社会保険労務士の年収と手取りとボーナスまとめ!仕事内容やなる方法は?

この記事では、社会保険労務士の平均年収や手取り額、ボーナスの実態についてを政府統計などのデータを参考にまとめています。これから社会保険労務士を目指す方も、現在社会保険労務士の方も、社会保険労務士の年収が低いか高いかが気になる方は、この記事を参考にしてみてください。この記事では厚生労働省の『賃金構造基本調査』を中心に、厚生労働省・国税庁などで公開されているデータを元に独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。
本記事で掲載しているデータは「賃金構造基本統計調査(厚生労働省)」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

社会保険労務士(社労士)の平均年収の推移

男女合計男性女性
2018年¥4,997,400¥5,336,800¥4,586,800
2017年¥5,262,100¥4,863,400¥5,497,000
2016年¥5,265,400¥5,067,200¥5,546,900
2015年¥6,706,300¥6,938,100¥6,313,300
2014年¥5,084,999¥5,105,700¥4,427,800
2013年¥5,299,900¥5,271,200¥5,373,600
2012年¥4,522,900¥5,008,600¥3,712,700
2011年¥4,657,400¥4,653,400¥4,665,500
2010年¥7,596,800¥8,239,000¥2,459,300

2018年の社会保険労務士の平均年収は、男533万円・女458万円・計499万円でした。日本の労働者の平均年収が約440万円なので、社会保険労務士の平均年収は高いですね。

社会保険労務士(社労士)の性別毎の平均年収

男女合計の平均年収
男女合計
499万円
年収ランキング30
男性の平均年収
男性
533万円
男性別年収ランキング25
女性の平均年収
女性
458万円
女性別年収ランキング30

社会保険労務士(社労士)の世代別平均年収

年齢年収月収賞与(2回分)
20~24¥3,231,318--
25~29¥3,776,535¥236,033¥944,133
30~34¥4,365,228¥272,826¥1,091,307
35~39¥4,866,967¥304,185¥1,216,741
40~44¥5,353,214¥334,575¥1,338,303
45~49¥5,885,937¥367,871¥1,471,484
50~54¥6,227,759¥389,234¥1,556,939
55~59¥6,109,821¥381,863¥1,527,455
60~64¥4,755,026¥297,189¥1,188,756
65~69¥4,576,618¥286,038¥1,144,154
上記のデータは賞与を月収×4ヶ月分(夏・冬)と仮置きして算出しています。

社会保険労務士(社労士)の生涯賃金

社会保険労務士
2億3987万円
一般的な生涯賃金
2億1120万円

社会保険労務士(社労士)の詳しい年収

役職・雇用形態・学歴別の平均年収に掲載している数値は、平均年収を元に試算した結果です。高卒者の割合が0%の職種に関しても、数値は掲載されているので、あくまで参考程度にご覧ください。

役職別の推定年収

  • 部長クラス
    923万円
  • 課長クラス
    737万円
  • 係長クラス
    549万円

学歴別の推定年収

  • 大学卒
    499万円
  • 高専・短大卒
    382万円
  • 高卒
    360万円

雇用形態別の推定年収

正社員
499万円
非正規社員
270万円

社会保険労務士(社労士)の仕事

社会保険労務士の仕事は、国家資格を有する、労働や社会保障に関する法律の専門家です。

社労士の業務は、専門家の観点から、企業が抱える人事系統、雇用、保険などに関するコンサルタント業務や、労働社会保険諸法令に基づく提出書類の作成、代行です。

労働法に関して理解の浅い経営者や経営層は意外と多く、諸制度を作る段階で就労規則などを適当に作ってしまうと、後々従業員との間でトラブルが生まれます。

クライアントの未来に起こりうるトラブルを先回りして予防するようなアドバイスを、クライアントのニーズに合わせた形で提案し、クライアントの手助けをするのも社労士の仕事です。

社会保険労務士(社労士)のなり方

社会保険労務士のなり方
参考:社会保険労務士試験オフィシャルサイト

社労士になるには

社労士は、厚生労働省の管轄の国家資格を有する専門家です。受験資格は主に、1.学歴、2.実務経験、3.厚生労働大臣の認めた国家資格合格の3つに分けられていて、どれかに該当している必要があります。

それらの詳細は「社会保険労務士試験オフィシャルサイト 社会保険労務士の受験資格」をご覧ください。

社会保険労務士(社労士)の評価

難易度低 ・ ・ ○ ・ ・ 高
年収低 ・ ・ ○ ・ ・ 高
社会的地位低 ・ ・ ○ ・ ・ 高
ワークライフバランス暇 ・ ・ ○ ・ ・ 忙
総合悪 ・ ・ ○ ・ ・ 良

社会保険労務士は、難易度が高い割に、独占業務としての占有性があまり感じられない仕事です。稼げている一部の社労士を除くと、社労士の年収は平均的に高くはなく、あくまで非正規雇用者を含む平均年収よりも高いといった印象。

しかし、会社を経営するにしても、サラリーマンとして働くにしても、社労士の資格に必要な知識は非常に役に立ちます。社労士として事務所で働くのも良いと思いますが、人事・法務・労務などのバックオフィスの延長として、社労士の資格を取得して働くのも面白いでしょう。

まとめ

以上、『社会保険労務士の年収と手取りとボーナスまとめ!仕事内容やなる方法は?』でした。社会保険労務士の平均年収は、日本の労働者の平均年収と比較して約1.1倍です。職業の平均年収などのデータから、今後のキャリアに繋がる意思決定の材料としてお役に立てていれば幸いです。
本記事で掲載しているデータは「賃金構造基本統計調査(厚生労働省)」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら