【節約術攻略】クレジットカード支払いでサインはどう書く?海外での注意点も併せて解説

最終更新日: 2019/11/07 14:23
クレジットカードで会計をする女性_金森

この記事ではクレジットカードで支払いをする際にサインを求められたとく、どう書けばいいのかわからない方に向けて解説しています。海外での注意点や、サインを求められる場合と求められない場合の違いは何かも解説しています。

クレジットカード支払いでのサインはどう書くのが正解?

クレジットカードで支払いをする際、サインはクレジットカード裏面の署名欄に記載してあるサインを書くことをおすすめします。おすすめという表現をしているのは、クレジットカード支払いでのサインに正解はないが、不正利用をされないためには署名欄通りに書いたほうが良いからです。

クレジットカード裏面の署名欄通りに書かないとどうなる?

日本ではクレジットカード裏面の署名欄通りに書かなくても、ほとんどの場合そのまま決済可能です。お店としてはサインをもらっていることが重要であり、その内容をしっかりと確認することがほとんどないからです。

しかし万が一不正利用された場合のことを考えると、クレジットカード所有者本人のサインかを証明するためにも普段からクレジットカード裏面の署名欄通りにサインすると良いでしょう。

海外でサインをする際の注意点

海外でクレジットカード支払いをする際にサインを求められた場合はクレジットカード裏面の署名欄通りにサインをしましょう。海外だからと言ってローマ字でサインをしたくなるかもしれませんが、海外の方が筆跡を確認する場合に判別ができないのです。

日本とは違い海外ではクレジットカードのサインで本人確認を行うことが多く、下手にローマ字で書いても拒否される可能性があります。

サインが必要な場合とそうでない場合の違いは?

クレジットカードで支払いをする際、サインが必要な場合と不要な場合があります。クレジットカード支払いでサインが不要な決済をサインレス決済と言いますが、以下に該当するかどうかでサインレス決済が可能かが決まります。

  1. お店側がサインレス決済の契約をクレジットカード会社としているか
  2. お店側が設定したサインレス決済上限額よりも少額か

そもそもサインレス決済を行えるお店は限られており、クレジットカード会社との契約をしていないとサインレス決済ができません。また、お店側でサインレス決済の上限額を設定しており、それよりも金額が下回っている場合は簡略化できるということです。

まとめ

以上「【節約術攻略】クレジットカード支払いでサインはどう書く?海外での注意点も併せて解説」でした。クレジットカードを利用する際に求められるサインは不正利用を防止するためのものです。万が一不正利用されたときにあなたの身を守れるように常にクレジットカード裏面のサインと同じようにサインすると良いでしょう。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら