カテゴリー

都道府県別

学部系統別

文系理系別

新着記事

専修大学の偏差値・共通テストボーダー得点率と進路実績【2021年-2022年最新版】

46,079 Views

大学受験一般入試2022年度(2021年4月-2022年3月入試)における専修大学の学部/学科/入試方式別の偏差値・共通テストボーダー得点率、大学入試難易度を掲載した記事です。卒業生の進路実績や、専修大学に進学する生徒の多い高校をまとめています。偏差値や学部でのやりたいことだけではなく、大学の進路データを元にした進路選びを考えている方にはこの記事をおすすめしています。

本記事で利用している偏差値データは「河合塾」から提供されたものです。それぞれの大学の合格可能性が50%となるラインを示しています。入試スケジュールは必ずそれぞれの大学の公式ホームページを確認してください。
(最終更新日: 2021/10/12 13:32)

▶︎ 入試難易度について
▶︎ 学部系統について

専修大学の偏差値と共通テストボーダー得点率

偏差値
60.0 ~ 47.5
共通テストボーダー得点率
88 ~ 61%

専修大学の学部別偏差値と共通テストボーダー得点率

文学部 偏差値 (57.5 ~ 47.5) 共テ得点率 (80% ~ 74%)

文学部の偏差値と日程方式

文学部の偏差値と日程方式を確認する
偏差値学科日程方式
55.0英語英米文前期E方式
55.0英語英米文全国
52.5英語英米文前期A方式
52.5英語英米文全学部統一
57.5日本文学文化前期A方式
57.5日本文学文化前期D方式
57.5日本文学文化全国
55.0日本文学文化全学部統一
52.5全国
52.5前期A方式
52.5全学部統一
57.5歴史全国
52.5歴史前期A方式
50.0歴史全学部統一
52.5環境地理全国
50.0環境地理前期A方式
47.5環境地理全学部統一
55.0ジャーナリズム全国
52.5ジャーナリズム前期A方式
52.5ジャーナリズム全学部統一

文学部の共通テストボーダー得点率

文学部の共通テ得点率を確認する
得点率学科日程方式
80%英語英米文前期E方式
75%英語英米文前期3科目
74%英語英米文前期5科目
77%日本文学文化前期3科目
76%日本文学文化前期4科目
77%前期3科目
76%前期4科目
77%歴史前期3科目
79%環境地理前期3科目
78%環境地理前期4科目
77%ジャーナリズム前期3科目
76%ジャーナリズム前期4科目

国際コミュニケーション学部 偏差値 (60.0 ~ 52.5) 共テ得点率 (84% ~ 78%)

国際コミュニケーション学部の偏差値と日程方式

国際コミュニケーション学部の偏差値と日程方式を確認する
偏差値学科日程方式
55.0日本語全学部統一
52.5日本語前期A方式
55.0日本語全国
57.5異文化コミュニケーション全学部統一
55.0異文化コミュニケーション前期A方式
60.0異文化コミュニケーション前期C方式
57.5異文化コミュニケーション全国

国際コミュニケーション学部の共通テストボーダー得点率

国際コミュニケーション学部の共通テ得点率を確認する
得点率学科日程方式
78%日本語前期3科目
84%異文化コミュニケーション前期3科目

法学部 偏差値 (55.0 ~ 50.0) 共テ得点率 (84% ~ 77%)

法学部の偏差値と日程方式

法学部の偏差値と日程方式を確認する
偏差値学科日程方式
55.0法律全国
55.0法律前期AS方式
52.5法律前期A方式
52.5法律全学部統一
55.0政治全国
52.5政治前期AS方式
52.5政治前期A方式
50.0政治全学部統一

法学部の共通テストボーダー得点率

法学部の共通テ得点率を確認する
得点率学科日程方式
78%法律前期3科目
81%法律前期AS方式
77%法律前期4科目
80%政治前期3科目
84%政治前期AS方式
79%政治前期4科目

経済学部 偏差値 (55.0 ~ 47.5) 共テ得点率 (82% ~ 73%)

経済学部の偏差値と日程方式

経済学部の偏差値と日程方式を確認する
偏差値学科日程方式
52.5国際経済前期C方式
55.0国際経済全国
52.5国際経済前期AS方式
50.0国際経済前期A方式
52.5国際経済全学部統一
50.0現代経済全学部統一
50.0現代経済前期A方式
52.5現代経済前期AS方式
52.5現代経済全国
50.0生活環境経済全学部統一
50.0生活環境経済前期A方式
47.5生活環境経済前期AS方式
52.5生活環境経済全国

経済学部の共通テストボーダー得点率

経済学部の共通テ得点率を確認する
得点率学科日程方式
74%国際経済前期3科目
81%国際経済前期AS方式
73%国際経済前期4科目
76%現代経済前期3科目
82%現代経済前期AS方式
75%現代経済前期4科目
75%生活環境経済前期3科目
75%生活環境経済前期AS方式
74%生活環境経済前期4科目

経営学部 偏差値 (55.0 ~ 50.0) 共テ得点率 (78% ~ 74%)

経営学部の偏差値と日程方式

経営学部の偏差値と日程方式を確認する
偏差値学科日程方式
55.0経営全国
52.5経営前期C方式
52.5経営前期A方式
50.0経営全学部統一
52.5ビジネスデザイン前期A方式
50.0ビジネスデザイン前期C方式
52.5ビジネスデザイン全学部統一
50.0ビジネスデザイン全国

経営学部の共通テストボーダー得点率

経営学部の共通テ得点率を確認する
得点率学科日程方式
78%経営前期3科目
77%経営前期4科目
75%ビジネスデザイン前期3科目
74%ビジネスデザイン前期4科目

商学部 偏差値 (55.0 ~ 52.5) 共テ得点率 (88% ~ 78%)

商学部の偏差値と日程方式

商学部の偏差値と日程方式を確認する
偏差値学科日程方式
55.0マーケティング前期B方式
55.0マーケティング全国
55.0マーケティング前期AS方式
55.0マーケティング前期A方式
55.0マーケティング全学部統一
52.5会計全国
55.0会計前期B方式
52.5会計前期AS方式
52.5会計前期A方式
55.0会計全学部統一

商学部の共通テストボーダー得点率

商学部の共通テ得点率を確認する
得点率学科日程方式
79%マーケティング前期3科目
87%マーケティング前期AS方式
78%マーケティング前期4科目
79%会計前期3科目
88%会計前期AS方式
78%会計前期4科目

ネットワーク情報学部 偏差値 (55.0 ~ 47.5) 共テ得点率 (75% ~ 61%)

ネットワーク情報学部の偏差値と日程方式

ネットワーク情報学部の偏差値と日程方式を確認する
偏差値学科日程方式
50.0ネットワーク情報前期F方式
50.0ネットワーク情報全国
47.5ネットワーク情報前期AS方式
52.5ネットワーク情報前期A方式
55.0ネットワーク情報全学部統一

ネットワーク情報学部の共通テストボーダー得点率

ネットワーク情報学部の共通テ得点率を確認する
得点率学科日程方式
61%ネットワーク情報前期数学基準型
69%ネットワーク情報前期数学得点型
75%ネットワーク情報前期AS方式
68%ネットワーク情報前期数学重視型

人間科学部 偏差値 (60.0 ~ 52.5) 共テ得点率 (82% ~ 78%)

人間科学部の偏差値と日程方式

人間科学部の偏差値と日程方式を確認する
偏差値学科日程方式
55.0社会全国
52.5社会前期A方式
52.5社会全学部統一
60.0心理全国
55.0心理前期A方式
57.5心理全学部統一

人間科学部の共通テストボーダー得点率

人間科学部の共通テ得点率を確認する
得点率学科日程方式
79%社会前期3科目
78%社会前期4科目
82%心理前期3科目
81%心理前期4科目

専修大学と偏差値の近い私立大学

  1. 72.5 ~ 60.0
    東京都
  2. 70.0
    東京都
  3. 70.0 ~ 62.5
    東京都
  1. 62.5 ~ 40.0
    埼玉県
  2. 60.0
    岡山県
  3. 60.0 ~ 55.0
    東京都
  4. 60.0 ~ 50.0
    東京都
  5. 60.0 ~ 50.0
    東京都
  6. 60.0 ~ 50.0
    東京都
  7. 60.0 ~ 47.5
    東京都
  8. 60.0 ~ 47.5
    愛知県
  9. 60.0 ~ 47.5
    埼玉県
  10. 60.0 ~ 45.0
    東京都
  11. 60.0 ~ 45.0
    愛知県
  12. 60.0 ~ 40.0
    東京都
  13. 57.5
    東京都
  14. 57.5 ~ 55.0
    大分県
  1. BF
    栃木県
  2. BF
    栃木県
  3. BF
    大阪府

専修大学の卒業生の進路

経済学部の進路

経済学部の進路データを確認する

上場企業

企業名平均年収
日本ハム839万
日本航空839万
本田技研工業776万
小松製作所746万
静岡銀行736万
凸版印刷681万
ローソン620万
新日鐵住金612万
損害保険ジャパン日本興亜606万
オリエントコーポレーション598万
タカラスタンダード570万
山崎製パン557万
オリエンタルランド451万

非上場企業

企業名
みずほ証券、りそな銀行、全国共済農業協同組合連合会、公務員(東京都)、地域医療振興協会、帝国データバンク、日本原子力研究開発機構、朝日生命保険、東京都商工会連合会、東芝エレベータ、楽天カード、足利銀行

法学部の進路

法学部の進路データを確認する

上場企業

企業名平均年収
東芝テック828万
信金中央金庫808万
旭化成750万
大日本印刷744万
東京急行電鉄737万
ヤマハ発動機714万
伊藤忠食品625万
千葉興業銀行612万

非上場企業

企業名
SMBCコンシューマーファイナンス、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、全国労働者共済生活協同組合連合会、公務員(東京都)、労働基準監督官、国立印刷局、大和証券、常陽銀行、日本年金機構、日本政策金融公庫、東芝デジタルソリューションズ、法務省、社会保険診療報酬支払基金、神奈川県社会福祉協議会、裁判所事務菅Ⅰ種、警視庁

経営学部の進路

経営学部の進路データを確認する

上場企業

企業名平均年収
キーエンス1839万
野村ホールディングス1313万
みずほフィナンシャルグループ967万
積水ハウス792万
アスクル785万
ダイキン工業742万
三井住友信託銀行734万
アマダホールディングス728万
三菱自動車工業718万
マキタ716万
ライオン692万
ゆうちょ銀行675万
日本通運586万
朝日印刷421万

非上場企業

企業名
JFEスチール、セイコーウオッチ、三井住友銀行、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、国税専門官、大塚製薬、日本中央競馬会、明治安田生命保険、東京海上日動火災保険、横浜銀行、船井総合研究所

商学部の進路

商学部の進路データを確認する

上場企業

企業名平均年収
東京エレクトロン1149万
鹿島建設1135万
日本郵政798万
小田急電鉄759万
東日本旅客鉄道719万
スズキ681万
マツダ664万
千葉興業銀行612万
富士ソフト590万
クリナップ534万
コロナ518万

非上場企業

企業名
PwCあらた有限責任、SMBCファイナンスサービス、ダイワボウ情報システム、みずほ銀行、ロフト、三井住友トラスト・パナソニックファイナンス、三井生命保険、三菱UFJ銀行、住友生命保険、北陸銀行、有限責任あずさ、東京信用保証協会、東京東信用金庫、神奈川県信用農業協同組合連合会

文学部の進路

文学部の進路データを確認する

上場企業

企業名平均年収
第一生命ホールディングス950万
NTTドコモ870万
東海旅客鉄道736万
千葉銀行734万
マルハニチロ706万
伊藤園565万
レナウン499万

非上場企業

企業名
JTB首都圏、USEN、イトーヨーカ堂、サッポロビール、ジュピターテレコム、中央労働金庫、全国保険医団体連合会、全日本空輸、労働者健康安全機構、商工組合中央金庫、教員(横浜市)、日本郵便、朝日新聞社、東京地下鉄、横浜農業協同組合、産業経済新聞社、野村證券、高齢・障害・求職者雇用支援機構

ネットワーク情報学部の進路

ネットワーク情報学部の進路データを確認する

上場企業

企業名平均年収
ジャストシステム1198万
ヤフー1079万
伊藤忠テクノソリューションズ933万
KDDI930万
ネットワンシステムズ837万
日本電気814万
富士通803万
NECネッツエスアイ774万
シャープ737万
インターネットイニシアティブ718万
アイネス664万
スタンレー電気639万
青山商事467万

非上場企業

企業名
キヤノンシステムアンドサポート、ボッシュ、ポニーキャニオン、マイナビ、ミライト・テクノロジーズ、三井情報、三菱総研DCS、丸紅情報システムズ、日本赤十字社、日立システムズ、日立ソリューションズ、日立ビルシステム

人間科学部の進路

人間科学部の進路データを確認する

上場企業

企業名平均年収
大和ハウス工業867万
三越伊勢丹ホールディングス785万
池上通信機703万
エバラ食品工業701万
明和地所665万
ゼンリン572万
リゾートトラスト506万
ゲオホールディングス485万
エイチ・アイ・エス416万

非上場企業

企業名
あいおいニッセイ同和損害保険、イオンリテール、オリックス銀行、こどもの国協会、ソフトバンク、ディーエイチシー、三井不動産リアルティ、厚生労働省、富国生命保険、建設業振興基金、日本生命保険、東京空港交通、東京都手をつなぐ育成会、生活協同組合コープみらい、花王カスタマーマーケティング

専修大学に進学する生徒の多い高校

専修大学の基本データ

大学名専修大学
公式HPhttp://www.senshu-u.ac.jp/
私/国/公私立
住所東京都千代田区神田神保町3-8
電話番号03-3265-6677

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら