高等学校教員(高校教師)の年収と手取りとボーナスまとめ!仕事内容やなる方法は?

この記事では、高等学校教員(高校教師)の平均年収や手取り額、ボーナスの実態についてを政府統計などのデータを参考にまとめています。これから高等学校教員を目指す方も、現在高等学校教員の方も、高等学校教員の年収が低いか高いかが気になる方は、この記事を参考にしてみてください。この記事では厚生労働省の『賃金構造基本調査』を中心に、厚生労働省・国税庁などで公開されているデータを元に独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。
本記事で掲載しているデータは「賃金構造基本統計調査(厚生労働省)」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

高等学校教員(高校教師)の平均年収の推移

男女合計男性女性
2018年¥6,634,100¥6,922,300¥6,044,700
2017年¥6,622,700¥6,921,300¥6,020,300
2016年¥6,611,000¥6,933,800¥5,853,700
2015年¥6,702,200¥7,058,800¥5,899,500
2014年¥7,064,000¥7,433,300¥6,208,900
2013年¥6,779,700¥7,100,700¥6,020,100
2012年¥6,896,900¥7,212,500¥6,181,300
2011年¥7,159,000¥7,553,400¥6,203,100
2010年¥6,990,600¥7,358,500¥6,052,700

2018年の高等学校教員の平均年収は、男692万円・女604万円・計663万円でした。日本の労働者の平均年収が約440万円なので、高等学校教員の平均年収は高いですね。

高等学校教員(高校教師)の性別毎の平均年収

男女合計の平均年収
男女合計
663万円
年収ランキング11
男性の平均年収
男性
692万円
男性別年収ランキング12
女性の平均年収
女性
604万円
女性別年収ランキング11

高等学校教員(高校教師)の世代別平均年収

年齢年収月収賞与(2回分)
20~24¥4,289,609--
25~29¥5,013,389¥313,336¥1,253,347
30~34¥5,794,886¥362,180¥1,448,721
35~39¥6,460,949¥403,809¥1,615,237
40~44¥7,106,447¥444,152¥1,776,611
45~49¥7,813,642¥488,352¥1,953,410
50~54¥8,267,415¥516,713¥2,066,853
55~59¥8,110,850¥506,928¥2,027,712
60~64¥6,312,346¥394,521¥1,578,086
65~69¥6,075,508¥379,719¥1,518,877
上記のデータは賞与を月収×4ヶ月分(夏・冬)と仮置きして算出しています。

高等学校教員(高校教師)の生涯賃金

高等学校教員
3億1843万円
一般的な生涯賃金
2億1120万円

高等学校教員(高校教師)の詳しい年収

役職・雇用形態・学歴別の平均年収に掲載している数値は、平均年収を元に試算した結果です。高卒者の割合が0%の職種に関しても、数値は掲載されているので、あくまで参考程度にご覧ください。

役職別の推定年収

  • 部長クラス
    1226万円
  • 課長クラス
    979万円
  • 係長クラス
    729万円

学歴別の推定年収

  • 大学卒
    663万円
  • 高専・短大卒
    508万円
  • 高卒
    478万円

雇用形態別の推定年収

正社員
663万円
非正規社員
358万円

高等学校教員の仕事

高等学校教員の仕事は、高等学校の管理・運営、授業の計画・準備、授業、生徒の生活・進路指導、保護者とのコミュニケーション、部活動の顧問などです。

授業の準備と授業

高等学校教員の仕事として、最初に浮かぶのは授業です。授業は一日3~5コマ程度担当し、担当の生徒に対して該当科目を指導します。

授業を行う前に、まず、1年間の指導計画を立て、指導計画に従い、授業進度の管理を行います。また、良い授業を行うためには、授業の準備は当たり前で、プリントや小テストの製作なども必要です。

生活・進路指導

高等学校教員は、予備校や塾の先生と違い、生徒の生活態度や進路指導も業務の一環です。担当するクラスの生徒の悩みを探り、解決に導く必要があります。

現代社会では、不登校・いじめなども珍しくなく、教師としても頭を抱えるところですね。

保護者とのコミュニケーション

高等学校教員にとっての顧客は生徒だけではありません。生徒の保護者とコミュニケーションを取るのも教師の仕事です。進学や就職に関しては、家庭の経済的な事情に左右されるため、生徒と教師だけでは決められません。保護者と生徒、教師で協力して、生徒が後悔しない進路へ進ませる必要があります。

しかし、保護者の中には、生徒に関心が無い保護者、逆に過保護な保護者、何を言っているかよくわからない保護者など、問題児と呼ばれる生徒よりも厄介な相手が少なからず存在するため、保護者とのコミュニケーションは教師にとっての大きな課題です。

部活動の顧問

部活動の顧問は強制ではありませんが、学生が部活動を行うために、必ず顧問が必要です。そのため、頼まれると断れないタイプの教師は、やりたく無い部活の顧問を担当することになる場合があります。

部活動の顧問を担当してつく手当はすずめの涙ほどなので、本当に好きじゃ無い部活の顧問をやることになると、かなりの負担になるでしょう。

高等学校教員のなり方

高等学校教員のロードマップ
高等学校教員のロードマップ

高等学校教員になるには

高等学校教員になるには、4年生の大学で教職課程の単位を取得し、教員採用試験に受かる必要があります。高等学校教員になりたい場合は、採用試験に合格するハードルはさほど高くありません。しかし、免許を取得してからの教員採用試験は倍率8~10と高く、狭き門のように見えます。

高等学校教員の評価

高等学校教員は、就職難易度はさほど高く無いものの、給与や社会的地位は悪くありません。

しかし、職務性質上有給取得は困難で、サービス残業が蔓延しており、部活の顧問を担当すると、土日に低賃金労働を強いられます。ライフワークバランスは諦めざるを得ません。

また、生徒の相手だけでなく、モンスターペアレントの相手をしなくてはいけなかったり、高等学校教員にかかるストレスは計り知れません。

高等学校教員は、本当に仕事自体にやりがいを感じる方以外には絶対務まらない仕事です。

まとめ

以上、『高等学校教員(高校教師)の年収と手取りとボーナスまとめ!仕事内容やなる方法は?』でした。高等学校教員の平均年収は、日本の労働者の平均年収と比較して約1.5倍です。職業の平均年収などのデータから、今後のキャリアに繋がる意思決定の材料としてお役に立てていれば幸いです。
本記事で掲載しているデータは「賃金構造基本統計調査(厚生労働省)」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら