金沢美術工芸大学の偏差値・センターボーダーと進路実績【2020年最新版】

A5ce5cf2a1

大学受験における金沢美術工芸大学の学部/学科別偏差値やセンター得点率ボーダー、大学入試難易度のランクなどを掲載した記事です。卒業生の進路実績や金沢美術工芸大学に進学する生徒の多い高校なども掲載しています。志望校を選ぶのに悩んでいる高校生や保護者様は参考にしてみてください。

本記事で掲載している偏差値/入試日程等の情報は河合塾(kei-net)を参照しています。入試スケジュールは必ず各大学の公式ホームページを確認してください

金沢美術工芸大学の偏差値とセンターボーダー

金沢美術工芸大学の偏差値
-
金沢美術工芸大学のセンターボーダー
79 ~ 55%

金沢美術工芸大学で偏差値の一番高い美術工芸学部の偏差値は「-」で、偏差値の一番低い美術工芸学部の偏差値は「-」です。大学入試難易度ランクは「-」ランクに位置しており、日本に存在する大学の中では-に位置する大学と言えるでしょう。

金沢美術工芸大学の学部別偏差値とセンターボーダー

美術工芸学部

美術工芸学部の偏差値とセンターボーダー

センター偏差値学科日程教科・科目数
センター個別
79%-美術-芸術学3-3-
68%-デザ-視覚デザイン3-3-
67%-デザ-製品デザイン3-3-
64%-デザ-環境デザイン3-3-
63%-美術-油画3-3-
61%-美術-日本画3-3-
60%-美術-彫刻3-3-
55%-工芸3-3-

金沢美術工芸大学の入試スケジュール

センター試験出願受付2019/9/30~10/10
本試験2020/1/18・19
追試験2020/1/25・26
個別試験
(第2次試験)
出願受付2020/1/27/~2/5
前期試験日2020/2/25~
合格発表2020/3/6~3/10
手続き締切2020/3/15
後期試験日2020/3/12~
合格発表2020/3/20~3/24
手続き1次締切2020/3/27
追加合格合格決定2020/3/28~
手続き2次締切2020/3/31

金沢美術工芸大学と偏差値の近い公立大学

金沢美術工芸大学で取れる資格

美術工芸学部で取れる資格

美-日本画
中-美術高-美術学芸員
美-油画
中-美術高-美術学芸員
美-彫刻
中-美術高-美術学芸員
美-芸術学
中-美術高-美術学芸員
デ-視覚デザ
中-美術高-美術学芸員
デ-製品デザ
中-美術高-美術学芸員
デ-環境デザ
中-美術高-美術学芸員
二級建築士--
工芸
中-美術高-美術高-工芸
学芸員--

金沢美術工芸大学の定員

美術工芸学部の定員

学科人数
美-油画25
デ-視覚デザ20
デ-製品デザ20
デ-環境デザ20
工芸20
美-日本画15
美-彫刻15
美-芸術学15

金沢美術工芸大学の卒業生の進路

上場企業

企業名平均年収
電通1179万
ソニー1050万
ヤマハ934万
東芝915万
任天堂912万
任天堂912万
任天堂912万
大和ハウス工業907万
日立製作所894万
日立製作所894万
乃村工藝社888万
オリンパス866万
トヨタ自動車851万
トヨタ自動車851万
タカラトミー837万
ニコン830万
シマノ827万
関西ペイント826万
花王821万
三菱電機816万
三菱電機816万
デンソー816万
日産自動車815万
豊田自動織機813万
カシオ計算機812万
丹青社806万
クボタ793万
象印マホービン791万
キヤノン778万
パナソニック774万
パナソニック774万
パナソニック774万
コクヨ772万
コクヨ772万
ブラザー工業769万
いすゞ自動車766万
ヤマハ発動機759万
シャープ759万
パイオニア750万
アイシン精機749万
アイシン精機749万
ソースネクスト744万
ダイキン工業741万
資生堂731万
資生堂731万
大日本印刷726万
レンゴー717万
ミサワホーム709万
シチズン時計702万
アシックス701万
コーエーテクモホールディングス700万
岡村製作所696万
岡村製作所696万
スズキ681万
スズキ681万
スズキ681万
スズキ681万
TOTO678万
マツダ676万
スペース672万
凸版印刷664万
サンゲツ632万
島精機製作所611万
コマニー596万
博展591万
セーレン589万
カプコン588万
グンゼ583万
東リ579万
マーベラス568万
大建工業560万
遠藤照明546万
タカショー490万
桑山413万
バロックジャパンリミテッド351万

非上場企業

企業名
AI、ATA、C.C.レマン、Camp KAZ、CBCテレビ、DMM.com ラボ、DNPデジタルコム、GKダイナミックス、GK京都、INAX、INAX、LIXIL、Los Angeles County Museum of Art、MOA美術館、NDCグラフィックス、NEC、NEXCO西日本グループ、NHKアート、NIWAKA、PFU、TBカワシマ、TCD、アキアゴーラカイタック、アサツーディ・ケイ、アックス、アッシュ・ペー・フランス、アドブレーン、アトリエブーカ、アバンティ、アングローバル、イズム、イマジカデジタルスケープ、ヴァンジ彫刻庭園美術館、ウイン・ディー、ウエーブ、うつのみや妖精ミュージアム、エミュ・ラクサイ、オリバー、オンワード樫山、カイタックインターナショナル、カラーマーク、カラーマーク、クリエイターズグループMAC、クロダレース、ケイ・ウノ、ケイ・ウノ、ケイ・ウノ、ケイテック、ケイミュー、ケセラセラ、コーエーテクモゲームス、コイズミ照明、コトブキワークス、コナミ、ザ・グランドティアラ大阪、サン、サンデン、ジーク、ジェー・シー・スパーク、セイコーインスツル、セイコーウオッチ、セガ、ソニー・コンピュータエンタテインメント、ソニーPCL、ダイハツ工業、ダヴィンチ、たき工房、たち吉、タニタ、デプロ・インターナショナル・アソシエイツ、テレビ朝日、トヨタ車体、ナカダ、ニッコー、ニッコー、ノムラデュオ、パナホーム、ハル研究所、バンダイ、バンダイ、バンダイナムコスタジオ、ビーコン・コミュニケーションズ、ピア21、フェイスコーポレイション、フジテレビジョン、フジヤ、ポーラ美術館、ホンダアクセス、マザーズ、ミキモト、ミキモト装身具、ミズノ、ムラヤマ、メンズ・ビギ、ヤギコーポレーション、ヨーガンレール、ヨシダテックス、リクルート、リッチェル、リュウズ、リンカーン群歴史協会、リンク・セオリー・ジャパン、ロボット、ワコール、ワコール、三協立山アルミ、上出長右衛門窯、上越クリスタルガラス、中川産業、丸和繊維工業、二上、五井建築研究所、井波彫刻・野村、京都丸紅、京都市立芸術大学、京都教育大学、京都精華大学、京都造形芸術大学、伊丹市美術館、伸晃化学、佐賀大学、俄、保志 アルテマイスター、兼松繊維、劇団俳優座舞台美術、北海道立釧路芸術館、北陸園芸、博報堂、博報堂プロダクツ、博報堂プロダクツ、古川美術館、名古屋市美術館、名古屋市美術館、名古屋芸術大学、和光大学、和歌山県立美術館、四季、四季、四季、多治見陶磁器意匠研究所、大広、大阪成蹊大学、大阪成蹊短期大学、大阪産業大学、天池合繊、女子美術大学、宝塚大学、宮崎大学、富士重工業、富山県立近代美術館、富山県繊維試験場、小松精練、小西美術工藝社、山口市歴史民俗資料館、崇城大学、広島市立大学、愛知、愛知県立旭丘高校、愛知県陶磁資料館、敦賀市立博物館、文化庁在外派遣研修員、日本デザインセンター、日本ビジネスアート、日本放送協会、日本画家、日本郵便、日産テクノ、明星大学、朝日印刷工業、本田技術研究所、本田技術研究所、杉田石材、東京スタヂオ、東京国立博物館、東京藝術大学、東北福祉大学、東北芸術工科大学、東海大学、松田平田設計、柳宗理デザイン研究所、柳工業デザイン研究所、横浜美術館、横須賀市美術館、毎日新聞社、河淳、王子製紙、瑠璃光、田崎真珠、白山陶器、石川県七尾美術館、石川県工業試験場、石川県立九谷焼技術研修所、石川県立山中漆器産業技術センター、石川県立歴史博物館、石川県立美術館、石川県立美術館、石川県立美術館、石川県能登島ガラス美術館、石川県輪島漆芸美術館、石川県輪島漆芸美術館、碌山美術館、福井大学、福井大学、福井市自然史博物館分館、福井県工業技術センター、福井県立美術館、福岡アジア美術館、秋田公立美術大学、竹内プレス、群馬大学、茨城大学、西川産業、豊田市美術館、貝印、赤坂ユニベイス、赤木明登うるし工房、道具、金城大学短期大学部、金城大学短期大学部、金沢21世紀美術館、金沢21世紀美術館、金沢21世紀美術館、金沢学院大学、金沢学院大学、金沢市民芸術村、金沢市立中村記念美術館、金沢星稜大学、金沢森林組合、金沢湯涌夢二館、金沢舞台、金津創作の森、鍋島報效会 徴古館、長谷川豪建築設計事務所、青山学院大学、飛騨産業、高岡デザイン・工芸センター、髙島屋スペースクリエイツ、鹿児島大学、黒部市美術館

金沢美術工芸大学に進学する生徒の多い高校

金沢美術工芸大学の基本データ

大学名金沢美術工芸大学
公式HPhttp://www.kanazawa-bidai.ac.jp/
私/国/公公立
住所金沢市小立野5丁目11番1号
電話番号076-262-3531

金沢美術工芸大学の学部別詳細

本記事で掲載している偏差値/入試日程等の情報は河合塾(kei-net)を参照しています。入試スケジュールは必ず各大学の公式ホームページを確認してください

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら