豊橋技術科学大学の偏差値・センターボーダーと進路実績【2020年最新版】

71bda46006

大学受験における豊橋技術科学大学の学部/学科別偏差値やセンター得点率ボーダー、大学入試難易度のランクなどを掲載した記事です。卒業生の進路実績や豊橋技術科学大学に進学する生徒の多い高校なども掲載しています。志望校を選ぶのに悩んでいる高校生や保護者様は参考にしてみてください。

本記事で掲載している偏差値/入試日程等の情報は河合塾(kei-net)を参照しています。入試スケジュールは必ず各大学の公式ホームページを確認してください

豊橋技術科学大学の偏差値とセンターボーダー

豊橋技術科学大学の偏差値
47.5
豊橋技術科学大学のセンターボーダー
64%

豊橋技術科学大学で偏差値の一番高い工学部の偏差値は「47.5」で、偏差値の一番低い工学部の偏差値は「47.5」です。大学入試難易度ランクは「D」ランクに位置しており、日本に存在する大学の中では普通クラスに位置する大学と言えるでしょう。

豊橋技術科学大学の学部別偏差値とセンターボーダー

工(47.5)

工の偏差値とセンターボーダー

センター偏差値学科日程効果
センター個別
6447.5-理型1

豊橋技術科学大学の入試スケジュール

センター試験出願受付2019/9/30~10/10
本試験2020/1/18・19
追試験2020/1/25・26
個別試験
(第2次試験)
出願受付2020/1/27/~2/5
前期試験日2020/2/25~
合格発表2020/3/6~3/10
手続き締切2020/3/15
後期試験日2020/3/12~
合格発表2020/3/20~3/24
手続き1次締切2020/3/27
追加合格合格決定2020/3/28~
手続き2次締切2020/3/31

豊橋技術科学大学と偏差値の近い国立大学

  1. 72.5 ~ 67.5
    東京都
  2. 72.5 ~ 62.5
    京都府
  3. 70.0 ~ 57.5
    大阪府
  1. 52.5 ~ 45.0
    宮城県
  2. 52.5 ~ 45.0
    山口県
  3. 52.5 ~ 42.5
    茨城県
  4. 52.5 ~ 42.5
    山梨県
  5. 50.0
    徳島県
  6. 50.0
    東京都
  7. 50.0 ~ 47.5
    福岡県
  8. 50.0 ~ 45.0
    福島県
  9. 50.0 ~ 42.5
    北海道
  10. 47.5
    広島県
  11. 42.5
    新潟県
  12. 40.0 ~ 37.5
    北海道
  13. 40.0 ~ 37.5
    東京都
  14. 35.0
    茨城県

豊橋技術科学大学で取れる資格

工学部で取れる資格

機械工学
技術士補--
電気・電子
技術士補--
情報・知能
技術士補--
建築・都市
測量士測量士補一級建築士
二級建築士木造建築士技術士補

豊橋技術科学大学の定員

工学部の定員

学科人数
機械工学20
応用化学生命20
電気・電子15
情報・知能15
建築・都市10

豊橋技術科学大学の卒業生の進路

学部合計(機械工学部、電気・情報工学部、情報・知能工学部、環境・生命工学部、建築・都市システム学部)の進路

学部合計(機械工学部、電気・情報工学部、情報・知能工学部、環境・生命工学部、建築・都市システム学部)の進路データを確認する

上場企業

企業名平均年収
ファナック1364万
長谷工コーポレーション934万
大和ハウス工業907万
大東建託870万
トヨタ自動車851万
東海旅客鉄道735万
三菱自動車工業718万
東日本旅客鉄道715万
ジェイテクト712万
スズキ681万
シンフォニアテクノロジー636万

非上場企業

企業名
アイシン・エィ・ダブリュ、ソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズ、トヨタホーム、中日本建設コンサルタント、佐藤工業、愛知県庁、日立ビルシステム、日鉄住金環境、矢崎総業、鴻池組

豊橋技術科学大学に進学する生徒の多い高校

豊橋技術科学大学の基本データ

大学名豊橋技術科学大学
公式HPhttp://www.tut.ac.jp/
私/国/公国立
住所愛知県豊橋市天伯町雲雀ヶ丘1-1
電話番号0532-44-6581

本記事で掲載している偏差値/入試日程等の情報は河合塾(kei-net)を参照しています。入試スケジュールは必ず各大学の公式ホームページを確認してください

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら