カテゴリー

都道府県別

学部系統別

文系理系別

新着記事

愛知県立芸術大学の偏差値・共通テストボーダー得点率と進路実績【2020年-2021年最新版】

7,473 Views

大学受験一般入試2021年度(2020年4月-2021年3月入試)における愛知県立芸術大学の学部/学科/入試方式別の偏差値・共通テストボーダー得点率、大学入試難易度を掲載した記事です。卒業生の進路実績や、愛知県立芸術大学に進学する生徒の多い高校をまとめています。偏差値や学部でのやりたいことだけではなく、大学の進路データを元にした進路選びを考えている方にはこの記事をおすすめしています。

本記事で利用している偏差値データは「河合塾」から提供されたものです。それぞれの大学の合格可能性が50%となるラインを示しています。入試スケジュールは必ずそれぞれの大学の公式ホームページを確認してください。
(最終更新日: 2021/05/31 12:22)

▶︎ 入試難易度について
▶︎ 学部系統について

愛知県立芸術大学の偏差値と共通テストボーダー得点率

偏差値
52.5 ~ 45.0
共通テストボーダー得点率
75 ~ 53%

愛知県立芸術大学の学部別偏差値と共通テストボーダー得点率

美術学部 偏差値 (52.5) 共テ得点率 (75% ~ 53%)

美術学部の偏差値と共通テストボーダー得点率

美術学部の偏差値と共通テ得点率を確認する
共通テスト偏差値学科日程方式
55%-美術-日本画後期
61%-美術-油画後期
53%-美術-彫刻後期
75%52.5美術-芸術学後期
66%-デザ-デザイン後期
58%-デザ-陶磁後期
67%-デザ-メディア映像後期

音楽学部 偏差値 (45.0) 共テ得点率 (67% ~ 53%)

音楽学部の偏差値と共通テストボーダー得点率

音楽学部の偏差値と共通テ得点率を確認する
共通テスト偏差値学科日程方式
60%-作曲-作曲後期
67%45.0作曲-音楽学後期
53%-声楽後期
58%-器楽-ピアノ後期
57%-器楽-弦楽器後期
54%-器楽-管打楽器後期

愛知県立芸術大学の入試スケジュール

共通テスト試験出願受付2020/9/ 28~10/8
大学入学共通テスト①2021/1/16・17
大学入学共通テスト②2021/1/30・31
大学入学共通テスト(特例追試験)2021/2/13・14
個別試験
(第2次試験)
出願受付(大学入学共通テスト①②受験者)2021/1/25/~2/5
出願受付(大学入学共通テスト特例追試験受験者)2021/2/15/~2/18
前期試験日2021/2/25~
合格発表2021/3/6~3/10
手続き締切2021/3/15
後期試験日2021/3/12~
合格発表2021/3/20~3/23
手続き1次締切2021/3/26
追試験試験日2021/3/22~
合格発表2021/3/26~
入学手続締切日2021/3/30
追加合格合格決定2020/3/28~
手続き2次締切2020/3/31

愛知県立芸術大学と偏差値の近い公立大学

愛知県立芸術大学の卒業生の進路

美術学部の進路

美術学部の進路データを確認する

上場企業

企業名平均年収
ヤフー1105万
日立製作所902万
サイバーエージェント733万
コクヨ731万
スペース600万
カプコン599万
バッファロー530万
エイチーム504万

非上場企業

企業名
TBSテレビ、エー・ティ・エー、エポックス社、サイゲームス、ダイハツ工業、たき工房、リクルートコミュニケーションズ、中日新聞社、公立高等学校・中学校、愛知県陶磁美術館、日東製陶所、電通クリエーティブX

音楽学部の進路

音楽学部の進路データを確認する

上場企業

企業名平均年収
大垣共立銀行613万
河合楽器製作所573万

非上場企業

企業名
TBSスパークル、ZIP-FM、マイナビ、ヤマハミュージックリテイリング、ヤマハ音楽振興会、仙台フィルハーモニー管弦楽団、公立高等学校・中学校、名古屋女子大学短期大学部、名古屋市消防音楽隊、広島県庁、日本芸術文化振興会、東海サウンド、東海東京フィナンシャル・ホールディングス.、浜松市文化振興財団、自衛隊音楽隊

愛知県立芸術大学に進学する生徒の多い高校

愛知県立芸術大学の基本データ

大学名愛知県立芸術大学
公式HPhttp://www.aichi-fam-u.ac.jp/
私/国/公公立
住所愛知県長久手市岩作三ヶ峯1-114
電話番号0561-76-2603

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら