大阪商業大学の偏差値・センター得点率ボーダーと進路実績【2019-2020年最新版】

大学受験における大阪商業大学の学部/学科別偏差値やセンター得点率ボーダー、大学入試難易度のランクなどを掲載した記事です。卒業生の進路実績や大阪商業大学に進学する生徒の多い高校なども掲載しています。志望校を選ぶのに悩んでいる高校生や保護者様は参考にしてみてください。

大阪商業大学の偏差値と大学ランク

大阪商業大学の偏差値
1226
40.0
大学入試難易度ランク
1305
F ~ 超簡単

大阪商業大学で偏差値の一番高い公共の偏差値は「40.0」で、偏差値の一番低い公共の偏差値は「40.0」です。大学入試難易度ランクは「F」ランクに位置しており、日本に存在する大学の中では超簡単クラスに位置する大学と言えるでしょう。

大阪商業大学の学部別偏差値

一般入試における大阪商業大学の偏差値を学部別に掲載しています。

偏差値ランク学部学科-方式
40.0F総合経営商AB3
40.0F総合経営商AB2
40.0F総合経営経営AB3
40.0F総合経営経営AB2
40.0F経済経済AB3
40.0F経済経済AB2
40.0F公共公共AB3
40.0F公共公共AB2

偏差値データは河合塾(kei-net)で提供している情報を参照しています。

大阪商業大学の学部別センター得点率

センター利用入試における大阪商業大学のセンター試験得点率ボーダーを学部別に掲載しています。

得点率学部学科方式
66%総合経営商-セ2-
65%公共公共-セ2-
65%経済経済-セ2-
63%経済経済-セ3-
61%総合経営経営-セ2-
61%総合経営経営-セ3-
61%総合経営商-セ3-
60%公共公共-セ3-

偏差値データは河合塾(kei-net)で提供している情報を参照しています。

大阪商業大学とランクの近い大学

大阪商業大学と近い受験難易度ランクの大学を掲載しています。

ランク大学名
E室蘭工業大学/釧路公立大学/青森公立大学/宮城大学/秋田県立大学/公立小松大学/公立諏訪東京理科大学/愛知県立芸術大学/公立鳥取環境大学/福山市立大学/下関市立大学/長崎県立大学/宮崎公立大学/天使大学/東北学院大学/共愛学園前橋国際大学/文教大学/千葉商科大学/帝京平成大学/東京医療保健大学
F筑波技術大学/名桜大学/旭川大学/札幌大学/札幌学院大学/星槎道都大学/藤女子大学/北星学園大学/北海学園大学/北海道情報大学/北海道科学大学/酪農学園大学/北海道医療大学/札幌国際大学/北翔大学/北海道文教大学/稚内北星学園大学/札幌保健医療大学/青森大学/八戸工業大学
-北見工業大学/上越教育大学/兵庫教育大学/鹿屋体育大学/札幌市立大学/名寄市立大学/青森県立保健大学/秋田公立美術大学/埼玉県立大学/山形県立米沢栄養大学/千葉県立保健医療大学/首都大学東京/神奈川県立保健福祉大学/長岡造形大学/金沢美術工芸大学/山梨県立大学/福知山公立大学/奈良県立大学/新見公立大学/山口県立大学

大阪商業大学に進学する生徒の多い高校

高校名偏差値合格者数
R2R1H30
大阪商業大学高校50~41-76-
神戸星城高校49~41-1115
大商学園高校49~43-118
尼崎西高校40-92
渋谷高校45-8-
奈良大附属高校53~44-79
京都廣学館高校44~40-77
市立堺高校48~46-75
添上高校41~40-64
福井商業高校59-63
鳥取城北高校61~40-61
神戸商業高校53~45-511
米子北斗高校64-52
市立明石商業高校45~42-52
尼崎小田高校57~47-52
星林高校58~56-411
貝塚南高校46-46
西城陽高校57~47-46
市立日新高校45~44-46
市立高知商行高校47-46
三重高校63~53-44
遊学館高校47~42-43
西宮北高校51-4-
育英高校53~47-4-
米子松蔭高校62~42-4-
敦賀高校56~48-4-
市立尼崎高校49~46-4-
高梁高校50~42-4-
高石高校51-35
枚方なぎさ高校45-33
松山商業高校54~51-32
天理高校59~41-31
城南菱創高校62~57-3-
交野高校50-3-
八日市高校62-3-
廿日市西高校47-3-
加古川北高校55-25
広陵高校55~47-23
福知山成美高校63~40-23
武庫荘総合高校46-21
懐風館高校44-21
豊島高校49-21
草津東高校61~51-21
川西明峰高校42-21
川西北陵高校47-2-
出雲商業高校44-2-
莵道高校57~55-2-
箕面東高校40-2-
近畿大学泉州高校55~47-2-
登美丘高校58-2-
藤井学園寒川高校41~40-2-
高松南高校51~47-2-
名張青峰高校56~49-2-
尾道商業高校46-2-
市立須磨翔風高校51-2-
鳴尾高校56~55-2-
津山東高校52~41-2-
阪南大学高校56~48-19
久米田高校56-14
八鹿高校60~52-14
梅光学院高校58~49-14
伯太高校40-12
緑風冠高校44-12
堺西高校46-12
市立科学技術高校48~46-12
神戸第一高校42~40-11
綾部高校48~45-11
日根野高校52-11
市立都島工業高校53~51-11
阿武野高校43-11
川之石高校40-11
神辺旭高校54~46-11
金沢商業高校49-11
大社高校54~41-1-
西乙訓高校56~51-1-
和歌山工業高等専門学校65-1-
高砂南高校49-1-
倉敷工業高校45-1-
京都学園高校55~43-1-
西舞鶴高校61~49-1-
園芸高校40-1-
佐野工科高校41-1-
城星学園高校56~50-1-
大阪市立高校62~58-1-
鳥取商業高校52-1-
新発田南高校54~47-1-
富山商業高校46-1-
光泉高校62~45-1-
岐阜農林高校50~44-1-
鹿島学園高校48~46-1-
市立高田商業高校52-1-
科学技術高校44-1-
美方高校53~45-1-
仁愛女子高校61~45-1-
米沢興譲館高校66-1-
吹上高校43~40-1-
出水中央高校63~40-1-
樟南高校73~40-1-
大洲高校59~46-1-
愛媛大学附属高校61-1-
進学する生徒の多い高校は上位100件を掲載しています。

大阪商業大学卒業生の進路データ

大阪商業大学の卒業生の進路データです。大阪商業大学の学歴フィルターについて気になる方はこの項目を参考にしてみてください。

上場企業

企業名平均年収
大和ハウス工業907万
ニトリホールディングス855万
積水ハウス818万
住友電気工業808万
パナソニック774万
ダスキン716万
積水化成品工業705万
サイバーエージェント681万
東海東京フィナンシャル・ホールディングス677万
ゆうちょ銀行669万
西日本旅客鉄道669万
ローソン649万
中国銀行647万
タマホーム644万
文化シヤッター643万
南都銀行628万
百十四銀行620万
愛媛銀行599万
富士ソフト586万
第三銀行584万
日本システム技術571万
山崎製パン562万
伊藤園553万
福井銀行551万
佐賀銀行545万
小野建539万
トマト銀行524万
ライフコーポレーション521万
システムリサーチ512万
青山商事490万
鳥取銀行486万
東洋テック480万
ディップ479万
サカイ引越センター473万
ソフトウェア・サービス451万
ライトオン422万
スタジオアリス389万
サマンサタバサジャパンリミテッド304万

非上場企業

企業名
ファミリーマート、LIXILトータル販売、NTTデータMSE、SMBC日興証券、アートコーポレーション、アシックスジャパン、アパホテル、アルビオン、イオンエンターテイメント、イオンリテール、イオン銀行、ウエルシア薬局、オージー技研、おおさかパルコープ、コロンビアスポーツウェアジャパン、サンスター技研、サントリービバレッジサービス、ジーユー、ジュピターテレコム、スギ薬局、タケダハム、ツルハ、トヨタカローラ南海、ネオキャリア、パナソニック保険サービス、フジモトHD、フルタ製菓、マイナビ、みずほ不動産販売、ヤマト運輸、ユニ・チャームプロダクツ 、ヨドバシカメラ、リコージャパン、一条工務店、三井住友銀行、三幸学園、三菱UFJ不動産販売、三菱電機クレジット、京阪ホテルズ&リゾーツ、伊藤忠アーバンコミュニティ、休暇村協会、会計事務所、住友不動産販売、佐川急便、兵庫県警察、刑務官、国立病院機構、大和物流、大新社、大正銀行、大阪ガスLPG、大阪商工信用金庫、大阪市消防局、大阪市高速電気軌道、大阪府警察、奈良県庁、奈良県警察、学生情報センター、尼崎市消防局、岡三証券、岡山県庁、岩谷瓦斯、徳島銀行、新居浜市役所、日本モーターボート競走会、日本旅行、日本郵便、日清医療食品、明治安田生命、東京コンピュータサービス、東急リバブル、榎本薬品、横浜スタジアム、泉大津市役所、渡辺パイプ、湯山製作所、神戸信用金庫、税理士事務所、積和不動産関西、綜合警備保、肥後銀行 、花王プロフェッショナル・サービス、警視庁、資生堂ジャパン、辰巳商會、農業協同組合、近畿日本鉄道、近鉄不動産、防衛省自衛隊

大阪商業大学の基本データ

大学名大阪商業大学
公式HPhttp://ouc.daishodai.ac.jp/
私/国/公私立
住所大阪府東大阪市御厨栄町4丁目1番10号
電話番号06-6787-2424

関連記事

人気記事

CLABEL(くらべる)は、進学、就職など人生の大切な意思決定をお助けする人生の攻略サイトです。上場企業が提出する「有価証券報告書」や厚生労働省の「国民生活基礎調査」のような公開情報であるデータを論拠に、よりたくさんの方が理解しやすい形で情報を提供していきます。
詳しくはこちら