【節約術攻略】クレジットカード決済の手数料はいくら?

最終更新日: 2019/10/25 17:03
クレジットカードとカードリーダー

クレジットカードの利用には手数料がかかるの?と気にする方は多いかと思います。この記事ではクレジットカード決済にかかる手数料を支払方法別に解説します。

クレジットカードの手数料はいくら?

消費者が支払う手数料

消費者はクレジットカードの支払い方法によって手数料がかかるかが異なります。手数料率は各クレジットカード会社によって上下しますが、一般的な手数料について下記します。

クレジットカードの分割払いやリボ払いは返済を何回に分けるかで手数料率が変わり、1年間で換算すると実際に支払う手数料率(利率)がいくらになるかを実質年率といいます。

支払い方法手数料
一括払い0円
分割払い実質年率10~15%
リボ払い実質年率10~15%
キャッシング実質年率15~18%
ATM手数料100~200円

一括払いの手数料

クレジットカードの一括払いは消費者に基本手数料はかかりません。クレジットカードの一括払いとは文字通り、購入した商品やサービスに対して決められた支払日にまとめて支払うものです。

お金に余裕がある方は一括払いで決済することをおすすめしており、毎月の生活に困らない範囲での利用を心がけてください。

分割払いの手数料

クレジットカードの分割払いは消費者に手数料がかかります。しかし2回分割では一括払い同様手数料がかからないことが多く、一般的には3回以上の分割払いに対して手数料がかかります。

分割回数が多ければ多いほどクレジットカードの分割払いにかかる手数料率が上がり、利用額によっては最大で24回払いまで設定が可能です。もし分割払いをする場合は、毎月いくらまでの支払いなら生活に支障が出ないかを把握し、支払期間が長くなりすぎないように設定すると最低限の手数料で済ませられるでしょう。

分割払いにかかる手数料の計算例(元利均等)
利用代金50,000円
分割回数10回
基本手数料利用代金100円につき6.70円
手数料計算式50,000円×6.70円÷100円=3,350円
支払総額5,335円×10回=53,350円

リボ払いの手数料

クレジットカードのリボ払いは消費者に手数料がかかります。一度の買い物に対して分割払いができますが、リボ払いは利用額に対して適用される支払い方法です。

リボ払いは分割払いとは違い、支払回数を設定するのではなく毎月の支払額を決めたうえで毎月支払っていくものです。

リボ払いにかかる手数料の計算例(元金均等)
利用代金50,000円
月々のリボ払い5,000円
支払回数10回
手数料率15%
手数料計算式残高に対して手数料がかかるので、手数料は月々減っていきます。この例だと初月はかからないものとし、2か月目から45,000円×15%×月の日数÷365日となります。
支払総額53,350円

キャッシングの手数料

クレジットカードのキャッシングは消費者に手数料(利息)がかかります。この記事ではキャッシングの利息については言及せず、キャッシングを利用した際の手数料についてのみ解説します。

クレジットカードのキャッシングは基本的にATMで引き落とす際にかかり、以下に分けられます。

キャッシングにかかるATM手数料
1万円以下の借り入れ110円
1万円超の借り入れ220円

加盟店が支払う手数料

加盟店はクレジットカード会社に対して手数料を支払います。クレジットカード会社によりますが、一般的には手数料率は1~5%です。

業種によって加盟店手数料が変わる

加盟店のクレジットカード手数料率は業種によって変動します。この手数料率は主に回収率(手数料が遅延なく支払われる可能性が高いかどうか)の高さによるもので、コンビニやデパートなどは回収率が高いとされ手数料率が低く、水商売など安定性がない業種は手数料率が高くなる傾向があります。

新しくクレジットカードの契約をする加盟店は各クレジットカード会社に手数料率を確認してみると良いでしょう。

他にクレジットカード決済で手数料はかかる?

原則クレジットカード決済で上記以外の手数料はかかりません。
※クレジットカードの年会費はあくまでも手数料と区分していません

お店が勝手に手数料をとるのは規約違反

お店によってクレジットカード払いだと手数料をプラスでとられる場合がありますが、お店側で勝手にクレジットカード決済の手数料をとるのは規約違反です。万が一そのような場面に出くわした際はクレジットカード会社へ連絡、お店に対して抗議をするようにしてください。

まとめ

以上「【節約術攻略】クレジットカード決済の手数料はいくら?」でした。クレジットカードでの支払いは便利ですが、支払い方法によって手数料がかかってしまい、知らなければ損をしてしまう可能性があることを理解できたかと思います。

先述しましたが、お店側がクレジットカードでの支払いに手数料を上乗せすることは規約違反となるため、十分に注意をしてください。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら