バイトに行きたくない時にするべき3つの行動

最終更新日: 2019/01/15 10:13

体調、気分、人間関係、労働環境など様々な理由で、「今日バイト行くのだるいな〜」、「バイト休みたいな」と思ってしまう日は誰しもあるでしょう。特に連勤だとこの気持ちが増してしまいますよね。

ただし、本当にバイトを休むことは現実的ではありません。バイト先に迷惑をかけてしまいますし、お金を稼ぐこともできなくなります。ですから、バイトに行きたくないと思った時は、その気持ちを和らげるための行動を取るようにしてみましょう!

この記事では、バイトに行きたくない時にするべき行動を3つ紹介します。辛くなってしまった時はぜひ試して見てください。

バイトに行かなかった時のことを考える

バイトに行きたくない人に注意をする人の画像

バイトに行かなかった場合に起こるマイナスなことを考えます。例えば、

  • 他のメンバーの負担が重くなり、最悪の場合、彼らからの信用を失う
  • 行かなかった分の給料が入らない
  • バイトを休むことに抵抗がなくなり、繰り返す

バイトになんとなく行きたくないと思って休むと、こんなデメリットが待っています。一時的な感情でバイトに行かないのはやめておきましょう。

バイトはお金のためだと割り切る

バイトで稼いだお金をもつ女の子の画像

バイト先の人間関係や業務内容が原因で、バイトに行きたくないと考える人もいるかもしれません。そんな時は「バイトはお金のため」と割り切りましょう。バイトの第一目的をお金にして、他に意味を見出さなければよいのです。

自分がするべき業務を最低限こなして、時給が発生するのを待ちます。

「バイト 行きたくない」で検索

twitterのアイコン画像

TwitterなどのSNSで「バイト 行きたくない」と検索してみてください。自分だけではなく、大半の人間が同じことを考えていることがわかります。みんなもバイト行きたくないんだなと知れば、少しだけ気持ちが軽くなります。

誰も高いモチベーションでバイトに行ってないので大丈夫です。

まとめ

「バイトに行きたくないな」という思いが、この記事で少しでも軽減できたら幸いです。あまり深く考えず、みんなも自分と同じようなことを考えながら働いているんだなと思ってみてください。また今のバイトとの相性が本当によくないのなら、辞めるという方法もあることを忘れないでくださいね。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら