薬剤師の年収と手取りとボーナスまとめ!仕事内容やなる方法は?

この記事では、薬剤師の平均年収や手取り額、ボーナスの実態についてを政府統計などのデータを参考にまとめています。これから薬剤師を目指す方も、現在薬剤師の方も、薬剤師の年収が低いか高いかが気になる方は、この記事を参考にしてみてください。この記事では厚生労働省の『賃金構造基本調査』を中心に、厚生労働省・国税庁などで公開されているデータを元に独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。
本記事で掲載しているデータは「賃金構造基本統計調査(厚生労働省)」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

薬剤師の平均年収の推移

男女合計男性女性
2017年¥5,438,200¥5,752,100¥5,259,800
2016年¥5,149,000¥5,526,200¥4,919,100
2015年¥5,334,900¥5,874,200¥5,023,600
2014年¥5,311,700¥5,904,800¥4,943,200
2013年¥5,326,600¥5,624,300¥5,195,700
2012年¥5,289,100¥5,695,800¥5,089,400
2011年¥5,003,000¥5,715,100¥4,733,000
2010年¥5,181,900¥5,953,200¥4,750,400

2017年の薬剤師の平均年収は、男575万円・女525万円・計543万円でした。日本の労働者の平均年収が約440万円なので、薬剤師の平均年収は高いですね。

薬剤師の性別毎の平均年収

男女合計の平均年収
男女合計
543万円
年収ランキング20
男性の平均年収
男性
575万円
男性別年収ランキング19
女性の平均年収
女性
525万円
女性別年収ランキング20

薬剤師の世代別平均年収

年齢年収月収賞与(2回分)
20~24¥3,516,340--
25~29¥4,109,647¥256,852¥1,027,411
30~34¥4,750,267¥296,891¥1,187,566
35~39¥5,296,262¥331,016¥1,324,065
40~44¥5,825,399¥364,087¥1,456,349
45~49¥6,405,111¥400,319¥1,601,277
50~54¥6,777,084¥423,567¥1,694,271
55~59¥6,648,743¥415,546¥1,662,185
60~64¥5,174,447¥323,402¥1,293,611
65~69¥4,980,303¥311,268¥1,245,075
上記のデータは賞与を月収×4ヶ月分(夏・冬)と仮置きして算出しています。

薬剤師の生涯賃金

薬剤師
2億6103万円
一般的な生涯賃金
2億5600万円

薬剤師の詳しい年収

役職・雇用形態・学歴別の平均年収に掲載している数値は、平均年収を元に試算した結果です。高卒者の割合が0%の職種に関しても、数値は掲載されているので、あくまで参考程度にご覧ください。

役職別の推定年収

  • 部長クラス
    1005万円
  • 課長クラス
    802万円
  • 係長クラス
    598万円

学歴別の推定年収

  • 大学卒
    543万円
  • 高専・短大卒
    416万円
  • 高卒
    391万円

雇用形態別の推定年収

正社員
543万円
非正規社員
293万円

薬剤師の仕事

薬剤師とは、医薬品に関する専門的な知識を持った国家資格取得者です。

薬剤師の仕事は、病院や薬局、ドラッグストアに勤め、医師の発行する処方箋に基づいて、薬の調合、服薬指導、販売を行ったり、アステラス製薬武田薬品のように民間の製薬会社で新薬を開発したり、新薬の安全性や効能を確認したりすることです。

薬剤師と言っても、就職先によって仕事は全く異なります。

薬剤師のなり方

薬剤師のなり方
参考:厚生労働省

薬剤師になるには

薬剤師になるには、国家資格の薬剤師免許を得る必要があります。大学の薬学部で6年間学び、薬剤師国家試験に合格するのが一般的な流れです。薬剤師の場合は、国家試験の受験資格を得ることにハードルがあり、薬剤師国家試験自体の合格率は70%前後を推移しています。

薬学部/薬科大学の学費

薬学部/薬科大学の学費ですが、ざっくりと以下の表をご覧ください。

6年間学費
国立大学3,500,000円
公立大学3,700,000円
私立大学13,000,000円

国立大学、公立大学の薬学部の学費は、350万~400万円です。しかし、私立大学に入学するとなると、6年間で1約1300万円の学費を支払うことになるため、裕福な家庭でなければ、子供を私立の薬学部に通わせることは困難でしょう。

薬学部/薬科大学の難易度

医学部とは異なり、薬学部/薬科大学の難易度は、ピンキリです。それこそ、東大や京大のような70を超える偏差値の大学から、偏差値40以下の薬学部を保有する大学まで、様々な大学があります。

薬学部に入学するだけであれば、勉強しなくても入れてしまうような大学はあるので、難易度は低いです。

しかし、学費の安い国立、公立の薬学部は、最低でも偏差値60以上の理系の学生でなくては入試を突破できません。

薬剤師の評価

難易度低 ・ ○ ・ ・ ・ 高
年収低 ・ ○ ・ ・ ・ 高
社会的地位低 ・ ・ ○ ・ ・ 高
ワークライフバランス暇 ・ ・ ○ ・ ・ 忙
総合悪 ・ ・ ○ ・ ・ 良

薬剤師と一言で言っても、高収入の薬剤師と低収入の薬剤師が混在しているため、一言で難易度や年収を評価するのは難しいでしょう。

実際、大手製薬会社でMRや研究員として働いている薬剤師は、基本的に年収1000万円を超えてきますが、病院や薬局に勤める薬剤師は、年収600万円以下で働いている方が大多数です。

低偏差値の大学でも薬剤師になることはできますが、免許取得後のことを考慮すると、大学選びは、入れるか入れないかよりも、就職実績を確認してからブランド力の強い大学に進学するべきでしょう。

就職実績の弱い大学に入学してから6年間勉強して薬剤師になったとしても、思うような収入が得られない可能性があることだけは気に留めておいてください。

まとめ

以上、『薬剤師の年収と手取りとボーナスまとめ!仕事内容やなる方法は?』でした。薬剤師の平均年収は、日本の労働者の平均年収と比較して約1.2倍です。職業の平均年収などのデータから、今後のキャリアに繋がる意思決定の材料としてお役に立てていれば幸いです。
本記事で掲載しているデータは「賃金構造基本統計調査(厚生労働省)」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら