カテゴリー

都道府県別

学部系統別

文系理系別

資格別

新着記事

国際基督教大学の偏差値・センター利用ボーダーと進路実績【2020年-2021年最新版】

最終更新日: 2020/02/07 13:13
大学受験における国際基督教大学の学部/学科別偏差値やセンター得点率ボーダー、大学入試難易度のランクなどを掲載した記事です。卒業生の進路実績や国際基督教大学に進学する生徒の多い高校なども掲載しています。志望校を選ぶのに悩んでいる高校生や保護者様は参考にしてみてください。

本記事で掲載している偏差値/入試日程等の情報は河合塾(kei-net)を参照しています。入試スケジュールは必ず各大学の公式ホームページを確認してください

国際基督教大学の偏差値とセンターボーダー

国際基督教大学の偏差値
65.0
国際基督教大学のセンターボーダー
-%

国際基督教大学で偏差値の一番高い教養学部の偏差値は「65.0」で、偏差値の一番低い教養学部の偏差値は「65.0」です。大学入試難易度ランクは「A」ランクに位置しており、日本に存在する大学の中では超難関クラスに位置する大学と言えるでしょう。

国際基督教大学の学部別偏差値とセンターボーダー

教養学部(65.0)

教養学部の偏差値と日程

偏差値学科方式出願
締切
入試合格
発表
手続
締切
65.0アーツ・サイエンスA方式1/19登2/12/72/14

教養学部のセンターボーダー

教養学部のセンターボーダーのデータは見つかりませんでした

国際基督教大学と偏差値の近い私立大学

  1. 72.5 ~ 60.0
    東京都
  2. 70.0
    東京都
  3. 70.0 ~ 62.5
    東京都
  1. 67.5 ~ 50.0
    大阪府
  2. 67.5 ~ 47.5
    愛知県
  3. 67.5 ~ 45.0
    東京都
  4. 67.5 ~ 42.5
    大阪府
  5. 67.5 ~ 42.5
    東京都
  6. 67.5 ~ 42.5
    福岡県
  7. 67.5 ~ 35.0
    東京都
  8. 65.0
    神奈川県
  9. 65.0
    兵庫県
  10. 65.0 ~ 55.0
    東京都
  11. 65.0 ~ 55.0
    東京都
  12. 65.0 ~ 55.0
    東京都
  13. 65.0 ~ 52.5
    京都府
  14. 65.0 ~ 50.0
    京都府
  1. BF
    鹿児島県
  2. BF
    愛媛県
  3. BF
    沖縄県

国際基督教大学で取れる資格

教養学部で取れる資格

アーツサイエ
中-国語高-国語中-社会
高-地歴高-公民中-数学
高-数学中-理科高-理科
中-英語高-英語中・高-宗教
学芸員--

国際基督教大学の定員

教養学部の定員

学科人数
アーツサイエ620

国際基督教大学の卒業生の進路

教養学部の進路

教養学部の進路データを確認する

上場企業

企業名平均年収
住友商事1389万
任天堂912万
みずほフィナンシャルグループ911万
トレンドマイクロ871万
トヨタ自動車851万
日本航空827万
豊田自動織機813万
日本電気798万
ブリヂストン728万
セプテーニ・ホールディングス614万
日本通運610万
神戸製鋼所569万
イー・ガーディアン481万

非上場企業

企業名
KPMGグループ、NTTデータエマーズ、PwCコンサルティング、アクセンチュア、アビームコンサルティング、アンダーソン・毛利・友常法律事務所、かんぽ生命、グーグル、ジョンソン・エンド・ジョンソン、ダイソン、ダッドウェイ、パーソルプロセス&テクノロジー、リクルート住まいカンパニー、ワークスアプリケーションズ、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、全日本空輸、国際協力機構、日本アイ・ビー・エム、日本経済新聞社、星野リゾート、時事通信社、東京ガス、東京都庁、森トラスト・ホテルズ&リゾーツ、神奈川県公立学校、第一生命保険

国際基督教大学に進学する生徒の多い高校

国際基督教大学の基本データ

大学名国際基督教大学
公式HPhttp://www.icu.ac.jp/
私/国/公私立
住所東京都三鷹市大沢3-10-2
電話番号0422-33-3038

国際基督教大学の学部別詳細

本記事で掲載している偏差値/入試日程等の情報は河合塾(kei-net)を参照しています。入試スケジュールは必ず各大学の公式ホームページを確認してください

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら