【節約術攻略】格安SIM、格安スマホとは?

最終更新日: 2019/11/05 14:31
UNI_MONV15002722_TP_V.jpg

毎月かかるスマホ代の高さに悩まされている方は、「格安SIM」を検討して見てはいかがでしょうか。

実は、スマホに入っている小さなカードを差し替えるだけで、月々のスマホ代を大きく節約することができるのです。

当記事では格安SIM、格安スマホとは何かについて解説します。

格安SIM、格安スマホとは?

KAZ19112C082_TP_V.jpg

格安SIMとは、その名の通り非常に安く使えるSIMカードのことで、この格安SIMが入ったスマホのことを格安スマホと呼びます。

大手キャリアのSIMカードから乗り換えた場合、月額料金が数千円も下がるため、携帯代の節約にはうってつけです。

しかし、長年スマホを使っている方でも「そもそもSIMカードって何?」という方も多いと思いますので、まずはSIMカードの説明から入っていきます。

※大手キャリア…au、docomo、Softbankのこと

「SIMカード」とは?

UNI15042555IMG_1751_TP_V.jpg

SIMカードは、利用者の識別番号や電話番号、どの通信会社と契約しているかなどの情報が記録されたICカードのことです。

簡単に言えばスマホ用の身分証明のようなもので、このSIMカードがスマホに入っていることで初めて通話やデータ通信の機能を使うことができます。

格安SIMはなぜ安い?

格安SIMがこれほど安い理由は主に2つあります。

1つ目は、格安SIM会社は大手キャリアの通信設備を借りているためです。

大手キャリアは、回線を敷くための設備投資や人件費などを自力で賄っているため、その分のコストが利用者の月額料金に上乗せされてしまいますが、格安SIM会社はそのコストを回収する必要がないため、利用者の料金は大幅に安くなります。

2つ目は、格安SIM会社はサービス展開の種類を本当に必要なものだけに絞って経費を削減しているためです。

格安SIMに乗り換えるには

ifaceFTHG5118_TP_V.jpg

解約時の違約金に注意

大手キャリアでは、契約更新月以外に解約しようとすると違約金を支払わなければいけません。違約金は以下の通りです。

大手キャリアの違約金

au9,500円
docomo9,500円
Softbank4,000円~10,000円

また、端末代の支払いが終わっていない場合その費用も払う必要があります。

初期費用が嵩んでしまうとせっかく月額料金を減らせるメリットが薄れてしまうので、大手キャリアから格安SIMに乗り換えるタイミングはなるべく契約更新のタイミングと合わせたいところです。

※2019年9月以降、大手キャリアが総務省の要請に対応し2年縛り契約を廃止したり、違約金を大幅に減額したプランを新たに導入し始めています。違約金がかからないようになる形でご自身のプランを変更できる場合もありますので、詳しくは公式ホームページの当該項目をご覧ください。

au:よくある質問「違約金について」
docomo:プレスリリース
Softbank:プレスリリース

SIMロックに注意

スマホを使う女性の画像.jpg

大手キャリアのスマホには、他社のSIMカードを入れても動作できないようにするSIMロックがかかっています。そのため、既に大手キャリアのSIMが入っているスマホから格安SIMに乗り換えたい場合、ご自身のキャリアのマイページか店頭でSIMロックを解除してもらう必要があります。

大手キャリア3社とも、WebからSIMロック解除した場合は手数料がかかりませんが、店頭に直接持ち込んでその場で解除してもらう場合は手数料3000円(税別)がかかります。

ちなみに、SIMロックがかかっていないスマホのことを「SIMフリー」と言います。

iPhoneでも格安SIMは使える?

iphoneのSIM挿入口の画像.jpg

iPhoneでもSIMロックがかかっていなければ格安SIMを入れて使うことができます。Apple storeで購入できるiPhoneはSIMなしです。

ただし、SIMなしiPhoneは本体価格が割高に設定されている点には留意する必要があります。

まとめ

以上、「【節約術攻略】格安SIM、格安スマホとは?」でした。大手キャリアから格安SIMに乗り換えることでスマホ代を大きく節約できるというのは、盲点だったという方も多いのではないでしょうか。

「早速格安SIMに乗り換えよう!」と思った方のために、格安SIMの具体的な選び方もCLABELで紹介しているので、そちらの記事もぜひ参考にして下さい。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら