帝京平成大学の偏差値・センター得点率と大学ランク【2019-2020年最新版】

大学受験における帝京平成大学の学部/学科別偏差値やセンター得点率、大学入試難易度のランクなどを掲載した記事です。公式ホームページや住所、学費など大学の基本情報も掲載しているので、志望校を選ぶのに悩んでいる方は参考にしてみてください。

帝京平成大学の偏差値と大学ランク

帝京平成大学の偏差値
1226
52.5 ~ 37.5
大学入試難易度ランク
1305
E ~ 簡単

帝京平成大学で偏差値の一番高いヒューマンの偏差値は「52.5」で、偏差値の一番低い健康医療の偏差値は「37.5」です。大学入試難易度ランクは「E」ランクに位置しており、日本に存在する大学の中では簡単クラスに位置する大学と言えるでしょう。

帝京平成大学の学部別偏差値

一般入試における帝京平成大学の偏差値を学部別に掲載しています。

偏差値ランク学部学科-方式
52.5D現代ライフ経-経営
52.5Dヒューマン看護
50.0D現代ライフ観光経営
50.0D現代ライフ経-経営情報
50.0D現代ライフ人-グローバル
50.0D健康メディ理学療法
50.0D健康メディ健康栄養
47.5E現代ライフ児-保育
45.0E現代ライフ経-トレーナ
45.0E現代ライフ人-メディア
45.0E健康メディ医-救急救命
45.0E健康メディ臨床心理
45.0E健康医療医-救急救命
45.0E
42.5F現代ライフ人-福祉
42.5F健康メディ医-臨床工学
42.5F健康メディ作業療法
42.5F健康メディ言語聴覚
42.5Fヒューマン柔道整復
42.5F健康医療医-アスリート
42.5F健康医療医-トレーナ
40.0Fヒューマン鍼灸
40.0F健康医療看護
40.0F健康医療理学療法
40.0F健康医療作業療法
37.5F現代ライフ児-小学校
37.5F健康医療柔道整復

偏差値データは河合塾(kei-net)で提供している情報を参照しています。

帝京平成大学の学部別センター得点率

センター利用入試における帝京平成大学のセンター試験得点率ボーダーを学部別に掲載しています。

得点率学部学科方式
76%健康メディ健康栄養-セ-
76%健康メディ理学療法-セ-
75%ヒューマン看護-セ-
72%現代ライフ観光経営-セ-
70%現代ライフ人-メディア-セ-
70%現代ライフ経-トレーナ-セ-
68%現代ライフ人-グローバ-セ-
68%現代ライフ経-経営-セ-
67%現代ライフ児-小学校-セ-
67%現代ライフ人-福祉-セ-
67%現代ライフ経-経営情報-セ-
66%健康医療柔道整復-セ-
66%健康医療作業療法-セ-
65%現代ライフ児-保育-セ-
64%薬-セ-
63%健康メディ医-救急救命-セ-
61%健康メディ医-臨床工学-セ-
61%健康医療理学療法-セ-
61%健康医療医-救急救命-セ-
61%健康医療医-トレーナ-セ-
61%健康医療看護-セ-
61%ヒューマン鍼灸-セ-
60%健康メディ作業療法-セ-
59%ヒューマン柔道整復-セ-
59%健康メディ臨床心理-セ-
58%健康メディ言語聴覚-セ-
55%健康医療医-アスリ-セ-

偏差値データは河合塾(kei-net)で提供している情報を参照しています。

帝京平成大学とランクの近い大学

帝京平成大学と近い受験難易度ランクの大学を掲載しています。

ランク大学名
D小樽商科大学/北海道教育大学/弘前大学/岩手大学/宮城教育大学/秋田大学/長岡技術科学大学/鳥取大学/山口大学/鳴門教育大学/香川大学/福岡教育大学/佐賀大学/長崎大学/大分大学/宮崎大学/鹿児島大学/琉球大学/公立はこだて未来大学/岩手県立大学
E室蘭工業大学/釧路公立大学/青森公立大学/宮城大学/秋田県立大学/公立小松大学/公立諏訪東京理科大学/愛知県立芸術大学/公立鳥取環境大学/福山市立大学/下関市立大学/長崎県立大学/宮崎公立大学/天使大学/東北学院大学/共愛学園前橋国際大学/文教大学/千葉商科大学/帝京平成大学/東京医療保健大学
F筑波技術大学/名桜大学/旭川大学/札幌大学/札幌学院大学/星槎道都大学/藤女子大学/北星学園大学/北海学園大学/北海道情報大学/北海道科学大学/酪農学園大学/北海道医療大学/札幌国際大学/北翔大学/北海道文教大学/稚内北星学園大学/札幌保健医療大学/青森大学/八戸工業大学

帝京平成大学の基本データ

大学名帝京平成大学
公式HPhttp://www.thu.ac.jp/
私/国/公私立
住所東京都豊島区東池袋2-51-4
電話番号0120-918-392

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら