カテゴリー

都道府県別

学部系統別

文系理系別

新着記事

駒澤大学の偏差値・共通テストボーダー得点率と進路実績【2021年-2022年最新版】

29,578 Views

大学受験一般入試2022年度(2021年4月-2022年3月入試)における駒澤大学の学部/学科/入試方式別の偏差値・共通テストボーダー得点率、大学入試難易度を掲載した記事です。卒業生の進路実績や、駒澤大学に進学する生徒の多い高校をまとめています。偏差値や学部でのやりたいことだけではなく、大学の進路データを元にした進路選びを考えている方にはこの記事をおすすめしています。

本記事で利用している偏差値データは「河合塾」から提供されたものです。それぞれの大学の合格可能性が50%となるラインを示しています。入試スケジュールは必ずそれぞれの大学の公式ホームページを確認してください。
(最終更新日: 2021/09/07 16:08)

▶︎ 入試難易度について
▶︎ 学部系統について

駒澤大学の偏差値と共通テストボーダー得点率

偏差値
57.5 ~ 47.5
共通テストボーダー得点率
82 ~ 61%

駒澤大学の学部別偏差値と共通テストボーダー得点率

文学部 偏差値 (57.5 ~ 47.5) 共テ得点率 (81% ~ 73%)

文学部の偏差値と日程方式

文学部の偏差値と日程方式を確認する
偏差値学科日程方式
52.5国文S方式
57.5国文全学部統一日程
55.0国文T方式
52.5英米文全学部統一日程
52.5英米文T方式
50.0英米文S方式
57.5心理T方式
57.5心理全学部統一日程
55.0地理-地域文化全学部統一日程
52.5地理-地域文化T方式
52.5地理-地域環境全学部統一日程
47.5地理-地域環境T方式
55.0社会-社会学T方式
55.0社会-社会学全学部統一日程
50.0社会-社会福祉学全学部統一日程
50.0社会-社会福祉学T方式
55.0歴史-日本史学T方式
55.0歴史-日本史学S方式
57.5歴史-日本史学全学部統一日程
55.0歴史-外国史学T方式
55.0歴史-外国史学S方式
57.5歴史-外国史学全学部統一日程
55.0歴史-考古学T方式
55.0歴史-考古学S方式
57.5歴史-考古学全学部統一日程

文学部の共通テストボーダー得点率

文学部の共通テ得点率を確認する
得点率学科日程方式
79%国文前期
80%英米文前期
81%心理前期
77%地理-地域文化前期
75%地理-地域環境前期
81%社会-社会学前期
73%社会-社会福祉学前期
79%歴史-日本史学前期
79%歴史-外国史学前期
79%歴史-考古学前期

仏教学部 偏差値 (50.0 ~ 47.5) 共テ得点率 (61%)

仏教学部の偏差値と日程方式

仏教学部の偏差値と日程方式を確認する
偏差値学科日程方式
47.5-T方式
50.0-全学部統一日程
50.0-S方式

仏教学部の共通テストボーダー得点率

仏教学部の共通テ得点率を確認する
得点率学科日程方式
61%-前期

グローバル・メディア・スタディーズ学部 偏差値 (55.0 ~ 50.0) 共テ得点率 (82%)

グローバル・メディア・スタディーズ学部の偏差値と日程方式

グローバル・メディア・スタディーズ学部の偏差値と日程方式を確認する
偏差値学科日程方式
50.0グローバル・メディアS方式
55.0グローバル・メディア全学部統一日程
52.5グローバル・メディアT方式

グローバル・メディア・スタディーズ学部の共通テストボーダー得点率

グローバル・メディア・スタディーズ学部の共通テ得点率を確認する
得点率学科日程方式
82%グローバル・メディア前期

法(フレックスA)学部 偏差値 (57.5 ~ 52.5) 共テ得点率 (77% ~ 76%)

法(フレックスA)学部の偏差値と日程方式

法(フレックスA)学部の偏差値と日程方式を確認する
偏差値学科日程方式
57.5法律全学部統一日程
52.5法律T方式
55.0政治全学部統一日程
52.5政治T方式

法(フレックスA)学部の共通テストボーダー得点率

法(フレックスA)学部の共通テ得点率を確認する
得点率学科日程方式
77%法律前期
76%政治前期

経済学部 偏差値 (55.0 ~ 52.5) 共テ得点率 (80% ~ 77%)

経済学部の偏差値と日程方式

経済学部の偏差値と日程方式を確認する
偏差値学科日程方式
55.0経済全学部統一日程
55.0経済T方式
55.0全学部統一日程
52.5T方式
52.5現代応用経済全学部統一日程
52.5現代応用経済T方式

経済学部の共通テストボーダー得点率

経済学部の共通テ得点率を確認する
得点率学科日程方式
80%経済前期
80%前期
77%現代応用経済前期

経営学部 偏差値 (55.0 ~ 52.5) 共テ得点率 (80% ~ 78%)

経営学部の偏差値と日程方式

経営学部の偏差値と日程方式を確認する
偏差値学科日程方式
55.0経営全学部統一日程
52.5経営T方式
55.0市場戦略全学部統一日程
52.5市場戦略T方式

経営学部の共通テストボーダー得点率

経営学部の共通テ得点率を確認する
得点率学科日程方式
80%経営前期
78%市場戦略前期

医療健康科学部 偏差値 (50.0 ~ 47.5) 共テ得点率 (72%)

医療健康科学部の偏差値と日程方式

医療健康科学部の偏差値と日程方式を確認する
偏差値学科日程方式
47.5診療放射線技術科学T方式
50.0診療放射線技術科学S方式

医療健康科学部の共通テストボーダー得点率

医療健康科学部の共通テ得点率を確認する
得点率学科日程方式
72%診療放射線技術科学前期

法(フレックスB)学部 偏差値 (52.5 ~ 50.0) 共テ得点率 (74%)

法(フレックスB)学部の偏差値と日程方式

法(フレックスB)学部の偏差値と日程方式を確認する
偏差値学科日程方式
50.0法律T方式
52.5法律全学部統一日程

法(フレックスB)学部の共通テストボーダー得点率

法(フレックスB)学部の共通テ得点率を確認する
得点率学科日程方式
74%法律後期

駒澤大学と偏差値の近い私立大学

  1. 72.5 ~ 60.0
    東京都
  2. 70.0
    東京都
  3. 70.0 ~ 62.5
    東京都
  1. 60.0 ~ 45.0
    東京都
  2. 60.0 ~ 45.0
    愛知県
  3. 60.0 ~ 40.0
    東京都
  4. 57.5
    東京都
  5. 57.5 ~ 55.0
    大分県
  6. 57.5 ~ 52.5
    東京都
  7. 57.5 ~ 50.0
    東京都
  8. 57.5 ~ 47.5
    東京都
  9. 57.5 ~ 47.5
    東京都
  10. 57.5 ~ 47.5
    愛知県
  11. 57.5 ~ 45.0
    東京都
  12. 57.5 ~ 45.0
    愛知県
  13. 57.5 ~ 45.0
    愛知県
  14. 57.5 ~ 42.5
    東京都
  1. BF
    栃木県
  2. BF
    栃木県
  3. BF
    大阪府

駒澤大学の卒業生の進路

グロ ーバル・メディア・スタディ ー ズ学部の進路

グロ ーバル・メディア・スタディ ー ズ学部の進路データを確認する

上場企業

企業名平均年収
乃村工藝社874万
日本航空839万
日本航空839万
楽天745万
カカクコム688万
凸版印刷681万
パソナグループ608万
エン・ジャパン462万
エイチ・アイ・エス416万

非上場企業

企業名
JTB、NTT東日本、エイベックス・マネジメント、コーチ・ジャバン、マイナビ、佐野市役所、全日本空輸、博報堂プロダクツ、東京ガス、東京都庁、熊本県警察

医療健康科学部の進路

医療健康科学部の進路データを確認する

上場企業

医療健康科学部の上場企業への進路データはありませんでした

非上場企業

企業名
NTT東日本関東病院、公務員(千葉県)、北里大学病院、北里研究所、国立がん研究センター東病院、国立国際医療研究センター、島津メディカルシステムズ、新潟県庁、東京医科歯科大学、東京大学医学部附属病院、東京慈恵会医科大学、筑波メディカルセンター、順天堂大学医学部附屈順天堂医院

経営学部の進路

経営学部の進路データを確認する

上場企業

企業名平均年収
住友化学855万
大塚商会843万
日本航空839万
東京急行電鉄737万
静岡銀行736万
千葉銀行734万
東日本旅客鉄道719万
凸版印刷681万
ゴールドウイン681万
ゆうちょ銀行675万
エフピコ662万
八十二銀行659万
ローソン620万
佐賀銀行585万
ファンケル572万

非上場企業

企業名
ANAセールス、JTB、エービーシー商会、ぺんてる、リコージャパン、三井住友銀行、三憂UFJモルガン・スタンレー証券、三菱UFJ銀行、全日本空輸、千稟銀行、墨田区役所、大和証券、川崎市役所、帝国データパンク、広島市協同組合、束京国税局、東京労慟碁準局、栃木県警察、消防庁、神奈川県庁、警視庁

経済学部の進路

経済学部の進路データを確認する

上場企業

企業名平均年収
大塚商会843万
日本航空839万
丹青社805万
積水ハウス792万
TOTO679万
いちよし証券679万
第四銀行677万
プレス工業663万
岩手銀行647万
パイロットコーポレーション646万
PALTAC637万
伊藤忠食品625万
ローソン620万
守谷商会609万
山九604万
セコム595万
共同印刷586万
タカラスタンダード570万
フジッコ566万
良品計画556万
ぐるなび524万
リゾートトラスト506万
リゾートトラスト506万
エイチ・アイ・エス416万

非上場企業

企業名
JALスカイ、アイリスオーヤマ、クカラレーペン、スターパックスコーヒージャバン、プーマジャパン、マイナピ、リコージャバンクリナップ、りそなグループ、三井食品、三越伊勢丹、世田谷区役所、世田谷区役所、伊那市役所、北陸銀行、千葉労慟局、千葉県庁、坂戸市役所、宮士通、寅任あずさ監査法人、山蓄、愛知県庁、日本年金機構、星野リゾートグループ、束京国税局、束京急行電鉄、東京国税局、栃木県庁、横浜銀行、消防庁、港区役所、神奈川県警察、笛吹市役所、群馬県警察、肥後銀行、航空自衛隊、茨城県教育委貝会、警視庁、警視庁、長野県庁、防衛省、鹿児烏銀行

仏教学部の進路

仏教学部の進路データを確認する

上場企業

企業名平均年収
静岡銀行736万
東日本旅客鉄道719万
能美防災633万
青山商事467万
エイチ・アイ・エス416万

非上場企業

企業名
いなば食品、マルハン、日本通這、日本郵便、本山安居、法務省、神奈川県警察、警視庁、静岡県警察、飯能信用金庫

文学部の進路

文学部の進路データを確認する

上場企業

企業名平均年収
みずほフィナンシャルグループ967万
日立製作所902万
ファーストリテイリング901万
日本航空839万
日本航空839万
楽天745万
東京急行電鉄737万
静岡銀行736万
静岡銀行736万
サイバーエージェント733万
東日本旅客鉄道719万
東日本旅客鉄道719万
東日本旅客鉄道719万
七十七銀行703万
アジア航測696万
いちよし証券679万
京葉銀行643万
西日本鉄道587万
日本通運586万
タカラスタンダード570万
ニチイ学館394万

非上場企業

企業名
AIRDO、ANAエアポートサービス、ANAエアポートサービス、ANAエアポートサービス、Sky、アシックスジャバン、イトーヨーカ堂、イトーヨーカ堂、エービーシー商会、カネポウ化粧品、クラブツーリズム、サッポロピール、さっぽろ青少年女性活動協会、ソラシドエア、フランスベッド、ヤクルト、三井住友トラスト不動産、世田谷区役所、中野区役所、全日本空輪、全日本空輸、公益財団法人、内外地図、千葉県庁、千葉県教育委員会、千葉県教育委員会、国分グループ、国立病院機構、国際物流事業本部、埼宝県教育委員会、埼玉県庁、埼玉県教育委員会、大和証券、大塚尚会、宮土急行、富岡町役場、小学館集英社プロダクション、川崎市社会福祉事業団、愛媛県庁、日嵩市役所、日本測地設計、日本生命保険、日本貸物鉄道、日本郵便、日本郵便、日本郵便、東京スター銀行、東京国税局、東京都教育委員会、東京都教育委員会、横浜市役所、横浜市役所、渋谷区役所、烏取県庁、神奈川県教育委員会、神奈川県警察、福島市役所、笛吹市役所、第一生命保険、群馬県庁、航空自衛隊、諏訪市役所、警視庁、野村證券、鉾田市役所、長野日報社、長野県教育委員会、防衡省、静岡県庁、鴻巣市役所

法学部の進路

法学部の進路データを確認する

上場企業

企業名平均年収
みずほフィナンシャルグループ967万
KDDI930万
静岡銀行736万
ホーチキ716万
タカラレーベン700万
住友不動産679万
伊予銀行669万
北越銀行622万
扶桑薬品工業563万
クリナップ534万
クリナップ534万
ぐるなび524万
オリエンタルランド451万

非上場企業

企業名
AIRDO、JFE溶接銅筐、アクセンチュア、つくばみらい市役所、伊那市役所、全国農業協同組合連合会、共済事業団、千葉労慟局、千葉県庁、帝国データバンク、愛知県庁、日本マクドナルド、日本医科大学、日本年金機構、日本旅行、日本生命保険、日本私立学校振興・、日本郵便、日本郵便、束京国税局、東京国税局、東京急行屯鉄、横浜市役所、港区役所、福岡銀行、福島県警察、練馬区役所、群馬県警察、羽田空港サービス、航空自衛隊、茨城県庁、茨城県警察、警視庁、長野県庁、長野県警察、関東信越厚生局、防砺省、防衛省航空自衛隊

駒澤大学に進学する生徒の多い高校

駒澤大学の基本データ

大学名駒澤大学
公式HPhttps://www.komazawa-u.ac.jp/
私/国/公私立
住所東京都世田谷区駒沢1-23-1
電話番号03-3418-9048

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら