航空機操縦士(パイロット)の平均年収は低い?高い?手取りやボーナスまとめ!

この記事では、航空機操縦士(パイロット)の平均年収や手取り額、ボーナスの実態についてを政府統計などのデータを参考にまとめています。これから航空機操縦士を目指す方も、現在航空機操縦士の方も、航空機操縦士の年収が低いか高いかが気になる方は、この記事を参考にしてみてください。また、パイロットになる方法や、仕事内容に関しても言及しています。この記事では厚生労働省の『賃金構造基本調査』を中心に、厚生労働省・国税庁などで公開されているデータを元に独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。
本記事で掲載しているデータは「賃金構造基本統計調査(厚生労働省)」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

航空機操縦士(パイロット)の平均年収の推移

男女合計男性女性
2018年¥20,480,300¥20,542,400¥11,816,200
2017年¥11,921,300¥11,931,200¥11,134,400
2016年¥20,473,900¥20,567,800¥12,064,400
2015年¥15,315,200¥15,329,800¥8,181,300
2014年¥17,120,900¥17,120,900¥0
2013年¥11,601,100¥11,607,000¥8,053,100
2012年¥11,516,500¥11,516,500¥0
2011年¥11,988,400¥11,987,500¥12,161,500
2010年¥11,361,300¥11,434,700¥5,386,300

2018年の航空機操縦士の平均年収は、男2054万円・女1181万円・計2048万円でした。日本の労働者の平均年収が約440万円なので、航空機操縦士の平均年収は高いですね。

航空機操縦士(パイロット)の性別毎の平均年収

男女合計の平均年収
男女合計
2048万円
年収ランキング1
男性の平均年収
男性
2054万円
男性別年収ランキング1
女性の平均年収
女性
1181万円
女性別年収ランキング1

航空機操縦士(パイロット)の世代別平均年収

年齢年収月収賞与(2回分)
20~24¥13,242,561--
25~29¥15,476,962¥967,310¥3,869,240
30~34¥17,889,542¥1,118,096¥4,472,385
35~39¥19,945,764¥1,246,610¥4,986,441
40~44¥21,938,497¥1,371,156¥5,484,624
45~49¥24,121,697¥1,507,606¥6,030,424
50~54¥25,522,549¥1,595,159¥6,380,637
55~59¥25,039,214¥1,564,950¥6,259,803
60~64¥19,487,005¥1,217,937¥4,871,751
65~69¥18,755,858¥1,172,241¥4,688,964
上記のデータは賞与を月収×4ヶ月分(夏・冬)と仮置きして算出しています。

航空機操縦士(パイロット)の生涯賃金

航空機操縦士
9億8305万円
一般的な生涯賃金
2億5600万円

航空機操縦士(パイロット)の詳しい年収

役職・雇用形態・学歴別の平均年収に掲載している数値は、平均年収を元に試算した結果です。高卒者の割合が0%の職種に関しても、数値は掲載されているので、あくまで参考程度にご覧ください。

役職別の推定年収

  • 部長クラス
    3785万円
  • 課長クラス
    3022万円
  • 係長クラス
    2252万円

学歴別の推定年収

  • 大学卒
    2048万円
  • 高専・短大卒
    1569万円
  • 高卒
    1476万円

雇用形態別の推定年収

正社員
2048万円
非正規社員
1106万円

航空機操縦士(パイロット)の仕事内容

お客様を安全に快適に目的地に届ける

パイロットの仕事内容(ミッション)としては、ANAが掲げている「お客様を安全に快適に目的地に届ける」が、もっともわかりやすい答えでしょう。

安全で快適な空の旅を顧客に提供するために、運行に関する情報収集を集め、事前にミーティングなどを行い、客室乗務員との連携を強めます。

また、継続的に「安全・快適な空の旅」を提供するため、後輩育成のための訓練プログラムを作成したり、指導教官として後輩指導を行うのもパイロットの業務です。

航空機操縦士(パイロット)のなり方

パイロットのなり方

航空機操縦士(パイロット)になるには

航空会社の航空機操縦士(パイロット)になるには、いくつかのルートが存在します。ここでは、「自社養成パイロットコース」と「航空大学から資格取得コース」について言及しましょう。

自社養成パイロットコース

1つ目は、4年制大学卒業後に、『ANA』や『JAL』に新卒入社し、自社養成パイロットとしての訓練を受け、事業用操縦士の国家資格を得て、副操縦士に至るコースです。

自社養成パイロットコースを選択する場合のライバルは、「東大」「京大」「早稲田」「慶應」をはじめとする高学歴エリート達です。また、ANAの自社養成パイロットコースでは、TOEIC700点以上を応募資格とされているため、そもそもの学力に自身の無い方はふるい落とされます。

パイロットのなり方2

ANA RECRUITMENT 参照 2018/7/4 閲覧

自社養成パイロットコースは、入社してしまえば有料をもらいながら訓練に励み、会社からのサポートが充実しているため、入社のハードルを乗り越えればパイロットとして活躍できる可能性が非常に高いコースですね。

航空大学から資格取得コース

2つ目は、短大・専門学校・大学卒業後に航空大学に進学し、事業用操縦士の国家資格を得て、有資格者枠で航空会社への入社を目指すコースです。

航空大学コースは、自社養成パイロットコースと比較すると、パイロット・航空関係以外の就職が難しく、パイロットになれなかった場合のリスクが気になりますが、パイロットを目指すのであれば選択肢としては悪くありません。

パイロットになるための情報

パイロットになるための情報は、

により詳しく掲載されているので、参考にしてみてください。

航空機操縦士(パイロット)の評価

パイロットは、パイロットになるハードルの高さを乗り越えさえすれば、給与・社会的地位・ワークライフバランスなどの観点で、素晴らしい職業です。特に給与に関しては、サラリーマンとしては最高クラスの年収2000万コースを期待できます。

まとめ

以上、『航空機操縦士(パイロット)の平均年収は低い?高い?手取りやボーナスまとめ!』でした。航空機操縦士の平均年収は、日本の労働者の平均年収と比較して約4.6倍です。職業の平均年収などのデータから、今後のキャリアに繋がる意思決定の材料としてお役に立てていれば幸いです。
本記事で掲載しているデータは「賃金構造基本統計調査(厚生労働省)」を中心に、厚生労働省や国税庁で一般公開されている統計データを元に、独自の計算式で算出した数値を掲載しています。参考値としてご覧ください。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら