大学教授の年収と手取りとボーナスまとめ!仕事内容やなる方法は?

この記事では、大学教授の平均年収や手取り額、ボーナスの実態についてを政府統計などのデータを参考にまとめています。これから大学教授を目指す方も、現在大学教授の方も、大学教授の年収が低いか高いかが気になる方は、この記事を参考にしてみてください。この記事では厚生労働省の『賃金構造基本調査』を中心に、厚生労働省・国税庁などで公開されているデータを元に独自の計算式で算出した数値を掲載しています。また、大学教授の仕事内容や、大学教授になる方法もまとめてあります。参考値としてご覧ください。
本記事で掲載しているデータは「賃金構造基本統計調査(厚生労働省)」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

大学教授の平均年収の推移

男女合計男性女性
2018年¥10,814,900¥10,940,200¥10,279,200
2017年¥10,512,600¥10,701,000¥9,690,900
2016年¥10,691,100¥10,792,700¥10,210,600
2015年¥10,874,600¥10,998,800¥10,221,700
2014年¥10,736,900¥10,891,700¥10,047,400
2013年¥10,767,500¥10,871,600¥10,160,800
2012年¥10,805,300¥10,910,100¥10,166,600
2011年¥11,120,300¥11,271,300¥10,116,300
2010年¥11,142,200¥11,277,100¥10,269,900

2018年の大学教授の平均年収は、男1094万円・女1027万円・計1081万円でした。日本の労働者の平均年収が約440万円なので、大学教授の平均年収は高いですね。

大学教授の性別毎の平均年収

男女合計の平均年収
男女合計
1081万円
年収ランキング3
男性の平均年収
男性
1094万円
男性別年収ランキング3
女性の平均年収
女性
1027万円
女性別年収ランキング3

大学教授の世代別平均年収

年齢年収月収賞与(2回分)
20~24¥6,992,914--
25~29¥8,172,819¥510,801¥2,043,204
30~34¥9,446,815¥590,425¥2,361,703
35~39¥10,532,631¥658,289¥2,633,157
40~44¥11,584,920¥724,057¥2,896,230
45~49¥12,737,789¥796,111¥3,184,447
50~54¥13,477,528¥842,345¥3,369,382
55~59¥13,222,296¥826,393¥3,305,574
60~64¥10,290,377¥643,148¥2,572,594
65~69¥9,904,285¥619,017¥2,476,071
上記のデータは賞与を月収×4ヶ月分(夏・冬)と仮置きして算出しています。

大学教授の生涯賃金

大学教授
5億1911万円
一般的な生涯賃金
2億5600万円

大学教授の詳しい年収

役職・雇用形態・学歴別の平均年収に掲載している数値は、平均年収を元に試算した結果です。高卒者の割合が0%の職種に関しても、数値は掲載されているので、あくまで参考程度にご覧ください。

役職別の推定年収

  • 部長クラス
    1999万円
  • 課長クラス
    1596万円
  • 係長クラス
    1189万円

学歴別の推定年収

  • 大学卒
    1081万円
  • 高専・短大卒
    828万円
  • 高卒
    779万円

雇用形態別の推定年収

正社員
1081万円
非正規社員
584万円

大学教授の仕事

大学の講義

大学教授の仕事内容として、まず思いつくのは大学の講義です。1コマ90分の授業を週に5~6コマ+ゼミを担当し、学生に対して講義をします。

また、他大学の非常勤講師として講義を行う大学教授も少なくありません。それこそ研究内容や講義が人気の大学教授はあちらこちらから引っ張りだこです。

入学試験の担当

また、大学教授の仕事には入学試験の担当もあります。面接官であったり、試験監督であったり、試験問題の作成や採点であったり、入試に関する業務は大学職員・大学教授の仕事です。

研究と論文執筆

大学教授の仕事はそれに加えて「研究」と「論文執筆」があります。そもそも、大学教授としては、自身の研究内容を講義で学生に教えているわけでして、大学教授の本分は研究です。

そして、自身の研究活動を論文にまとめ、学会で発表・討論を行います。その際、国内だけではなく、国際的な学会でも討論を行うため、英語で討論できるような語学力が必須です。

大学の運営

大学教授は、大学の運営や方針決定にも携わります。自身の担当学部・学科の方針や予算会議など、様々な会議に参加するのも大学教授の仕事です。

大学教授のなり方

大学教授のなり方

講師准教授→教授

大学教授になるには

大学教授のなり方には主に2種類の方法があります。1つめは「博士号」を取得し、大学に就職してキャリアアップを目指す方法です。2つめは、社会人としてキャリアを積み上げ、大学からのスカウトや公募から大学教授になる方法です。

博士号取得→大学就職(一般枠)

一般的によく知られている大学教授へのルートは、大学を卒業し、大学院で博士号を取得。その後、大学の公募で就職活動をし、助手からキャリアアップを重ねて教授を目指すルートです。

このルートでは、ポストの不足が懸念で、自身の研究テーマと相性の良い教授の引退のタイミングと就職活動のタイミングがマッチしなければ、基本的にはそもそも募集がかかりません。

また、大学院終了後に大学に残れるかどうかも教授などの推薦が必要です。

大学教授は、学術的努力だけではなく、人脈を広げることに長けている方が、運を味方につけてようやくなり得る可能性のある職業です。

そして、助手、講師、准教授とキャリアを重ね、40代半ばから晴れて大学教授として働くことができます。

社会人教員として就職

上記の一般的なルートだけではなく、社会人としてのキャリアを認められ、大学教授になる方も存在します。

一般企業での研究職として素晴らしい成果を出した方が、教授募集の公募を見つけて応募してみたり、大学側からのスカウトがあったりしてそのまま教授として迎えられるので、本当に大学教授を目指すのであれば、社会人として一度就職するのも手ではありますね。

大学教授の評価

大学教授は、それこそ運が大きく絡むため、難易度だけで言ってしまえば、その他の高給職と比較しても難しいかもしれません。また、教授として働けるのが通常40代半ばからという点で、生涯年収は期待値や計算で出す数値よりも低めでしょう。大学教授になれる能力を持っているのであれば、会社員としても高水準の給与を得ることができるはずなので、アカデミックな場で教壇に立つ「やりがい」にモチベーションを感じる人以外が給与目当てで大学教授を目指すのはおすすめできません。

まとめ

以上、『大学教授の年収と手取りとボーナスまとめ!仕事内容やなる方法は?』でした。大学教授の平均年収は、日本の労働者の平均年収と比較して約2.4倍です。職業の平均年収などのデータから、今後のキャリアに繋がる意思決定の材料としてお役に立てていれば幸いです。
本記事で掲載しているデータは「賃金構造基本統計調査(厚生労働省)」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら