月収30万円/手取り30万円の年収はいくら?ボーナス等諸々のケースで計算した結果まとめ!

16,066 Views

月収30万円の年収っていくら?手取り30万円の年収っていくら?といった疑問に答えます!月収30万円と手取り30万円の違いから、ボーナスが出る場合と出ない場合等も考慮して計算した結果を掲載しているので、月収と手取りの計算をするのが面倒な人や、そもそも月収30万と手取り30万の違いがわからない人は参考にしてみてください。

月収30万円と手取り30万円の年収

ボーナス含年収
2ヶ月4ヶ月
月収30万360万420万480万
手取り30万460万540万620万

月収30万円の場合の年収

月収30万円の場合の年収は

  • ボーナスが出ない場合は「360万」
  • ボーナスが2ヶ月分の場合は「420万」
  • ボーナスが4ヶ月分の場合は「480万」

です。

手取り30万円の場合の年収

手取り30万円の場合の年収は

  • ボーナスが出ない場合は「460万」
  • ボーナスが2ヶ月分の場合は「540万」
  • ボーナスが4ヶ月分の場合は「620万」

です。

月収30万円と手取り30万円の違い

月収30万円とは、一般的に給与明細等に記載してある「支給」の「合計」金額が30万円であることを指します。

対して手取り30万円とは、総支給額から保険料や税金等を差し引いた「差し引き支給合計」が30万円であることを指します。

年収/月収と手取りの違いに関しては以下のページに詳しく記載してありますので、参考にしてみてください。

月収30万円と手取り30万円では全然違う

ざっくりと解説しましたが、要するに言いたいことは、「月収30万円」と「手取り30万円」では全然違うということです。

ふと「毎月30万円もらっている」という言葉を見聞きした時に、「はたしてそれは月収なのか、手取りなのか」と自分に問いかけましょう。

何かデータを見る時には正確な数値・単位の理解が必要です。月収と手取りに関する理解を深めてより豊かな生活を目指しましょう。

手取り30万円を目指す方法

手取りで30万円を目指すのであれば、現在の給与や所属している企業にもよりますが、基本的には転職がおすすめです。

まずはあなたの市場価値をみてもらい、客観的なアドバイスを元に転職活動することで、手取り30万円以上を目指すことができます。

転職エージェントを使って効率よく転職活動をする

【公式】リクルートエージェント

ボーナス込みで手取り30万円。つまり年収600万以上を目指す人には「リクルートエージェント」がおすすめです。キャリアサポート最大手のリクルートが運営する「リクルートエージェント」には、転職活動に対する独自のノウハウやケースが蓄積しており、転職サイトなどには非公開の求人も取り扱っています。

  • 令和の不況で転職を考えているがうまく行っていない
  • 自分の経歴でも活躍できるホワイト企業を探したい
  • 転職エージェントは初めて利用するので不安

そんな人は、一度リクルートエージェントに相談してみてください。業界最大手のエージェントなので、転職エージェントがあなたの肌に合うかどうかを確かめる意味でもリクルートエージェントをおすすめしています

【無料】転職エージェント最大手のリクルートエージェントに相談する!

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら