メールや電話で大丈夫?バイトの円満な辞め方

最終更新日: 2019/01/18 10:42
danda171203IMGL5037_TP_V4.jpg

バイトを辞めようとしても、すんなり辞められるかはわかりません。例えば、人手不足で引き止められたり、店長と仲が良すぎて辞めたいと言いにくかったり……

とはいってもバイトをしていれば、いつかはバイトを辞めなければならない日がやってきます。そんな時、今までお世話になったバイトはトラブルなく、できるだけ円満に辞めたいですよね。

この記事では、バイトを円満に辞めるために気をつけたいことを手段、時期、伝える相手、理由ごとに解説します!特に重要なのはバイトを辞める理由です。例を紹介しているので参考にしてみてください。

バイトの円満な辞め方

バイトを円満に辞めるには、

  1. バイトを辞めることを伝える手段
  2. バイトを辞めることを伝える時期
  3. バイトを辞めることを誰に伝えるか
  4. バイトを辞める理由

の4つを考慮する必要があります。

伝える手段

バイトを辞めることは、必ず直接伝えましょう。お世話になったバイト先を辞めるのに、メールや電話で伝えることは、誠意がなく、失礼にあたります。

伝える時期

民法第627条によると、雇用期間の規定がない場合、辞めたい日の2週間前に伝えれば法律上は問題ありません。しかし円満な辞め方をするなら、バイト先の事情やシフトのことを考え、約1ヶ月前には退職の意思を伝えましょう。

誰に伝えるか

バイトを辞めることは、必ず店長や上司などの責任者に伝えます。バイトメンバーから店長、上司に伝わってしまうのは、円満なバイトの辞め方に繋がりません。

辞める理由

バイトの円満な辞め方で1番重要なのは理由です。バイト先の人が納得でき、引きとめにくい理由を事実ではなくても伝えましょう。

家庭の事情

f0e50fa7eeaf08fe2fda900db22a98cd_s.jpg

「妹が入院して、看病することになりました。」
「他県に引っ越すことになりました。」

家庭の事情は説得力があり、バイト先は基本的に辞めることを拒否できません。円満な辞め方に向いている理由です。

病気になった

yasumimasuIMGL0293_TP_V4.jpg

「病気でしばらく入院します。」
「病気で立ち仕事は難しくなりました。」

これが事実であれば、バイト先はあなたを働かせることはできなくなります。深刻そうに話しましょう。

就職、留学

NShikouki0704_TP_V4.jpg

「来月からアメリカに1年間留学します。」
「就職することになりました。」

これらは前もって決まっているはずのことなので、伝えるタイミングに注意です。しかし、物理的にバイトを辞めざるえない理由なので、円満な辞め方に最適です。

まとめ

上記のように、バイト先の事情を考えれば、円満に辞められます。バイトの辞め方に悩んだ時は、この記事を参考にしてみてください。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら