カテゴリー

都道府県別

学部系統別

文系理系別

新着記事

共立女子大学の偏差値・共通テストボーダー得点率と進路実績【2020年-2021年最新版】

11,623 Views

大学受験一般入試2021年度(2020年4月-2021年3月入試)における共立女子大学の学部/学科/入試方式別の偏差値・共通テストボーダー得点率、大学入試難易度を掲載した記事です。卒業生の進路実績や、共立女子大学に進学する生徒の多い高校をまとめています。偏差値や学部でのやりたいことだけではなく、大学の進路データを元にした進路選びを考えている方にはこの記事をおすすめしています。

本記事で利用している偏差値データは「河合塾」から提供されたものです。それぞれの大学の合格可能性が50%となるラインを示しています。入試スケジュールは必ずそれぞれの大学の公式ホームページを確認してください。
(最終更新日: 2021/05/31 12:14)

▶︎ 入試難易度について
▶︎ 学部系統について

共立女子大学の偏差値と共通テストボーダー得点率

偏差値
52.5 ~ 42.5
共通テストボーダー得点率
78 ~ 63%

共立女子大学の学部別偏差値と共通テストボーダー得点率

文芸学部 偏差値 (50.0) 共テ得点率 (73%)

文芸学部の偏差値と日程方式

文芸学部の偏差値と日程方式を確認する
偏差値学科日程方式
50.0文芸2月日程
50.0文芸全学統一方式

文芸学部の共通テストボーダー得点率

文芸学部の共通テ得点率を確認する
得点率学科日程方式
73%文芸-

国際学部 偏差値 (52.5 ~ 50.0) 共テ得点率 (75% ~ 73%)

国際学部の偏差値と日程方式

国際学部の偏差値と日程方式を確認する
偏差値学科日程方式
50.0国際2月日程
52.5国際全学統一方式
52.5国際併用

国際学部の共通テストボーダー得点率

国際学部の共通テ得点率を確認する
得点率学科日程方式
73%国際-
75%国際併用

ビジネス学部 偏差値 (50.0) 共テ得点率 (75%)

ビジネス学部の偏差値と日程方式

ビジネス学部の偏差値と日程方式を確認する
偏差値学科日程方式
50.0ビジネス2月日程
50.0ビジネス全学統一方式

ビジネス学部の共通テストボーダー得点率

ビジネス学部の共通テ得点率を確認する
得点率学科日程方式
75%ビジネス2月日程

看護学部 偏差値 (47.5 ~ 45.0) 共テ得点率 (71%)

看護学部の偏差値と日程方式

看護学部の偏差値と日程方式を確認する
偏差値学科日程方式
45.0看護2月日程
47.5看護全学統一方式

看護学部の共通テストボーダー得点率

看護学部の共通テ得点率を確認する
得点率学科日程方式
71%看護2月日程

家政学部 偏差値 (52.5 ~ 42.5) 共テ得点率 (78% ~ 63%)

家政学部の偏差値と日程方式

家政学部の偏差値と日程方式を確認する
偏差値学科日程方式
45.0被服2月日程
47.5被服全学統一方式
47.5建築・デザイン2月日程
52.5建築・デザイン全学統一方式
42.5児童2月日程
45.0児童全学統一方式
47.5食物-食物学2月日程
50.0食物-食物学全学統一方式
50.0食物-管理栄養士2月日程
52.5食物-管理栄養士全学統一方式

家政学部の共通テストボーダー得点率

家政学部の共通テ得点率を確認する
得点率学科日程方式
63%被服2月日程
76%建築・デザイン2月日程
68%児童2月日程
77%食物-食物学2月日程
78%食物-管理栄養士2月日程

共立女子大学と偏差値の近い私立大学

  1. 72.5 ~ 60.0
    東京都
  2. 70.0
    東京都
  3. 70.0 ~ 62.5
    東京都
  1. 55.0 ~ BF
    東京都
  2. 55.0 ~ BF
    岡山県
  3. 52.5 ~ 47.5
    北海道
  4. 52.5 ~ 47.5
    山形県
  5. 52.5 ~ 47.5
    東京都
  6. 52.5 ~ 45.0
    千葉県
  7. 52.5 ~ 42.5
    千葉県
  8. 52.5 ~ 42.5
    東京都
  9. 52.5 ~ 42.5
    大阪府
  10. 52.5 ~ 42.5
    東京都
  11. 52.5 ~ 40.0
    宮城県
  12. 52.5 ~ 40.0
    東京都
  13. 52.5 ~ 40.0
    東京都
  14. 52.5 ~ 40.0
    愛知県
  1. BF
    北海道
  2. BF
    青森県
  3. BF
    長崎県

共立女子大学の卒業生の進路

家政学部の進路

家政学部の進路データを確認する

上場企業

企業名平均年収
みずほフィナンシャルグループ967万
りそなホールディングス919万
大和ハウス工業918万
信越化学工業854万
三菱電機806万
積水ハウス792万
サンデンホールディングス784万
千葉銀行734万
コクヨ731万
古河電気工業720万
雪印メグミルク712万
第四銀行677万
アスクル669万
オープンハウス655万
京葉銀行643万
東建コーポレーション633万
コロワイド600万
しまむら598万
栃木銀行586万
カワチ薬品548万
ベルーナ518万
ヨネックス496万
青山商事467万
トランスコスモス458万
エイチ・アイ・エス416万
ケア21411万

非上場企業

企業名
IMSグループ、JPビジネスサービス、MS&ADシステムズ、RIZAP、USEN media、YKK AP、アーバンリサーチ、あいおいニッセイ同和損害保険、アキュラホーム、あけぼの保育園、アニエスベージャパン、アルページュ、アンリツインフィビス、イッセイミヤケ、イトーヨーカ堂、イマジカデジタルスケープ、いよぎん保証、オンワード樫山、カケンテストセンター、かやの木保育園、キスコフーズ、キリンビール、クラウディア コスチュームサービス、クラウドポイント、クラシエファッション研究所、グリーンハウスグループ、クリエイトエス・ディー、ケーアンドイー、ココカラファインヘルスケア、コスモ工機、コプロ・エンジニアード、ザ・ウィンザー・ホテルズインターナショナル、シップス、スターツCAM、スタッフサービス、スマートデザイン、ダイワボウ情報システム、ちとせ交友会、つくし保育園、つみき保育園、ティエフケー、デリカシェフ、トラストファーマシー、ニッセンケン品質評価センター、バーニーズジャパン、ハウス食品、パナソニックリビング、ファミリー物産、フォーミュレーションI.T.S、フォーラル、フジフーズ、プリモ・ジャパン、ベネミール、ポラス、ポロラルフローレンジャパン、マッシュスタイルラボ、まどか保育園、ミサワリフォーム、みずほビジネスサービス、みずほ銀行、みつばち保育園、ミツワ電機、ヤマダイ食品、ライフサポート、レナード、レリアン、三井不動産リアルティ、三峰、三菱UFJ銀行、三菱地所ホーム、三菱電機ビルテクノサービス、京北幼稚園、住友不動産販売、住友林業ホームテック、佐原めぐみ保育園、佐川急便、信濃高原食品、健伸幼稚園、公務員(中野区)、公務員(函南町)、公務員(千代田区)、公務員(千葉市)、公務員(寄居町)、公務員(富士市)、公務員(府中市)、公務員(成田市)、公務員(文京区)、公務員(日野市)、公務員(木更津市)、公務員(杉並区)、公務員(東京都)、公務員(江戸川区)、公務員(浦安市)、公務員(習志野市)、公務員(船橋市)、公務員(西東京市)、共同エンジニアリング、共栄火災海上保険、吉田建築計画事務所、国立病院機構関東信越グループ、城北信用金庫、埼玉ダイハツ販売、大東建託グループ、大韓航空、富士白苑、富士通総研、岡三証券、平塚信用金庫、教員(八王子市)、教員(千葉県)、教員(埼玉県)、教員(山梨県)、教員(川口市)、教員(所沢市)、教員(東京都)、教員(横浜市)、教員(足立区)、日出幼稚園、日本アクセス、日本ライフデザイン、日本繊維製品品質技術センター、日本調理機、明治、明治安田システム・テクノロジー、明治安田生命保険、明石スクールユニフォームカンパニー、昱、朝日生命保険、杉本電機産業、東京システム技研、東京吉岡、東京衛生病院、東京都立東部療育センター、東洋冷蔵、森乳業、白水社、神戸屋、第一生命保険、薬樹、行徳総合病院、西京信用金庫、長谷工グループ、飯田産業、髙島屋スペースクリエイツ、髙松建設

文芸学部の進路

文芸学部の進路データを確認する

上場企業

企業名平均年収
三井住友信託銀行734万
千葉銀行734万
東日本旅客鉄道719万
群馬銀行702万
ゆうちょ銀行675万
日新656万
スタンレー電気639万
ミロク情報サービス624万
新日鐵住金612万
DTS612万
損害保険ジャパン日本興亜606万
ジオスター598万
筑波銀行597万
伊藤園590万
ワコールホールディングス585万
東リ565万
日本調剤539万
ネクシィーズグループ500万
レナウン499万
青山商事467万
トランスコスモス458万
エイチ・アイ・エス416万
スタジオアリス391万

非上場企業

企業名
ANAエアポートサービス、IHIエスキューブ、JALスカイ、JTBビジネスネットワーク、アーネストワン、あずさ監査法人、アットホーム、インテック、カインズ、キヤノンセミコンダクターエクィップメント、ジェイティービー、シチズンリテイルプランニング、ジャパンプリント、ソフトバンク コマース&サービス、ダイキンアプライドシステムズ、ダイワボウ情報システム、つくば市谷田部農業協同組合、デジタルデザインシンク、パーソルプロセス&テクノロジー、フロンティア、ホームネット、みずほ銀行、ミツワ電機、リゾートトラストグループ、リンレイ、ルミネ、三井不動産ビルマネジメント、三井住友トラスト不動産、三幸学園、三松、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、三菱UFJ銀行、三菱地所プロパティマネジメント、三菱電機ビルテクノサービス、住友不動産販売、全日本空輸、公務員(かすみがうら市)、公務員(足利市)、冨士機材、千葉薬品、司書(成田市)、国税庁東京国税局、土浦農業協同組合、埼玉縣信用金庫、多摩信用金庫、岡三証券、常陽銀行、新日本管財、日本機材、日本生命保険、日本芸術文化振興会、日本郵便、日産プリンス埼玉販売、日立インフォメーションエンジニアリング、明治安田生命保険、東光電気工事、栄光、相模原市農業協同組合、第一生命保険、羽田エアポートエンタープライズ、羽田空港グローバルサービス、臨海、郵船コーディアルサービス、野村不動産パートナーズ、長野県信用農業協同組合連合会、阪急阪神ホテルズ、防衛省海上自衛隊

国際学部の進路

国際学部の進路データを確認する

上場企業

企業名平均年収
東京エレクトロン1149万
鹿島建設1134万
ディスコ945万
栗田工業896万
日本航空839万
第一実業809万
三菱電機806万
NECキャピタルソリューション790万
関電工764万
パナソニック754万
千葉銀行734万
東洋埠頭714万
近鉄エクスプレス704万
ゆうちょ銀行675万
京葉銀行643万
丸三証券641万
千代田インテグレ639万
北越銀行622万
栃木銀行586万
スターツコーポレーション582万
クレディセゾン533万
エイチ・アイ・エス416万

非上場企業

企業名
ANAエアポートサービス、ANAテレマート、ANA成田エアポートサービス、ANA福岡空港、JALスカイ、JALスカイエアポート沖縄、JTBベネフィット、NCA Japan、NTTデータ・フィナンシャルコア、あいおいニッセイ同和損害保険、アルビオン、オリエンタルモーター、オリックス銀行、くまざわ書店グループ、クラブツーリズム、サントリー、ジャパンビバレッジホールディングス、ダイドーフォワード、ニュー・オータニ、ネッツトヨタ多摩、はとバス、マイステイズ・ホテル・マネジメント、マイナビ、みずほトラストオペレーションズ、みずほ銀行、メガネトップ、ヤクルト、ユーシーカード、リゾートトラストグループ、りそな銀行、ロクシタンジャポン、三井不動産リアルティ、三井住友銀行、三協、三建設備工業、三菱UFJ銀行、三菱地所ハウスネット、三菱電機住環境システムズ、伊藤忠プラスチックス、住友不動産販売、住友商事マシネックス、住友生命保険、全日本空輸、埼玉県警察、大同生命保険、大王海運、富士ゼロックスシステムサービス、富士ゼロックス千葉、山の上ホテル、山日YBSグループ、岩井コスモ証券、島貿易、川本工業、日本テレメッセージ、日本旅行OMCトラベル、日本生命保険、日立ビルシステム、日鉄住金物流、旭化成ホームズ、明治安田生命保険、星野リゾート、普遊舎、朝日信用金庫、東京エレクトロンFE、石川玩具、神奈川銀行、第一生命保険、茨城トヨタ自動車、虎屋、貴和製作所、足利銀行、近畿日本ツーリスト、野村證券、阪急阪神不動産、青梅信用金庫

看護学部の進路

看護学部の進路データを確認する

上場企業

看護学部の上場企業への進路データはありませんでした

非上場企業

企業名
けいゆう病院、三井記念病院、上尾中央医科グループ、九段坂病院、信州大学医学部附属病院、公立昭和病院、千葉大学医学部附属病院、国立成育医療センター、日本医科大学病院、日本大学医学部附属板橋病院、日本大学病院、東京医科大学八王子医療センター、東京大学医学部附属病院、東京慈恵会医科大学附属病院、東京歯科大学市川総合病院、東京臨海病院、東京警察病院、東京都済生会中央病院、東邦大学医療センター、横浜市立みなと赤十字病院、獨協医科大学埼玉医療センター、立川病院、自治医科大学附属さいたま医療センター、虎の門病院、関東中央病院、関東労災病院、順天堂大学医学部附属練馬病院、順天堂大学医学部附属順天堂医院

共立女子大学に進学する生徒の多い高校

共立女子大学の基本データ

大学名共立女子大学
公式HPhttp://www.kyoritsu-wu.ac.jp/
私/国/公私立
住所東京都千代田区一ツ橋2-6-1
電話番号03-3237-5656

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら