健康保険資格喪失証明書がない時はどうする?年金事務所で即日発行する方法とは!

最終更新日: 2019/10/11 16:17

会社を退職して会社に務める人やその家族が対象となる社会保険から、国民保険へ切り替える時に、あなたが被保険者では無いことを証明してくれる「健康保険資格喪失証明書」。初めて会社を退職する方の中には「健康保険資格喪失証明書がない!」と困っている方は少なくはないでしょう。

この記事では、健康保険資格喪失証明書が無くて困っている時の対処方法を掲載します。小さなお子さんがいらっしゃる方などは少し焦っていると思いますが、落ち着いて健康保険資格喪失証明書を手に入れましょう。

健康保険資格喪失証明書がない時の対処方法

健康保険資格喪失証明書
健康保険資格喪失証明書(協会けんぽ)

国民健康保険へ切り替える時に必要な書類の「健康保険資格喪失証明書」は、所属していた会社に依頼すれば作成してくれる場合もあるようですが、基本的には自分で管轄の年金事務所へ行き作成するものです。

年金事務所で健康保険資格喪失証明書の発行手続きをしよう

年金事務所で必要な手続きのやり方

お近くの年金事務所へ行き、健康保険資格喪失証明書を発行したい旨を伝えて「健康保険・厚生年金保険 資格取得・喪失等確認請求書」を提出すると、これまで参加していた保険が協会けんぽの保険であれば即日発行してもらえます。

健康保険・厚生年金保険 資格取得・喪失等確認請求書は、「健康保険・厚生年金保険 資格取得・喪失等確認請求書」からPDF/エクセル形式でダウンロードしてください。

年金事務所で必要な手続きに必要なもの

年金事務所の窓口にて交付を希望される方は、運転免許証などの身分証明書・印鑑・年金手帳・マイナンバーが記載された住民票を持参しましょう。

最寄りの年金事務所の見つけ方

最寄りの年金事務所の検索は「全国の相談・手続き窓口」からすることができます。

あなたの市場価値を診断してみよう!

健康保険資格喪失証明書を発行する時の注意事項

「被保険資格喪失届」が出ているか確認しよう

健康保険資格喪失証明書を発行するためには、あなたの所属していた会社が「被保険者資格喪失届」を日本年金機構に提出している必要があります

この被保険者資格喪失届は、あなたが健康保険資格を喪失した日(退職日翌日)から5日以内に会社が日本年金機構に提出することを義務付けられています。

そのため、この記事を見ているあなたが退職翌日からまだ5日経っていない場合は、健康保険資格喪失証明書を発行できない場合もあるでしょう。

焦らずに所属していた会社にその旨を伝えて被保険者資格喪失届を速やかに提出してもらってください。

「健康保険資格喪失証明書」を発行するには自分で手続きをしよう

よくある間違いですが、健康保険資格喪失証明書を発行する義務は会社にありません。希望者には発行してくださる会社もあると伺いましたが、基本的には自分で手続きをする必要があるという認識を持ちましょう。

もしあなたが退職してすぐに健康保険喪失証明書を貰えなかったら、待っていても会社から書類が送られてくることはありません

あなたの市場価値を診断してみよう!

まとめ

健康保険資格喪失証明書が手元に無いと、国民保険への移行が滞ったり、病院へ行く時に保険が適用されなかったりと、トラブルの元になります。自身のためにも家族のためにも保険に関する手続きは迅速にすませましょう。

また、転職の際にも「健康保険資格喪失証明書」は必要になります。速やかな手続きと保管を心がけましょう。

参考

この記事は全国健康保険協会日本年金機構を参考に書いています。

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら