技術士の年収と手取りとボーナスまとめ!仕事内容やなる方法は?

この記事では、技術士の平均年収や手取り額、ボーナスの実態についてを政府統計などのデータを参考にまとめています。これから技術士を目指す方も、現在技術士の方も、技術士の年収が低いか高いかが気になる方は、この記事を参考にしてみてください。この記事では厚生労働省の『賃金構造基本調査』を中心に、厚生労働省・国税庁などで公開されているデータを元に独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。
本記事で掲載しているデータは「賃金構造基本統計調査(厚生労働省)」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

技術士の平均年収の推移

男女合計男性女性
2017年¥5,724,000¥5,822,400¥4,315,700
2016年¥5,911,300¥5,969,900¥4,840,000
2015年¥5,969,000¥6,076,200¥4,647,000
2014年¥5,412,400¥5,453,000¥4,735,600
2013年¥5,321,000¥5,381,400¥4,294,300
2012年¥5,111,700¥5,175,300¥4,297,600
2011年¥5,142,200¥5,217,500¥4,040,800
2010年¥4,922,200¥4,993,400¥3,876,400

2017年の技術士の平均年収は、男582万円・女431万円・計572万円でした。日本の労働者の平均年収が約440万円なので、技術士の平均年収は高いですね。

技術士の性別毎の平均年収

男女合計の平均年収
男女合計
572万円
年収ランキング16
男性の平均年収
男性
582万円
男性別年収ランキング17
女性の平均年収
女性
431万円
女性別年収ランキング16

技術士の世代別平均年収

年齢年収月収賞与(2回分)
20~24¥3,701,138--
25~29¥4,325,626¥270,351¥1,081,406
30~34¥4,999,914¥312,494¥1,249,978
35~39¥5,574,603¥348,412¥1,393,650
40~44¥6,131,548¥383,221¥1,532,887
45~49¥6,741,727¥421,357¥1,685,431
50~54¥7,133,248¥445,828¥1,783,312
55~59¥6,998,162¥437,385¥1,749,540
60~64¥5,446,386¥340,399¥1,361,596
65~69¥5,242,039¥327,627¥1,310,509
上記のデータは賞与を月収×4ヶ月分(夏・冬)と仮置きして算出しています。

技術士の生涯賃金

技術士
2億7475万円
一般的な生涯賃金
2億5600万円

技術士の詳しい年収

役職・雇用形態・学歴別の平均年収に掲載している数値は、平均年収を元に試算した結果です。高卒者の割合が0%の職種に関しても、数値は掲載されているので、あくまで参考程度にご覧ください。

役職別の推定年収

  • 部長クラス
    1058万円
  • 課長クラス
    844万円
  • 係長クラス
    629万円

学歴別の推定年収

  • 大学卒
    572万円
  • 高専・短大卒
    438万円
  • 高卒
    412万円

雇用形態別の推定年収

正社員
572万円
非正規社員
309万円

技術士の仕事

技術士とは、科学技術に関する知識と応用能力が国によって認められた技術者で、「技術士法」に基づいて行われる国家試験に合格し、登録した人だけが名乗れる称号です。

ただし、医者や弁護士のように独占業務がある資格では無いため、「技術士だからこれをやる!」といった仕事は特にありません。

技術士の多くは、技術コンサルタント、もしくは建設会社や製造業にて、上級の技術職員として従事しています。

技術士のなり方

技術士になるには

技術士の資格を得るには、国家試験に合格する必要があります。技術士の試験は合格率が15%~20%と、国家試験の中でも難しい部類です。

また、技術士の試験を受ける受験資格を満たさなければ、そもそも技術士の試験を受けることができません。

技術士の受験資格に関しては、「文部科学省 技術士・技術士補になるには」をご覧ください。

技術士の評価

難易度低 ・ ・ ・ ○ ・ 高
年収低 ・ ・ ○ ・ ・ 高
社会的地位低 ・ ・ ○ ・ ・ 高
ワークライフバランス暇 ・ ・ ○ ・ ・ 忙
総合悪 ・ ・ ○ ・ ・ 良

技術士は、技術系資格の中では最高難易度の資格と言われています。しかし、独占業務を持たない資格のため、資格の有無は弁護士や会計士のように実務に直接影響はありません。技術士の平均年収がさほど高いとは言えないのも、このような理由が考えられます。

ただし、技術士の資格を持っていると、自身の能力がある一定水準を超えていると対外的にアピールできるため、キャリアアップには役に立ちます。また、技術士の資格取得を推奨している企業などでは、資格取得手当や給与アップに繋がるでしょう。

技術士に関しては、技術士であることよりも所属している企業が重要になります。

まとめ

以上、『技術士の年収と手取りとボーナスまとめ!仕事内容やなる方法は?』でした。技術士の平均年収は、日本の労働者の平均年収と比較して約1.3倍です。職業の平均年収などのデータから、今後のキャリアに繋がる意思決定の材料としてお役に立てていれば幸いです。
本記事で掲載しているデータは「賃金構造基本統計調査(厚生労働省)」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら