の収入が平均年収に明らかに届いていない場合、昇進してもそのまま年収がほとんど上がらないパターンもあります(非正規雇用や業界慣習などが原因)。

このようなケースは、人によって様々です。まずはあなたの現状を確認するためにも、転職エージェントを利用した転職活動をおすすめします。

年収を上げる転職をするならエージェントを使おう

転職で年収を上げたい場合、転職エージェントを利用すると良いでしょう。転職エージェントを利用することで、プロの転職エージェントによるキャリアカウンセリングを無料で受けられます

転職エージェントは自分でも気づいていないあなたの市場価値を客観的に教えてくれたり、転職サイトには掲載されていない非公開求人の紹介をしてくれるので、想像しているよりも年収が上がる転職ができるかもしれません

「良い転職=年収の上がる転職」とは言い切れませんが、転職エージェントはあなたの転職を全力でサポートしてくれるので、満足の行く転職をしたい方や転職に関する知見の無い方は、エージェントをぜひ利用してみましょう。

転職で年収を上げるならプロに相談!おすすめは「doda」

日本の平均年収436万円は高く感じましたか?

あなたの希望する年収をもらえていないのは。あなたの会社がそもそもが高い給与を出せない仕組み・慣習である場合があります

そんなあなたにおすすめしたいのは、パーソルキャリアが運営する転職エージェントの「doda」です。

dodaは国内でもTOPクラスの人気を誇る転職エージェントで、応募書類の添削や面接のサポート、年収・入社日の交渉など、転職に関する面倒な手続きの代行から、あなたの適性年収診断まで様々なサービスを無料で提供してくれます。

適性年収診断
適性年収診断はdodaの登録後に利用できます

この記事を読んで、あなたの年収に少しでも不安を感じたのであれば、一度dodaに登録して自分が本来貰える可能性のある年収診断をはじめとしたキャリアカウンセリングを受けることをおすすめします。

dodaでキャリアについて相談する

まとめ

家族の形態、住む地域によって必要なお金は変わりますが、この平均年収436万円の控除、手取り、生活費内訳を指標にしていただければ幸いです。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら