バイト・パート面接に行く時の服装マナー

最終更新日: 2019/02/13 15:39

バイトやパートの面接を受けに行くときに、悩みがちなのが服装です。

面接では第一印象が重要なので、できれば面接官に好印象を与える服装を選びたいと思っても、「スーツじゃ堅すぎる?」、「私服はカジュアル過ぎる?」と、どんな格好をして面接に行けばいいのか決まらない時ってありますよね。

そんな時には、バイトやパートの業種をもとに服装を選べば、面接にふさわしい格好ができます。

今回は、業種別におすすめの面接時の服装を説明していきます。毎回、バイト・パート面接で何を着て行けばいいのか悩んでしまう方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

飲食店・小売店のバイト・パート面接

私服を選ぶ女性の画像

飲食店や小売店などのバイト・パート面接では、普通のカジュアルな服装を選びましょう。汚れやシワがついた服装、寝癖がついたボサボサの髪型などは印象がよくありませんが、清潔感のある格好なら問題ありません。

アパレルのバイト・パート面接

アパレルショップの画像

アパレルショップのバイト・パート面接では、そのお店に合ったテイストの服装を選びましょう。

お店の服の系統とあまりにも違う私服だと、お店で接客するイメージも湧きにくいですし、面接官に「本当にうちで働きたいのかな?」と疑問を持たせてしまうかもしれません。

塾・予備校のバイト・パート面接

塾や予備校のバイト・パート面接は私服よりもフォーマルな服装を選びましょう。落ち着いた色のジャケットやシャツを着用し、清潔感のある真面目な印象を与えられると良いでしょう。

ジャケット

ジャケットの画像

シャツ

シャツの画像

塾や予備校のバイトではスーツを義務付けているところが多いので、面接もそれに近い格好で臨む必要があります。

企業のバイト・パート面接

ビル群の画像

企業のバイト・パート面接はオフィスカジュアルと呼ばれる服装を選びましょう。塾や予備校の面接時と同様、落ち着いた色のジャケットやシャツを着用して、シンプルなボトムスを着用します。メイクや髪型も派手になりすぎない、ビジネスの場にふさわしいものをこころがけると良いでしょう。

まとめ

バイトやパート先の業種や雰囲気に合わせて面接の服装を選ぶことが大切です。また、どんな服装なら一緒に働きたいなと思ってもらえるのかを考えてみるといいでしょう。

バイトやパートの面接を控えている方の参考になれば幸いです。

関連記事

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら