歯科医師(歯医者)の年収と手取りとボーナスまとめ!仕事内容やなる方法は?

この記事では、歯科医師(歯医者)の平均年収や手取り額、ボーナスの実態についてを政府統計などのデータを参考にまとめています。これから歯科医師を目指す方も、現在歯科医師の方も、歯科医師の年収が低いか高いかが気になる方は、この記事を参考にしてみてください。この記事では厚生労働省の『賃金構造基本調査』を中心に、厚生労働省・国税庁などで公開されているデータを元に独自の計算式で算出した数値を掲載しています。歯科医師の仕事や歯科医師になる方法に関しても掲載していますので、参考としてご覧ください。
本記事で掲載しているデータは「賃金構造基本統計調査(厚生労働省)」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

歯科医師(歯医者)の平均年収の推移

男女合計男性女性
2017年¥7,571,400¥8,081,900¥6,185,300
2016年¥8,569,600¥8,967,900¥7,593,900
2015年¥6,549,900¥6,745,500¥6,092,200
2014年¥7,342,800¥8,081,300¥5,375,200
2013年¥6,208,900¥6,577,900¥5,725,800
2012年¥6,794,000¥7,019,600¥5,928,900
2011年¥7,504,800¥7,379,400¥7,963,700
2010年¥5,819,100¥6,280,100¥4,692,200

2017年の歯科医師の平均年収は、男808万円・女618万円・計757万円でした。日本の労働者の平均年収が約440万円なので、歯科医師の平均年収は高いですね。

歯科医師(歯医者)の性別毎の平均年収

男女合計の平均年収
男女合計
757万円
年収ランキング9
男性の平均年収
男性
808万円
男性別年収ランキング9
女性の平均年収
女性
618万円
女性別年収ランキング9

歯科医師(歯医者)の世代別平均年収

年齢年収月収賞与(2回分)
20~24¥4,895,667--
25~29¥5,721,706¥357,606¥1,430,426
30~34¥6,613,617¥413,351¥1,653,404
35~39¥7,373,786¥460,861¥1,843,446
40~44¥8,110,483¥506,905¥2,027,620
45~49¥8,917,594¥557,349¥2,229,398
50~54¥9,435,478¥589,717¥2,358,869
55~59¥9,256,793¥578,549¥2,314,198
60~64¥7,204,187¥450,261¥1,801,046
65~69¥6,933,888¥433,368¥1,733,472
上記のデータは賞与を月収×4ヶ月分(夏・冬)と仮置きして算出しています。

歯科医師(歯医者)の生涯賃金

歯科医師
3億6342万円
一般的な生涯賃金
2億5600万円

歯科医師(歯医者)の詳しい年収

役職・雇用形態・学歴別の平均年収に掲載している数値は、平均年収を元に試算した結果です。高卒者の割合が0%の職種に関しても、数値は掲載されているので、あくまで参考程度にご覧ください。

役職別の推定年収

  • 部長クラス
    1399万円
  • 課長クラス
    1117万円
  • 係長クラス
    832万円

学歴別の推定年収

  • 大学卒
    757万円
  • 高専・短大卒
    580万円
  • 高卒
    545万円

雇用形態別の推定年収

正社員
757万円
非正規社員
409万円

歯科医師(歯医者)の仕事

歯科医師の仕事は、虫歯、歯周病をはじめとする、口腔内の疾患に対する治療と予防です。また、歯の治療に必要な事にはほとんど携わっているのが歯科医師で、入れ歯・詰め物の製作から、歯並びの矯正、抜歯なども行います。

歯科医師の働き方

歯科医師には、勤務医として働く人もいれば、開業医として働く人もいます。実際に勤務医として働く場合、平均年収は700万円前後と、大学の歯学部で3000万円近く支払って就く仕事としては、なんとも言い難い賃金です。

そのため、開業医として自身が歯科医院を経営する方が多く、平成29年1月の歯科診療所の数は68,872件と、かなりの数の歯科診療所が存在します(厚生労働省 医療施設実態調査 参照)。

開業医として働く場合は、歯科医師としての知識だけではなく、経営者としての手腕が問われます。例えば、雇った人の給与や評価などを適正に判断する力、競合他社とどのように差別化をはかり、集客するかを考える力などです。

歯科医師(歯医者)のなり方

参考:日本歯科医師会

歯科医師(歯医者)になるには

歯科医師になるには、高校卒業後に「歯科大学」か「大学の歯学部」に入学し、6年の就学を経て、歯科医師国家試験を受け、合格。その後、1年間の臨床研修をこなし、歯科医院に就職してようやく歯科医師として働くことができます。

歯学部/歯科大学の学費

歯学部/歯科大学の学費ですが、ざっくりと以下の表を参考にしてください。

6年間学費
国立大学3,500,000円
公立大学3,500,000円
私立大学28,000,000円

国立大学、公立大学に関しては、大学の一般学部と比較しても遜色無い学費です。しかし、私立の歯科大学の6年間の学費は、約2800万円と、一般家庭が支払うの非常に困難な金額になります。

歯科医師の難易度

歯科医師の国家試験の難易度は、さほど高く有りません。平成30年の歯科医師国家試験では、全体の合格率が64.5%と、非常に合格率の高い試験です(厚生労働省 第111回歯科医師国家試験の合格発表について 参照)。

また、私立の歯科大学に関しては、偏差値もさほど高いとは言えず、学費さえ払えれば入学できるような歯学部も多く存在します。

歯科医師と言われると、知的に感じますが、難易度は医者や弁護士、公認会計士などの難関資格とは比較になりません。

歯科医師(歯医者)の評価

難易度低 ・ ・ ○ ・ ・ 高
給与低 ・ ・ ・ ○ ・ 高
社会的地位低 ・ ・ ・ ・ ○ 高
ワークライフバランス暇 ・ ・ ○ ・ ・ 忙
総合悪 ・ ・ ・ ○ ・ 良

歯科医師は、難易度と比較するとnや社会的地位が高く、なかなか割の良い職業です。勤務医として働く場合は、日本中どこへ行っても歯科医院は存在するため、職にあぶれる心配は無いで演習しょう。

しかし、入試難易度の低い歯学部/歯科大学は、学費が異常に高いため、本人の努力よりもスポンサーの力に依存してしまいます。裕福な家庭に生まれたのであれば、歯医者を進路の選択肢として持ってみましょう。

まとめ

以上、『歯科医師(歯医者)の年収と手取りとボーナスまとめ!仕事内容やなる方法は?』でした。歯科医師の平均年収は、日本の労働者の平均年収と比較して約1.7倍です。職業の平均年収などのデータから、今後のキャリアに繋がる意思決定の材料としてお役に立てていれば幸いです。
本記事で掲載しているデータは「賃金構造基本統計調査(厚生労働省)」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら