お金がない時どうする?今すぐできる5つの行動!

最終更新日: 2019/02/13 15:39

平均年収が約420万円の現在、「お金がない、お金が足りない」と感じている人は少なくありません。

給料日前のため瞬間的に使えるお金がない人もいれば、慢性的にお金がない人まで様々な「お金がない」光景が見られます。

一言でお金がないと言えども、シチュエーションによっては、お金が無いまま解決できる問題と、お金を稼がないと解決できない問題が存在します。

この記事では、それぞれのシチュエーションに合わせた、「お金がない時、今すぐできる行動」を掲載しています。お金がないとお困りの方は参考にしていただければ幸いです。

お金がない時にとるべき行動

お金がない時に取るべき行動は大きく分けて、

  • 財産を切り売りしてお金を増やす
  • お金をなるべく使わないで生活する

の2種類あります。「財産を切り売りしてお金を増やす」は言葉の通り、財産(物・人脈・時間)を切り売りしてお金を生み出す方法で、「お金を使わないで生活する」は、生活の知恵を利用して支出を減らす方法です。

財産を切り売りしてお金を増やす方法

財産を切り売りしてお金を増やす方法は、

  • 売れるものを売る
  • 友人からお金を借りる
  • 短期・単発のアルバイトをする

の3つです。以下で、3つの方法の詳細を述べていきます。

売れる物を売る

メルカリのイメージ画像
フリマアプリ「メルカリ」

慢性的にお金がないわけではなく、瞬間的にお金がない人の場合は「メルカリ」などのフリマアプリを使って、いらない物を売りましょう。

自分にとって価値が無い物であっても、他人からしてみれば貴重な物という場合も有り得るのです。そういった類の物はすぐに売ってお金に替えてください。

それこそフリマアプリでは、古着やアクセサリーなども売れることがあるので、現状使う予定の無いものはお金に変えてしまうのがおすすめです。

友人からお金を借りる

友人からお金を借りるイメージ画像

お金を返す当てはあるものの、今現在はお金がない場合、友人からお金を借りるのも一つの手です。ただし、友人からお金を借りる場合は必ず期日までに返済するようにしてください。

友人間でお金の貸し借りをすることは、金額が大きければ大きいほどその頻度は少なくなりますよね。そんな中で「金がない」と困っている友人にお金を貸してくれる友人からの信頼は、お金よりもはるかに価値のあるものです。

本当に大切なものを失わない為にも、借りたお金は必ず返しましょう。

短期・単発のアルバイトをする

日雇いバイトのイメージ画像

当たり前のことですが、お金がないのなら働いて稼げば良いのです。短期・単発のアルバイトであれば、働く日数が1日からという求人も多いので忙しい合間を縫ってお金を稼ぐことができます。

引越し、交通誘導、建設現場などのアルバイトでは、日雇いで給料の当日支払いを許可してくれる場合もあるのです。

タウンワークなどの媒体で「当日手渡しOK」と記載されている求人に今すぐ応募してお金を稼ぐことをおすすめします。

お金をなるべく使わないで生活する方法

お金をなるべく使わないで生活する方法は、

  • 食事をなるべく自炊にする
  • 家電のコンセントを抜く

の2つのです。以下で、2つの方法の詳細を述べていきます。

食事はなるべく自炊にする

自炊のイメージ画像

お金がない場合に、お金をなるべく使わないで生活する方法の基本ですが、食事を自炊にする事をおすすめします。

貧乏飯の代表と言えば「もやし(200gで100円)」「パスタ(600g 200円~300円)」ですが、「たまご(サイズバラバラ6個入り 100円」や「なっとう(3パック 80円)」もスーパーで安売りしている場合があるのです。安売り情報を見逃さないためにも、チラシなどで情報をチェックしておきましょう。

別の記事で、1食300円以内で作れる節約料理5食を紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。
【一人暮らし必見!】1食300円の節約料理5食!(レシピ付き)

家電のコンセントを抜く

コンセントを抜いたほうがいいの画像

どうしようもなく追い詰められるほどお金がない場合は、冷蔵庫以外の家電のコンセントを全て抜きましょう。

家電を使わないのに、コンセントを挿したままで放置していると、待機電力が生じてしまいます。生じた待機電力は、使わないのにもかかわらず、月々の電気代に含まれ後に請求されるので非常にもったいないです。

家に帰ったら飯を食って寝る以外のことをしないくらいの覚悟があれば、基本的にお金を使わずに生活できます。

まとめ

以上、「お金がない時どうする?今すぐできる5つの方法」でした。お金がない状態は辛いですよね、欲しいものが買えないくらいならまだしも、健康で文化的な最低限度の生活すらままならない状態であれば、心も体も荒んでしまいます。お金がない時にどうするべきかを知った上で、お金がなくならないような生活をしましょう。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら