システム・エンジニアの平均年収は低い?高い?手取りやボーナスまとめ!

この記事では、システム・エンジニアの平均年収や手取り額、ボーナスの実態についてを政府統計などのデータを参考にまとめています。これからシステム・エンジニアを目指す方も、現在システム・エンジニアの方も、システム・エンジニアの年収が低いか高いかが気になる方は、この記事を参考にしてみてください。この記事では厚生労働省の『賃金構造基本調査』を中心に、厚生労働省・国税庁などで公開されているデータを元に独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。
本記事で掲載しているデータは「賃金構造基本統計調査(厚生労働省)」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

システム・エンジニアの平均年収の推移

男女合計男性女性
2018年¥5,511,900¥5,703,300¥4,621,600
2017年¥5,508,000¥5,635,700¥4,744,400
2016年¥5,470,700¥5,602,100¥4,824,400
2015年¥5,923,300¥6,111,000¥4,942,700
2014年¥5,418,800¥5,555,700¥4,823,900
2013年¥5,979,000¥6,153,400¥4,986,700
2012年¥5,376,200¥5,508,700¥4,567,000
2011年¥5,629,900¥5,693,900¥5,359,800
2010年¥5,481,500¥5,604,299¥4,758,200

2018年のシステム・エンジニアの平均年収は、男570万円・女462万円・計551万円でした。日本の労働者の平均年収が約440万円なので、システム・エンジニアの平均年収は高いですね。

システム・エンジニアの性別毎の平均年収

男女合計の平均年収
男女合計
551万円
年収ランキング20
男性の平均年収
男性
570万円
男性別年収ランキング22
女性の平均年収
女性
462万円
女性別年収ランキング20

システム・エンジニアの世代別平均年収

年齢年収月収賞与(2回分)
20~24¥3,563,994--
25~29¥4,165,342¥260,333¥1,041,335
30~34¥4,814,644¥300,915¥1,203,661
35~39¥5,368,039¥335,502¥1,342,009
40~44¥5,904,347¥369,021¥1,476,086
45~49¥6,491,915¥405,744¥1,622,978
50~54¥6,868,929¥429,308¥1,717,232
55~59¥6,738,848¥421,178¥1,684,712
60~64¥5,244,572¥327,785¥1,311,143
65~69¥5,047,798¥315,487¥1,261,949
上記のデータは賞与を月収×4ヶ月分(夏・冬)と仮置きして算出しています。

システム・エンジニアの生涯賃金

システム・エンジニア
2億6457万円
一般的な生涯賃金
2億1120万円

システム・エンジニアの詳しい年収

役職・雇用形態・学歴別の平均年収に掲載している数値は、平均年収を元に試算した結果です。高卒者の割合が0%の職種に関しても、数値は掲載されているので、あくまで参考程度にご覧ください。

役職別の推定年収

  • 部長クラス
    1018万円
  • 課長クラス
    813万円
  • 係長クラス
    606万円

学歴別の推定年収

  • 大学卒
    551万円
  • 高専・短大卒
    422万円
  • 高卒
    397万円

雇用形態別の推定年収

正社員
551万円
非正規社員
297万円

システム・エンジニア(SE)の仕事

システムエンジニアの仕事は、クライアントからの要件分析、要件定義、設計、実装、テスト、納品、運用など、システム開発に関わる全てです。

要件分析/要件定義

要件分析/要件定義とは、クライアントの「やって欲しいこと」「やりたいこと」をヒアリングし、エンジニアの視点で「何をどのように作るべきか」を分析する工程です。

クライアントは必ずしもシステムに詳しい人間では無いため、クライアントの希望を実現するために、どのようなシステムが必要なのか、そのシステムを作るのに必要な工数はどれほどなのかといった内容を考え、定義づけるのもシステムエンジニアの仕事です。

設計

設計とは、クライアントからヒアリングした要件を元に、システムを設計する工程です。前述の要件分析/要件定義で得たクライアントニーズを実現するために、どのようにシステムを作るか、どのようにコントロールするのかといった内容を決定。システム開発の設計図をこの段階で作成します。

実装

実装とは、作成した設計図を元にプログラムを組み、それらを形にしていく工程です。システムエンジニアは決められた納期までに納品できるよう、プログラムを組みます。

テスト

テストとは、組んだプログラムが正常に動くか、実際に動かしてみてクライアントのニーズとマッチしたものが出来上がっているか、自分たちの作り出したシステムがクライアントに納品して良いものかを確認する工程です。

納品

納品は、上記の工程を経て、完成したシステムをクライアントに受け渡す工程です。納品が終了した後に運用があるかどうかは顧客との握り次第ですが、とりあえず納品が終わればひと段落と考えてください。

システム・エンジニア(SE)のなり方

システム・エンジニアになるには

システムエンジニアになるために、特に資格や学歴などは必要ありません。

エンジニアに必要な技術は、自己流で学ぶ方もいれば、

SEを募集している企業でそれこそ初心者からでも入社して、実務をこなしながら成長していけば、エンジニアになるだけであれば基本的に誰でもなれます。

しかし、いわゆるIT土方と呼ばれる、与えられた仕事をこなしているだけではなく、エンジニアとして成り上がるためには、プログラミング技術だけではなく、クライアントとのコミュニケーション能力、人を動かすマネジメント能力などが必須になってきます。

システム・エンジニア(SE)の評価

難易度低 ○ ・ ・ ・ ・ 高
年収低 ・ ○ ・ ・ ・ 高
社会的地位低 ○ ・ ・ ・ ・ 高
ワークライフバランス暇 ・ ・ ・ ○ ・ 忙
総合悪 ・ ○ ・ ・ ・ 良

システムエンジニアは、なるだけであれば基本的には誰にでもなれる、門戸はかなり広い職業です。

システムエンジニアとして働く場合、いわゆるブラック企業に入社してしまうと、毎日終電で帰宅などはよくあること。平均年収は550万円前後ですが、残業代が含まれての数値なので、基本給はかなり低く設定されています。

しかしその一方で、システムエンジニアは20代で年収1000万円を超えるポテンシャルがある職でもあります。

勢いのあるベンチャー企業では、優秀なエンジニアは20代でCTO(Chief Technical Officer)として起用され、一千万円以上の年収を支払われているというのはよくある話です。

また、これからの時代は、全ての事象においてITが絡んでくるため、システム開発の技術を持っていれば、転職市場での価値に期待できます。

まとめ

以上、『システム・エンジニアの平均年収は低い?高い?手取りやボーナスまとめ!』でした。システム・エンジニアの平均年収は、日本の労働者の平均年収と比較して約1.2倍です。職業の平均年収などのデータから、今後のキャリアに繋がる意思決定の材料としてお役に立てていれば幸いです。
本記事で掲載しているデータは「賃金構造基本統計調査(厚生労働省)」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら