電気主任技術者とは?試験の概要や合格率、取得するメリットなどを解説!

23 Views

研究者の男性

本記事では、電気主任技術者試験の概要、近年の合格率、資格を取得するメリット、おすすめのテキストなどを解説しています。電気主任技術者に興味がある方、電気設備の保安監督などの仕事に従事したい方は是非参考にしてください。

電気主任技術者とは

電気主任技術者とは、発電所・変電所・工場・ビルなどにおいて、受電設備や配線といった電気設備の保安監督の仕事に従事できる資格のことです。

このような電気設備を設けている事業主は、工事・保守・運用などの保安の監督者として、電気主任技術者を置かなければならないことが法令で義務づけられています。

電気主任技術者は独占業務資格なので、社会的評価が高く、比較的需要もある資格と言えるでしょう。

電気主任技術者の資格は、取り扱うことができる電圧によって、第1種から第3種までの3種類があります。

第1種全ての事業用電気工作物
第2種電圧が17万ボルト未満の事業用電気工作物
第3種電圧が5万ボルト未満の事業用電気工作物(出力5千キロワット以上の発電所を除く)

電気主任技術者になるには、電気事業法に基づく国家試験に合格し、経済産業大臣の認定を受けなければいけません。試験の略称は電験。

電気主任技術者の魅力(良い点)

独占業務資格であり、電力会社を中心として需要が高い

電気主任技術者には、電気設備の保安監督という独占業務が存在します。更に、電気設備を設けている事業主は、電気主任技術者の資格を持つ者を必ず選任しなければならないことが法令で義務づけられています。

ですので、電気主任技術者の需要は総じて高く、電気主任技術者を必要としている電力会社や事業所においては、この資格を持っているだけで採用となるケースも少なくありません。

有資格者が求められているため、給料や手当などの面で無資格者よりも優遇されている場合がほとんどです。

第1種と第2種試験は、1次と2次を合わせると合格率3〜2%の難関国家資格ですが、その難易度に見合うメリットは十分に得られる資格だと言えるでしょう。

電気主任技術者の合格率

第1種

年度1次試験2次試験
平成29年度23.2%15.1%
平成30年度24.1%13.7%
令和元年度24.2%17.2%

第2種

年度1次試験2次試験
平成29年度26.4%13.5%
平成30年度24.1%14.5%
令和元年度23.6%22.8%

第3種

年度1次試験2次試験
平成29年度8.1%×
平成30年度9.1%×
令和元年度9.3%×

電気主任技術者試験の概要

電気主任技術者には第1種から第3種までの3種類があり、取得する免許によって試験も異なっています。

第3種試験は1次試験のみですが、第1種と第2種試験は1次試験に加えて2次試験もあるのが特徴です。

1次試験は「理論」「電気」「機械」「法規」の4科目があり、3年以内であれば合格した科目を免除申請できる科目別合格制度を採用しています。

2次試験は「電力・管理」と「機械・制御」の2科目あり、科目別合格制度はありませんが、1次試験合格年度に不合格になっても翌年度は1次試験が免除されます。

試験形式

1次試験はマークシートに記入する多肢選択方式、2次試験は記述方式により行われます。

3種は基本的に各科目100点満点ですが、2種は90点満点、1種は80点満点の年度もありました。

合格基準

電気主任技術者試験の合格基準は、試験結果発表日にホームページで公表されるため、「○点以上とれば合格」といったように予め絶対的基準が定まっている訳ではありません。

各科目共に6割を超えれば合格できる場合が多いですが、確実に合格したいならば、各科目7割以上の正答率を目指して勉強すると良いでしょう。

受験資格

電気主任技術者試験には、実務経験や学歴といった制限はなく、誰でも受験することが可能な試験です。

電気主任技術者試験のおすすめテキスト




フルカラーで見やすい図版や板書を用いて、分かりにくいポイントを徹底的に整理しており、文系出身の初学者でも無理なく電気主任技術者3種の学習を進めることができます。

教科書と問題集の2冊セットで、それぞれ対応ページのリンクを示しているので、教科書→問題集、問題集→教科書への往復もラクラク。教科書を学習した後に重要問題を厳選した過去問を解き、解けない問題は教科書で復習することで効率的に力が身につくでしょう。

「理論」「電気」「機械」「法規」の4冊が出版されています。




電験2種これだけシリーズは、3種試験に合格し、これから電気主任技術者2種を受験しようと学習を始めた人のための解説書です。

3種と2種では難易度も多少開きがありますが、本書の例題は2種だけでなく3種の出題からも取り上げており、易しい問題から実践的な問題へと段階的に学習できるよう構成されているので、短期間で無理なく実力を養うことができます。

まとめ

以上「電気主任技術者とは?試験の概要や難易度、取得するメリットなどを解説!」でした。

電気主任技術者試験は合格率が低く、国家資格の中でも間違いなく難関の部類に入ると言えるでしょう。しかしながら、理系の業務独占資格なので需要は高く、労力をかけて資格を取る価値は十分にあります。

文系の方はまずは3種からステップアップしていくのがおすすめです。

参考:電気技術者試験センターホームページ

大学生や社会人におすすめの資格に関する記事一覧

語学に関する資格

法律に関する資格

ビジネスに関する資格

不動産に関する資格

心理や教育に関する資格

医療や福祉に関する資格

旅行に関する資格

理工系に関する資格

ITに関する資格

教養に関する資格

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら