日本健康マスター検定とは?試験の詳細や難易度、就職で有利になるかなどを徹底解説!

65 Views

医療従事者の男性

健康や医療に関する幅広い知識を学べる「日本健康マスター検定」に関する総合解説記事です。日本健康マスター検定の試験概要や難易度、資格の魅力などを紹介しています。

日本健康マスター検定に興味がある方、受験を考えていらっしゃる方は参考にしてみてください。

日本健康マスター検定とは

日本健康マスター検定とは、健康全般の知識を体系的にカバーする「健康リテラシー」や「ヘルスリテラシー」をはかる試験です。検定の略称は「健検」。

試験問題は国の「健康日本21」などの健康政策に準拠し、健康・医療分野の専門メンバーによる総合監修委員会で作成されている他、日本医師会が監修協力を務め、文部科学省・日本歯科医師会・日本看護協会・日本薬剤師会といった多くの健康関連諸団体が後援しているなど、信頼性の高い検定と言えます。

日本健康マスター検定の勉強を通じて、最新の医学や日々の生活に役立つ実践的な健康知識を学べます。更に、そうした知識を応用して、必要な健康情報を取捨選択したり、情報の真偽を見極められるスキルも身につくでしょう。

日本健康マスター検定の試験概要

主な出題範囲

  1. 食生活と健康
  2. 運動と健康
  3. 睡眠と心の健康
  4. がん対策
  5. 救急の知識
  6. 高齢の家族の健康
  7. 女性の健康
  8. 口の健康
  9. 健康を支える仕組み
  10. 健康の啓発(エキスパートのみ)
  11. 新型コロナウイルス

受験資格

受験資格は特に設けられておらず、年齢・職業問わず誰でも受験可能です。

出題形式

ベーシックコース・エキスパートコース共に、4肢択一のマークシート方式です。

合格基準

ベーシックコース・エキスパートコース共に、正答率75%以上で合格です。合格基準はやや高めなので、あまりミスの許されない試験だと言えるでしょう。

試験時間

ベーシックコースは60分、エキスパートコースは80分になります。

受験料

ベーシックコースは5,000円、エキスパートコースは8,000円になります。

日本健康マスター検定の難易度と合格率

日本健康マスター検定はベーシックコースとエキスパートコースがありますが、どちらも基本的には公式テキストの内容から出題されます。ベーシックコースではテキストの基本的な内容を理解しているかが問われ、エキスパートコースではやや細かい知識も問われます。

どちらのコースも勉強するテキストは共通しており、受験資格も特に設けられていないので、よほど自信のない場合でない限りエキスパートコースから受けて問題ないでしょう。

毎年の合格率はベーシックコースが70〜80%、エキスパートコースが50〜60%程度です。これまでの合計受験者数と合計合格者数は以下の通り。

ベーシックコースエキスパートコース
合計受験者26,00933,260
合計合格者14,75618,490

日本健康マスター検定の魅力(良い点)

健康に関する体系的知識が得られる

人間として生きていく上で、健康や病気に関する基本的な知識はある程度持っていた方が良いのは言うまでもありません。日本健康マスター検定の勉強をすることで、健康全般に関する体系的な知識が身につきます。

また、インターネット上には誤った健康情報も少なくないですが、そういった数多くの情報の中から本当に正しいものを取捨選択できる力も養えます。

健康・美容の仕事においてお客様に有益なアドバイスをするのに役立つ

既に健康・美容・介護関係などの仕事に従事している人であれば、お客様により有益なアドバイスを行うために、日本健康マスター検定の勉強で得た知識が役立ちます。

例えば、薬局やドラッグストア、エステサロン、介護や在宅医療の現場、健康関連商品の営業、一般企業の労務管理、健康やヘルスケアに関するライターなどです。

就職においては、健康に関する基本的な知識を身につけていることはある程度評価されるかもしれませんが、現状、日本健康マスター検定の資格を所有していることが採用の決定打となることは少ないでしょう。

認定講師として健康普及活動を行える

エキスパートコースに合格し、尚且つ一定の養成課程を修了した者には「普及認定講師」の資格が認定され、職場や地域で健康普及啓発活動を行うための様々なバックアップがなされるようになります。

健康に関する正しい知識を幅広く世に広めていきたいという人には、非常におすすめの資格です。

日本健康マスター検定のおすすめテキスト



日本健康マスター検定の公式テキストです。ベーシックコース・エキスパートコース両方に対応しています。

このテキストを熟読するだけで試験対策としては十分かと思いますが、日本健康マスター検定の公式サイトから過去問も購入できるので、絶対に合格したいという人は過去問にもしっかりと取り組みましょう。

まとめ

以上「日本健康マスター検定とは?試験の詳細や難易度、就職で有利になるかなどを徹底解説!」でした。

誤ったネット情報やヤブ医者などに騙されないためにも、健康・医療に関する基本的な知識を身につけておくことは大事なので、健康・美容・介護などの仕事に従事している人はもちろん、全ての人に日本健康マスター検定はおすすめできます。

大学生や社会人におすすめの資格に関する記事一覧

語学に関する資格

法律に関する資格

ビジネスに関する資格

不動産に関する資格

心理や教育に関する資格

医療や福祉に関する資格

旅行に関する資格

理工系に関する資格

ITに関する資格

教養に関する資格

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら